商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
5/32ページ 総数:319件
前の10件 1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11 次の10件

4月営業日のお知らせ


。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。

あっという間に今年も四月!
京都でもちらほら桜が綻んできて、木々の緑も
少しずつ鮮やかな色合いへと変わってきています(*´∀`*)
COMでも店先の大手鞠さんの花芽が出てきました。


目に鮮やかな緑が美しいです〜(=´∇`=)

▼ △ ▼

さて、そんな本格的な春の始まりの四月は無休です。
毎日変わらず営業しておりますので、
ぜひお立ち寄り下さいね。

毎日が嬉しくなる器や家具など、皆様の生活を彩る
様々なアンティークを揃えてお待ちしております!


花を思いながら頂ける汁物椀。
桜ももう少しです。

。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。♪。+゚☆゚+。

Pro Antiques COM & the little com
営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  

。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.o○o。

  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!

。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.o○o。
2017/04/03 19:11

甘い甘い贈りもの


○ ☆゜+.*.+゜○ ☆゜+.*.+゜☆゜+.*.+゜☆゜+.*.+゜☆ ○゜+.*.+゜☆ ○

三月もあっという間に終わりですね。
皆様のところの桜の開花具合はいかがでしょうか?
京都では連日のぽかぽか陽気につぼみがかなり膨らんできました!
春ですね〜(=´▽`=)

◆ ◯ ◆

そんな陽気の先日、道でちょっと面白い看板を
見つけたのでパチリと一枚。


「御進物用砂糖」
ご進物に砂糖?と思われる方もおられるかもしれませんが
本当につい少し前まで、お砂糖は貴重品。
盆暮れなどの贈り物で、とっても喜ばれる一品だったそうです。

では、そんな時代のお砂糖ってどんな感じだったのか。
COMアイテムでタイムスリップ!


昭和初期の「御砂糖」木箱!(SOLD OUT
側面の自信みなぎる"BEST SUGAR"の
ゴシック体が格好いいですね〜
蓋のサトウキビ文様の装飾がまた素敵ですq(*≧∇≦*)p


蓋を開けるとこんな感じです。
大きさはだいたい縦36cm×横26cm×深さ10m。
持ち運びに便利なお手軽サイズとなっています、

運搬に使われる箱の多くは木が主流だった時代、
砂糖以外にもビールやドライミルク、はては
シャツまで木箱に詰めて出荷されていました。
丈夫で、中に入れるものも考慮して、お店や
商品のロゴや装飾も入れられて…と色々考えられて
作られただけあって、どれもオシャレで
味わいあるものばかりです(〃'∇'〃)


同じ昭和時代の仲間を集めておもちゃ箱!


かつての昔を今に思わせるアンティーク。
Pro Antiques COMでは幅広い種類の生活骨董を
揃えて皆様のご来店をお待ちしております。
そぞろ歩きが嬉しい季節、
是非お立ち寄りください(❀´∀`❀)

○ ☆゜+.*.+゜○ ☆゜+.*.+゜☆゜+.*.+゜☆゜+.*.+゜☆ ○゜+.*.+゜☆ ○

営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  

三月は無休で営業しております。

*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*

  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!

*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*゚*。*☆*。*
2017/03/30 18:20

京都歳時記「涅槃会」


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

三月の行事といえばひな祭りがもちろん有名ですが、
京都では三月半ばの行事として涅槃会も知られています。
お釈迦さまの入滅日が陰暦二月十五日ということで、
前後をあわせた三日間、この時期だけにしか見られない
京都三大涅槃図の巨大涅槃図を拝観すべく
東福寺さんと泉涌寺さんへ行ってきました!


まずは第一の涅槃図、東福寺さん(のポスター)。
普段は非公開の本堂の天井には今まさに雲を突き破って
降りてきているような龍が生き生きと描かれています。


臥雲橋を渡っていざ東福寺!


本堂は三色幕で飾られてました。
中では先ほどのポスターのように荘厳されており、
龍が舞い降りるお堂での巨大涅槃図の奉掲
とても迫力がありました。


さて続きましては第二の涅槃図、「御寺」泉涌寺。
こちらは総門で、ここから少し歩くことになりますが、
木々が生い茂っており、とても気持ちの良い道になっています。


大門をくぐって仏殿。
泉涌寺さんは大門から入ると、境内は一段低い
すり鉢の底のようになっているので、周りを遮断したような
静けさと落ち着きに満ちたお寺さんになっています。


本坊近くでは「涅槃そば」をやってました。
COM食いしん坊担当、お腹も減ったので迷わずGO!


お布団のようなぶ厚いおあげさんが一枚ばーんと入っていました!
お出汁がしみしみでたまりません(´ω`○)

泉涌寺さんの巨大涅槃図は仏殿で奉掲されているのですが、
ここは奉掲の仕方が独特で絵も間近で見ることができ、圧巻です。
来年三月にはまた行われますので、機会があれば行ってみて下さいね!

△▼△▼△

さて涅槃会ということで、今回はCOMの江戸時代古銅・仏具セレクション。


まずは菖蒲型の香炉。
写真だと少し大きく見えるのですが、実はかわいい手の平サイズ。
下は一木造りの香炉台(もしくは、鈴台)。
少数ではありますが、いくつか入ってきたものの一つで、
足の彫りは全て違う花となっています。これは菊の花。
小さなお人形の飾り台にしても素敵です。


鶴首の花瓶と花鳥型の火立(燭台)。
花瓶は胴に龍文が入っており、シンプルで美しい佇まいです。
燭台は足が狛犬、耳が獅子で、胴には菊や雲文など、
細やかに文様が入っていながらも、黒褐色の渋さが光っています。


こちらも花瓶と菖蒲型の火立(燭台)。
花瓶の胴には鳳凰文、耳には饕餮文の耳がついていて、
風合いといい文様といい、とても雰囲気のある一品です。
後ろの菖蒲型は胴部分に天女が舞い、上には鶴が二羽、
翼を広げている形なのですがこれが本当に凝った造りなんです!



鶴から上の部分は取り外しができるのですが、その鶴の
裏側も、足がちゃんと表現されてます!((◎д◎ ))ヒャー


胴部分で舞っている天女は、一体が合掌、
もう一体は蓮のつぼみを持っておられます。
とても優しいお顔立ちをされています。


真ん中に極小サイズの花瓶を合わせて。


今回のおみやげは東福寺さんの「花供御」。
仏様の智恵の象徴である獅子が入った、
染付牡丹獅子の大皿に乗せて(SOLD OUT)


Pro Antiques COMでは日常生活を彩る生活骨董、
器から家具、古仏具など幅広く扱っております。
是非、ご自身だけの「とっておき」を見つけに来て下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  

三月は無休で営業しております。



■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■

  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!

■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■
2017/03/22 20:09

スイートなお菓子型


◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*

三月もあっという間に半ばですね〜
新しい季節に向けてバタバタしつつも、
なんだか気持ちはウキウキします(*´∀`*)

さて先日、大阪までちょっと足を伸ばして
万博公園内にあります大阪日本民芸館へ行ってきました!


大阪&万博公園と言ったらやっぱり太陽の塔!
思わずパチリと写してしまいました♪


本日のお目当はこちら、「菓子木型の世界―美をかたどる―」。
タイトル通り、落雁や生菓子に使う「木型」の展覧会です!


大阪万博の際、パビリオンとして建設されたものが
そのまま引き継がれたのがこの大阪日本民芸館です。
ミュージアムショップでもたくさんの民芸品があり、
展示を見てもショップを眺めても楽しい施設です(○´ω`○)

◆◇◆

さてその菓子木型。
お目出度い模様の代表格の海老型や鯛型、梅や菊などの定番の花型などは
現在でもよく使われており、またCOMにも入荷したことがあるので
知っていたのですが、明治以後の木型には「柱時計」や、ゆるっとした
おじさんが型になった「ノンキなとうさん」、「大学野球」など、
意外な菓子型が沢山あって、とっても楽しい展覧会でした!

と、いうことでCOM菓子型特集〜!ヽ(^◇^*)/

まずは定番の文字型「祝」、
そして束ねたゴボウ(SOLD OUT
引き出物や内祝いなどのお祝い事の配り菓子用として
作られたものもあり、レタリングもかっちり美しいです。


瓜科二種、胡瓜と葉っぱ付き瓜型!(SOLD OUT
上のゴボウさんもそうですが、こうしたお野菜の型は
お供え物としても使われていたので、とても多いんです。
足が早いものでも旬があっても、お菓子にすれば
シーズン問わずお供えできるからですね。



ということで、お野菜シリーズ・レンコン型
節がとっても細かく彫られてるんです〜
左はおめでたい夫婦鶴。
ハート型みたいに寄り添ってはります(*´`)


菓子型バスケット!

続いて、大正時代の真鍮製のお菓子型もご紹介!

前列が型押し用の型、後列は型抜き用の型。
並べてみるとほんとうに多種多様です。


なんと、船頭さんが船を漕いでる型なんです。
のんびりした波の表現が可愛いですね〜(´﹀`)
お子さんとの粘土遊びなどでスタンプのように
ペタペタ使ってみても楽しいかもしれません。


かわいいお花型二種類。
クッキー型みたく使っても素敵ですね

◇◆◇

飾って楽しい、紙粘土などで型を作って樹脂細工を作っても楽しい、
もちろんお菓子型でチャレンジしても嬉しい菓子型。
春に先駆け、ちょっと一味違うお菓子を作ってみてはいかがでしょう?

◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*

営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  

三月は無休で営業しております。



☆★:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・::;:*:;;:★☆

  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!

☆★:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・::;:*:;;:★☆
2017/03/14 20:46

春の軽やかサイドテーブル


*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。

あっという間に今年も三ヶ月過ぎましたね〜
寒かったり暖かかったりと気候はまだ不安定ですが、外へ出れば
春の匂いがして、何とはなしにワクワクしますヽ(=´▽`=)ノ

◇ ◆ ◇

さて、この春からお引越し!な方、季節の変わり目に
模様替え中!な方に嬉しい素敵なサイドテーブル
COM修理工房から上がってきました〜
ということで春のサイドテーブル祭、いきまーす(*^◇^*)


まずはこちら、昭和時代のタモ材サイドテーブル(SOLD OUT)
サイズは縦55×横60×高38で、木そのままの風合いを生かして
修理してあり、手触りも軽く、色目も爽やかな仕上がり。
下に棚が付いているのも、嬉しいポイントですね〜(*´*)
使い込むことで
、これから「育っていく」、楽しい一品です♪


ナラ材のこちらは昭和のごく初期のもので、SOLD OUT
サイズは縦58×横76×高46と、上のものよりは少し大きめ。
修理ではオイル処理を重ねて仕上げ、触り心地がとっても良いんです〜
シンプルな作りですが、脚の外側が丸く面取りされており、
天板も角がないので、小さなお子さんがおられるお家でも
安心してお使い頂けます
(☆>ω・)b

(サイズ比に同時代のスツールと
海色ガラスの海苔瓶を合わせてみました。
もちろんこれらも商品として出しております!)



こちらは大正時代のタモ材サイドテーブル。(SOLD OUT)
サイズは縦58×横75×高36と、天板は上のものと
殆ど同じで、高さが少し低いタイプになります。
こちらもシンプルな作りなのですが、実は脚の所に
一筋、彫りが入っているのが心憎いポイント( ≧∇≦)σ
他の家具とも組み合わせやすい一品です!



そして最後にこちら!(SOLD OUT)
うれし可愛い楕円型のサイドテーブルです〜q(*≧∇≦*)pキャー
サイズは一番大きな直径をとって縦53×横76×高55。
落ち着いた飴色の木の色合いに、磨き込まれた天板、
更に下にはちょこんと棚が付いているという
とても使いやすいテーブルに仕上がってます!

ソファに座ってほっこりコーヒータイムなんていかがでしょう?



物書き机やちょっとした作業机、玄関先での棚使いなど
スペースを取らない/持ち運びが簡単だからこそ
どんなシーンでも使いやすいサイドテーブル。
もちろん、これらの商品はPro Antiques COM修理工房で
丁寧に修理・修復されておりますので、安心して長くお使い頂けます。


この他にも紹介しきれなかったサイドテーブルや文机、スツールなど
普段の「ちょこっと使い」に便利な家具、続々入荷中です。
ぜひお立ち寄りになってご覧くださいね!

*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。

営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  

三月は無休で営業しております。


 
☆*:;;:*・0○0・*:;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;:*・0○0・*:;;:*☆
 
  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!

☆*:;;:*・0○0・*:;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;:*・0○0・*:;;:*☆
2017/03/08 14:57

美人と化粧と髪結い道具


゚+。*゚+。。+゚*。+゚ ゚+。*゚+。。+゚*。+゚ ゚+。*゚+。。+゚*。゚+。*゚+。。+゚*゚+。。+゚*。+゚

春一番が吹いた後に、寒さが後出しじゃんけんのように
帰ってきて、まだまだ春は名のみの〜ですね(ノ)´Д'(ヾ)ブルブル

そんな冬には貴重な快晴となった先日、下鴨神社さんの
一角にあります河合神社にお参りしてきました〜


この河合神社は色々なことで有名で、例えば「方丈記」の作者、
鴨長明の出身神社であったり、サッカーや衣食住のお社があったり
するのですが、何より「美人祈願」で知られているんです(w´ω`w)



境内には長明が住んだ「方丈の庵」が再現されています。
侘びた雰囲気のある佇まいで素敵ですね〜


衣食住の神様を祭っている「六社」。
竃の神様や稲荷の神様が軒を連ねており
なんだか親近感がわきます (*´∀`*)


美人祈願で知られている河合神社の絵馬は
「鏡絵馬」と呼ばれており、手鏡型をしています。
こちらの絵馬に自分の化粧道具でお化粧をして
奉納するようになっているんです(〃'∇'〃)

△ ▼ △ ▼ △

美しくありたい、なりたいと思う気持ちは
今も昔も変わりませんね。
ということでCOMの女子力アイテム集めてみました!


まずはこちら、明治期の「中割れ笄」。
両先が可憐な花の形をした珊瑚で装飾されており、
台座は金、中割れの棒は銀という
とっても美しい細工になってるんです〜


こちらは江戸時代の「金地高蒔絵櫛」。
金で覆った櫛の上からさらに盛り上げた高蒔絵で文様が
描かれていて、これが何と嬉しい野点の文様!
手のひらくらいのサイズの櫛に、炭斗や風炉、お釜など
非常に細やかに描かれていて、とってもお洒落なんです(*´`)


上の櫛の裏側は、菊の花篭文様となっています。
飾っても髪を梳かしても素敵、特別な日に特別に結った髪へ
挿しても格別に素敵なアイテムですね。


そして明治時代の「前挿し」。
その形状からビラビラ簪の名でも知られています。
こちらも表裏が金銀とリバーシブルになっていますが
銀色に手彫りですすき野が描かれているこちらは裏側。
日本髪では前に挿すものではありますが、後ろに挿して
しゃらりと揺らしてみるのも素敵です(*´∀`*)


髪結いフルセット!
上記の前挿しに加えまして
江戸時代の松文手鏡、同じく江戸時代「銀平」と呼ばれる
とっても粋な銀杏型平打簪です


こうしたアイテムは身につけた姿だけではなく、
おしゃれしてどこに出かけようか考えるのも楽しいですね。
髪結いだけではなく、装身具はまだ他にも沢山あります。
是非お立ち寄りになってご覧ください。

゚+。*゚+。。+゚*。+゚ ゚+。*゚+。。+゚*。+゚ ゚+。*゚+。。+゚*。゚+。*゚+。。+゚*゚+。。+゚*。+゚

営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  

二月は無休で営業しております。


・+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-
 
  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!
・+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-
2017/02/21 20:10

京都歳時記「節分祭その2」


||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||

さて引き続いて京都の節分ご紹介。
賑わう吉田さんから離れ、南に下がること約10分。
修験道・山伏のお寺さんとして知られております
聖護院門跡でも、節分会が開かれています。
私が立ち寄った時にはちょうど
厄除開運の採燈大護摩供
(野外で行われる護摩です)が始まったばかりでした!


野外の護摩にはぴったりの快晴!
山伏さんが東西南北の仏様の名を唱えながら
弓矢を放って厄除けをします。


全員総出で法螺貝を吹き、煙が立ち上がる様は大迫力です。
火がついたばかりは煙がものすごいですが、
徐々に赤い炎が立ち上がっていきます。


この聖護院さんの西横にあります、京都銘菓「八ツ橋」発祥の
お店・本家西尾八ッ橋も賑わってました〜

そしてこちらでは何と!

つきたて餅のご接待やってるんです〜(>▽<)
おぜんざいかきな粉かを選べるのですが、やはりここは節分、
厄除けになるという「小豆」の入っているおぜんざいを
頂いてきちゃいました。

節の分け目にとっても運の良い1日で、なんだか
良いことが起こりそうな気持ちになりました(○´ω`○)

◇◆◇

季節ごとのイベントは人の気持ちを浮き立たせますね。
そんな本日は2月14日、バレンタインデー。
COMにも嬉しい嬉しいバレンタイン・チョコが届きました!


ジャンポールエヴァンのマカロンです〜O(≧▽≦)O キャー
まずは江戸時代のアイヌ漆盆に乗せまして…



続いて、明治時代のレースのようなガラス皿の上に
同時代のうっとりするような朱塗の菓子椀を重ね…


はちみつとイチゴのマカロン!ヽ(´▽`)ノワーイ
ときめくおいしさでした〜ありがとうございます!

また、洋菓子でも和の器と組み合わせてみると、
思った以上にマッチするところが面白いところです。
洋の東西を問わず、職種を問わず、
お菓子にかける気持ちは同じですね。
見立てて楽しい和食器をたくさん揃えてお待ちしております。
ぜひお立ち寄りください!
||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||

営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  

二月は無休で営業しております。


・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*
 
  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!
・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*
2017/02/14 20:28

京都歳時記「節分祭その1」


||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||

先週の節分はいかがでしたか?豆まきや恵方巻き、
寺社などへお出かけになられた方もおられるかと思います。
私は追儺式で有名な吉田神社の節分祭へ行ってきました〜


まずはお参り。
吉田さんには八百万の神様をお祭りする「大元宮」があり、
この節分祭の間だけお参りすることができるんです。
本殿は八百万の神様、その両脇には日本全国の神様の
お社が連なっていて、ここに詣でるだけで全国の
神様を参詣したことと同じと言われてます((◎д◎ ))


境内では厄除け福豆が売られてました!


そして火炉祭の火炉!
節分の夜、古いお札や正月飾りなどを焼き納める行事で
ここ数年開催が見送られていたのですが、今年から復活となりました〜


吉田さんには実はお菓子の神様も祭られてます。
その名も「菓祖神社」。有名なお菓子屋さんが
寄進されたのぼりや石柵でびっしりと囲われていて
名前を見てるだけでも面白いんです〜(*^◯^*)

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

この他にも実は近場で面白い節分祭があったので
そちらにも足を伸ばしてきたのですが、それはまた次回にご紹介。
節分が終われば次は桃の節句ですね。
季節先取りCOMアイテムをご紹介!


まずは大正時代の練り硝子雛徳利。
白酒にぴったりの色合いと風合いで、
とろとろ気泡が入っているのも嬉しいところ。
はんなり咲く桜に盃の絵付けがとっても可憐です(❀ฺ´∀`❀ฺ)


そして白酒を入れてちょこっと飲みたい、
幕末頃のロマンチックなリキュール杯。
唐草文グラビュール入りで、ふんわりとした雰囲気です。
下の染付桜文豆皿にあわせて、中にアンティークの
ミニチュアさくらんぼを入れてみました〜( ´艸`)


精巧な作りのミニチュア青磁のお神酒徳利を花瓶に見立てて。
季節に合わせて花を変えても素敵ですね。


春らしいアイテムの紹介はうきうきしますね。
以上、COM花の宴のディスプレイでした!

このほかにも春アイテム続々入荷中です。
ぜひお立ち寄りになってご覧下さいね。

||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||

営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  

二月は無休で営業しております。


・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*
 
  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!
・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*
2017/02/07 20:57

文様シリーズ「春告げる梅」


:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:

あっという間にもう2月、もうじき立春ですね。
気づかない間にも春へ春へと季節は動いていっています。
そんな季節をちょっと先取って、
先日雪降る北野天満宮へ行ってきました〜


頭に雪の帽子をかぶった狛犬さん。
後ろの白梅がほころんでいました(●´∀`●)

雪でもこの参拝客!さすが天神さんです。


雪けぶる白梅に、寒いながらも春を感じますね。

◯●◯

さて、天神さんといえば梅。
「東風吹かば」の句や、飛梅伝説、梅鉢の神紋…
春に先駆けて咲く花として古来より親しまれてきました。
ということでCOMの梅アイテムを少しご紹介。


奥は大正時代の黒塗梅に鶯螺鈿広蓋SOLD OUT)と
明治初期の色絵梅に鶯文七寸皿SOLD OUT)。
梅は春告草、鶯は春告鳥の異名があり、春を告げる文様の代表格です。
手前は幕末の染付梅文向付と、江戸時代後期の染付紅白梅文小皿
優しく描かれた梅が、ほころぶ春とその香りを思わせます(´﹀`)


COM電笠が天の川みたいに写っているこちらは
江戸時代中〜後期の染付月夜梅文八角大鉢
古今和歌集「月夜には それとも見えず 梅の花
香をたづねてぞ 知るべかりける」を思わせる
絵付けになっていて、とっても素敵なんです。

寒い中でも咲き香る梅の花、室内インテリアや食卓で
春の息吹を取り込んでみるのも嬉しいですね。
この他にも様々な春アイテムを揃えて
皆様をお待ちしております(*´∀`*)

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:
営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  

二月は無休で営業しております。


・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*
 
  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!
・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*
2017/02/02 15:20

冬ごもりの蓄音機


♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪

まだまだ連日、寒い日が続いてますね。
でも木蓮のふわふわ蕾がふくらみつつあるのを見て
少し春の気配も感じます(*´∀`*)

さて、冬ごもりで家でのんびり過ごされることも
多いかと思いますが、皆さんの冬ごもりのお供はなんでしょう?
美味しいお茶と菓子、大好きな本、映画…そして音楽。
今日は音楽好きの方には特に嬉しい、素敵なアイテムをご紹介です。


これはもともとは大正時代の蓋つき蓄音機。
 COM修理工房にて改修し、ボックスに仕上げました。
竪琴の透かし彫り入りが入っているところは
元は内蔵ホーンだった部分で、引き戸になっています。
開け閉めすることで音の大きさを調節していたんですね〜


蓋を開けるとこんな感じ。素材はナラ材。
蓄音機が内蔵されていただけあって、少し深めの
作りになってますので、ちょっとした収納にぴったりです。
COMでは現在グリーンと一緒にディスプレイしてますが
暖かい木の茶色と濃い緑がとても良く合います(o´ω`o)


蓋裏のロゴもかっこいい!
ちなみに箱の横にも「蓄音機株式社製造」のロゴが
ちゃんと残っているところも嬉しいポイントです。
元蓄音機ですので、ハンドルを入れる穴も残ってますよ。

蓋の形の彫りと言い、ロゴと言い、どこをとっても
お洒落な「蓋つき蓄音機改造ボックス」。
かつて流れていた音楽の余韻を感じるこの商品は
「COMモデファイ」となりますので、正しく
世界にたった一つだけです。

ぜひお立ち寄りになってご覧になってみて下さいね。

♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪

営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  

一月は無休で営業しております。


 
♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
 
  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
2017/01/25 20:03

ブログカレンダー

  2018年09月  

SunMonTueWedThuFriSat






1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30





ブログカテゴリー

記事検索