承応3年(1654)に再建された本殿は、本殿と拝殿とを一つの屋根で
       覆う珍しい形式で「祇園造り」と呼ばれ、重要文化財。