「旧約聖書」の“イサクの嫁選び”にちなんだ毛綴の前掛けは、
16世紀末のベルギー製の作品。キリシタン禁制の江戸時代にも、
函谷鉾を飾って堂々と都大路を巡行していた。