青龍を描いた南観音山の見送り「龍王渡海図」。
       かつては明代の龍の図の綴錦が使われていた。