商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
1/1ページ 総数:2件

冬ごもりのティータイム


。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

寒くなったり暖かくなったりで、今年は
何だかいつまでも冬に切り替わらないですね。
皆様のところはいかがでしょうか?
とは言えもう2018年の暮れも間近。
何かと忙しい師走ですが、時々は立ち止まって
ほっと一息ついて、調子を整えたいところです。

春にブログで、お出かけにぴったりの
COM春のお茶セットをご提案しましたが
冬はやはりお家でのんびり一服したいですね。
そんな時にちょこっと備えておけば、
ぱっと気軽にお茶が楽しめる、
COM「冬の一服」セットをご提案(*´∀`*)


右から時計回りに、明治期染付松原文飯茶碗
同時代黒塗金蒔絵唐草文天目台に乗せ、
杓代わりに明治期染付窓に風景文湯冷ましを。
替茶碗には明治期土物鉄筆蘆穂文茶碗
そして建水に大正時代片口を合わせてみました。
お盆は江戸時代朱塗爪黒刳り貫き盆です。


少し小振りなお茶碗でお茶を点てるのが
難しい時は、片口がお抹茶急須に早替り!
大きな器でたっぷり点てて、家族でほっこり
ティータイムができちゃいます(*^◯^*)
ちなみに、先日Instagramでご紹介した大振りの
煎茶碗のお抹茶も、この片口で点てました〜


重ねるとこんな感じになります。
天目台も片口の上に丁度収まるサイズなので、
湯冷ましを別に仕舞って、天目台の上に
茶碗を伏せて収納するのもアリですね〜
枯れた風合いが素敵なくり貫き盆は、
勿論普段のお盆としても大活躍間違い無し!

お抹茶、というとどうしても身構えがちな
ところもありますが、お家で楽しむ分には
作法や点前は関係なしです(^_-) ☆
言ってしまえば粉末のお茶なので、茶碗と
茶筅さえあれば、誰でも気軽に頂けますよ。
コーヒー、紅茶、緑茶…普段の「一服」
ラインナップに、こんなセットを
加えてみてはいかがでしょう?

お気になるものがございましたら
お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!

◇ ◆ ◇

さて、当Pro Antiques COMの年内営業は
12月26日までとなります。
年明けて2019年は1月4日から営業致します。
なお、今年も大好評頂きました新春のお楽しみ
お正月限定の「古夢福袋」も販売予定!
現在着々と準備中です(*^-^*)

「ときの痕跡にあそぶ…」Pro Antiques COM
本年中に賜りました
皆様のご厚情に深謝致します
と共に、
2019年も変わらぬご愛顧のほど、
何卒よろしくお願いいたします!

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

Pro Antiques COM & the little com
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  
年内は12月26日まで毎日営業しております。
年明け2019年は1月4日から営業します。


*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。*:..。o○☆○o。..:*゜

  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!


*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。*:..。o○☆○o。..:*゜

過去のブログ記事をお読みになりたい方は、
お手数ですが左横の「ブログカテゴリー」から
「Pro Antiques COM」を選択してから
ページ番号か「次の10件」をクリックして下さい。

2018/12/22 20:23

「町家マチエル」プロジェクト第三弾!発進!


*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。*:..。o○☆○o。..:*゜
いよいよ年の瀬、12月!
といっても、未だに暖かいためか
あまり師走、という感じがしませんね(^^;)
実は紅葉もまだ残っている所があるくらいです。

さてこの12月から、Pro Antiques "COM"では
「町家マチエル」プロジェクトの第三弾スタートしました。
場所は姉小路高倉です。
先日、京都では非常に古くからあった
大きな町家が取り壊されてしまった、という
大変残念なニュースがありました。
どれだけ図面を残しても、資料があっても
失われたものは二度と元には戻りません。
そこには一つの町家、建築物だけではなく、
「時間」が込められていたからです。
中では脈々と受け継がれてきた生活が、また外でも
日々何気なく目に触れる「いつもそこにある」
生活の一部の風景であり、旅行などで
通りかかった人にとっては
旅の思い出の一部だったでしょう。

この「町家マチエル」プロジェクトは、
単なる建築物だけではなく、個々の建物が
持つ過去の時間も「街の共有資産」として捉え
現在様々な事情から活用を一時的に停止している
町家などの空間をプロデュースすることで、
街角の「にぎわい」を再構築していくというもの。

その第三弾として、姉小路高倉角にある
再生済み町家のご紹介です(*^◯^*)


手前には大正時代真鍮製門灯を据え、
上には昭和初期室内灯を、奥には同じく
昭和初期真鍮製日本船灯を設えています
ちなみに後ろの引戸も大正時代のもの。
はめ込んでいるのは3種類の型ガラスで、
「雷文」「ダイヤ硝子」「ゼラチン硝子」の
当時のガラスを組み合わせて作成した窓枠です。
灯を反射してきらめきます。


小ぶりながら凝った型の電笠は、
明るい昼間でもとても印象的です。
引戸のガラスが灯と太陽の光を受けて揺らめきます。


そして灯の本領発揮はやはり夜!
どこか何か、心が引き寄せられるような、
懐かしい、優しい輝きがあります(=´▽`=)

Pro Antiques "COM"は人々の普段の日常や
祝いの非日常の「思い出の一部」となり、
新たな時間を刻む生活骨董を揃えております。
「町家マチエル」は、空間をプロデュースすることで
この周囲で日常を過ごされる人々や、
観光で散策される人達の「記憶の一部」となって、
建物の止まった時間を再び動かすプロジェクトです。
またこれを通し、心地よく住みやすい街、
素敵だと思える街を形成していきます。



この姉小路高倉は、Pro Antiques "COM"の
お店から出て右を向いたら見えるほどご近所さん。
当店にお立ち寄りになられた際には、
ぜひこちらも眺めて行ってくださいね(^_-) ☆

*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。*:..。o○☆○o。..:*゜

Pro Antiques COM & the little com
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  
年内は12月26日まで毎日営業しております。


 

*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*

  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!

*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*

過去のブログ記事をお読みになりたい方は、
お手数ですが左横の「ブログカテゴリー」から
「Pro Antiques COM」を選択してから
ページ番号か「次の10件」をクリックして下さい。

2018/12/05 20:19

ブログカレンダー

  2018年12月  

SunMonTueWedThuFriSat






1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31




ブログカテゴリー

記事検索