商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
1/1ページ 総数:3件

文様シリーズ「みほとけの印」


◎゚+.。o○゚+.。o○◎゚+.。o○゚+.◎゚+.。o○゚+.。o○◎゚+.。o○゚+.。o○◎

さて前回の続き、嵯峨野巡りです。
大覚寺さんからてくてく歩くこと
10分くらいでしょうか、清涼寺さんに到着!


清涼寺さんは御本尊の赤栴檀の釈迦如来像から
嵯峨釈迦堂とも呼ばれています。
お寺さんを開山した僧侶が中国に渡った際、
インドから中国に伝わった仏像を写させたものが
この釈迦如来といわれています。
金で装飾された仏像が多い中、栴檀の木目が
はっきり見える独特なお釈迦様で、拝見していると
不思議と心が静かになります(*´∀`*)


ここの大方丈の庭園の紅葉も見頃でした。
緑の苔に降り散らばる赤い葉が
とても美しかったです。


出る頃には暮れかかってましたが、境内が
広いので空が大きく見え、とても清々しい
秋の日の夕暮れでした。
ちなみに、写真真ん中に見える多宝塔の裏側には、
源氏物語のモデルとなった源融の供養塔があります。

嵯峨野は嵐山から歩いても行ける距離なのですが
嵐山よりは落ち着いた地域なので、もしも観光で
寄られた際には足を伸ばしてみるのもお勧めです。

◇ ◆ ◇

さて、てくてくCOM歩きでお寺さんが続きましたが
今回は久しぶりの文様シリーズ。
日本の伝統的な文様といわれるものの中には、
仏教由来のものも数多くあるんですよ。
そんな「みほとけの印」のような文様を
ちょっとご紹介。


まずこちら、幕末から明治期にかけての京焼
色絵金彩七宝瓔珞文徳利です。
さて瓔珞文の「瓔珞」は菩薩を始めとする
仏さまの首飾りなどの装身具や、お寺の
本堂の天井から下がってる装飾のこと。
古くはインドの上流階級の人々の装身具から
仏教に取り込まれたものだそうです。
こちらの徳利の瓔珞文はうれし可愛い七宝文が
入っていますが、この七宝の語源も仏教由来。
個人的には七宝が緑色なところがたまりません。
また、上下の絵付けが染付になっていて、
一瓶で二度楽しい徳利になっています(*^◯^*)


続いて昭和初期純銀製紗綾文瓢型蓋物
SEIKOさんの前身である服部時計店製です。
紗綾文はお寺さんのシンボルである「卍」を
崩してつなぎ合わせた文様。
その卍は、仏教においては仏さまの胸に
現れた瑞祥の象徴。
特にこの左旋回の卍は「和」を表すそうです。
気品を感じさせる銀の瓢箪に、紗綾の文様が
入る金の瓢箪にうっとりです(人´ω`*).。*゚
手のひらサイズの小さな蓋物なのですが、
薄く精巧な作りはさすが服部時計店さん。


最後は江戸中期染付蛸唐草宝相華文輪花型七寸皿
宝相という言葉自体は中国のバラ科の植物の
名前だそうですが、「宝相華」は存在しないお花で
この世のありとあらゆる美しい花を
合わせたものだそう。
古く正倉院御物にも見られる文様に、蛸の唐草を
組み合わせているところが粋ですね〜(=´▽`=)

◇ ◆ ◇

普段何気なく見ている文様でも、意外な起源の
ものがたくさんあるのが日本の文様の面白いところ。
昔は仏教、ひいては祈りの儀礼と生活文化は
切り離せないほど身近で、人々の間で
親しまれてきたからこそでしょうね。

生活で親しまれてきた文様はこの他にも
まだまだたくさんございます。
錦秋の京都、ぜひ観光がてらお立ち寄りに
なって、直に手にとってご覧下さい。

また、お気になるものがございましたら
お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!

◎゚+.。o○゚+.。o○◎゚+.。o○゚+.◎゚+.。o○゚+.。o○◎゚+.。o○゚+.。o○◎

Pro Antiques COM & the little com
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  
年内は12月26日まで毎日営業しております。


 

*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*

  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!

*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*

過去のブログ記事をお読みになりたい方は、
お手数ですが左横の「ブログカテゴリー」から
「Pro Antiques COM」を選択してから
ページ番号か「次の10件」をクリックして下さい。

2018/11/29 20:37

てくてくCOM歩き「京都嵯峨野に見る秋は」


||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||

あれよあれよという間にもう11月も下旬。
秋らしいことをしていない!と思い立ち
嵯峨野へ行ってきました〜(*´∀`*)


さて、嵯峨野といえば大覚寺さん。
今回の目的は60年に一度開封される、
嵯峨天皇を始めとする天皇宸翰の般若心経です!
弘法大師の勧めによって嵯峨天皇が
般若心経を浄写されたのが戊戌の年だったので
干支が一巡し「戊戌」の年にのみお披露目される
とても貴重な霊経です。


門を入ってすぐに、ちょうど見頃を迎えた
嵯峨菊がお出迎えしてくれはりました〜
中でもいたるところに鉢植えの嵯峨菊が
据えられており、とても美しかったです。


鶯張りの廊下は柱を雨に、直角に曲がる回廊を
稲妻に見立てて「村雨の廊下」と呼ばれています。
この奥に先ほどの般若心経を収めた
勅封心経 殿があります。
一字三礼で記した紺紙金泥の般若心経は、
それぞれの天皇で筆跡が少しずつ異なっており、
人となりが偲ばれるようでした〜
お経を収めた錦の袋や箱もとても美しかったです!

このあと少し足を伸ばして別のお寺さんにも
行ってきたのですが、それはまた次に。
ということで今日はCOMの仏具をご紹介。


こちらは明治期朱塗木魚
字のごとく、魚の鱗を模した彫刻がされています。
この形になったのは江戸時代、黄檗宗が流入する
18世紀頃という説がありますが、古くは
魚型をした板状のものだったそう。
朱が良い感じに擦れて枯れた風合いになってますね〜
もちろん木魚としてもお使いいただけます!


続いてこちらは寛文8年(1668)の年記が
刻まれている前香炉になります。
製作者の名前も記されており、特別に
誂えたものだったのでしょうね。
非常に細やかな細工が施されており、いかめしい
獅子脚に対し、胴部分には踊っているような
遊んでいるような獅子が入っています。


最後にこちら、江戸時代の芯切壺。
和蝋燭は一定時間使うと炎がどんどん大きく
なっていくので、長時間灯せる大型のものは
途中で芯を切ってやる必要があります。
その切った芯を入れておくための壺ですが
少し宝珠に似た形も風合いも、
とても素敵なんです。

お気になるものがございましたら
お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!

||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||
Pro Antiques COM & the little com
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  
11月は無休で営業しております。


 

*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*

  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!

*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*

過去のブログ記事をお読みになりたい方は、
お手数ですが左横の「ブログカテゴリー」から
「Pro Antiques COM」を選択してから
ページ番号か「次の10件」をクリックして下さい。

2018/11/26 20:57

お酒とご飯と食欲の秋


:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:

バタバタしていたら、長らくブログの更新を止めて
しまいました…申し訳ありません(−ー;)
今年も残す所あと一ヶ月半!Σ(@д@*ノ)ノ
月日の速さにびっくりです。

気がつけば季節は秋。
ちょっとお散歩にと出かけた堀川通の
大きな銀杏並木も今が見頃です!



さて堀川通といいますと、お茶をされている方には
少し馴染みのある通りかもしれません。
今出川堀川より北に上がっていくと、表千家不審庵
裏千家今日庵、武者小路千家官休庵の、
いわゆる三千家がある地域になります
(実際は堀川より少し東側にあります)
周辺にはお茶道具のお店や
大きなお寺さんも多く、また狩野派や
尾形光琳などの墓所もあり、芸術や芸能と
ゆかりの深い土地柄となっています。


そんなお寺さんの一つ、こちらは本法寺さん。
長谷川等伯の菩提寺で、等伯が息子さんや
両親祖父母の供養のために納めた、
巨大な涅槃図でも知られています。
以前ブログでも紹介した京都三大涅槃図の一つで
涅槃会の時期以外でも、原寸大の複製品を
見ることができるんですよ〜


その本法寺さんの横にある茶道資料館で、
現在面白い展示をやってはるので
行ってきました!ε==≡Σ((( つ>▽<)つ


その名も「酒飯論絵巻」。
お酒好き大大大上戸の男と、ご飯好きの下戸の僧侶
そしてお酒もご飯もどっちもほどほどに食べるのが
好きな中戸の男の物語です。
それぞれが自分の好きなものを主張し合うので
「論」とついているんですが、どれが一番
優れているかというような決着はない
絵巻物になっています。
オリジナルは16世紀中頃に成立したと
されており、実は近世にたくさん
複写された絵巻物なんですよ。

絵巻物を始め、物語に登場する器やお菓子の
デザインをまとめた冊子など盛りだくさんの内容で、
さらに各時代の絵巻物で、お酒の器や食膳などの
描写がどのように異なっているかの
比較もあって、とっても面白い展示でした〜
また、ここは入館するとお茶券を頂けるんですが、
今回の展示に合わせたお茶菓子の酒蒸饅頭が
すっごくおいしかったです(*´艸`*)

絵巻物ではお酒もご飯もほどほどに
好む男の話で締め括られていますが、
皆様はどっち派でしょうか?
秋といえば食欲、とは言いますが、
お酒も熱燗が嬉しい季節でもありますね。
ということでCOM2018年秋の
ディスプレイをご紹介!


まずは冷たいお酒から。
ちょっとしたお祝いやおもてなしに、ボトルも
収まる色絵花蝶文大鉢などはいかがでしょう?
もちろんサラダから煮物まで、ばーんと
盛りつけても映える、華やかな器です!


続いてちょっとおつまみを。
三種の向付と小皿を組み合わせてみました。
左側のお酒のボトルと三段目のセットの台に
しているのは糸枠です。
染付各種、絵付けが異なると随分印象が違いますが
小皿は全て幕末のもので、大きさも
だいたい同じくらいなんですよ。
サイズ感が同じくらいだと、絵代わりのようで
組み合わせを考えるのが楽しいです(*´∀`*)


続いてメインディッシュ。
幕末染付牡丹唐草文輪花型六寸皿に、
明治期型押し硝子輪花型プレートを重ねています。
染付のお皿は青色がちょっと潤んだような、
滲んだような感じになっていて、とても良い
雰囲気の一枚です。
プレスプレートは形がちょっと特徴的で、
ぽつりぽつりと入っている気泡もかわいく、
単体で使ってもすごく印象的ですよ(^_-) ☆


おいしいご飯の後にもうちょっとだけ!
明治期出石焼蟹文小徳利に盃三種。
昔の宴会では素焼きの「かわらけ」の盃が
主流だったようで、お酒がしみ込むため
一回限りで捨てていたそう。
そんなかわらけに対してか、こうした陶器の
盃を「石盃」とも呼ぶそうです。
その石盃は、徳利の横から大正時代鶴舞焼鶴文盃
手前に同時代の九谷焼染付区画文に桃実文盃
左奥が明治期九谷焼色絵歌仙文輪花型盃です。
色絵の華やかさ、染付の涼やかさ、
土物の柔らかさ…「酒飯論」ではありませんが
甲乙つけがたいですね〜(*≧∇≦*)

お気になるものがございましたら
お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!

:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:

Pro Antiques COM & the little com
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  
11月は無休で営業しております。



。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

  
こちらでも毎日、新商品をご覧いただけます!

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

2018/11/15 20:23

ブログカレンダー

  2018年11月  

SunMonTueWedThuFriSat




1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログカテゴリー

記事検索