商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ

京都歳時記「五山の送り火」



*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

先日のお盆、皆様はいかが過ごされましたか?
帰省された方、バカンスを楽しんだ方、家で
のんびり過ごされた方…色々おられると思います。
京都ではこの時期の風物詩である
「五山」の送り火が行われました!(*´∀`)


今年の「大文字」の送り火。
火がつくのはここ大文字が一番早いのです。

送り火の始まりは空海さんが護摩行を行った説や
足利義政の息子を弔うためにお坊さんが始めた説、
京都のお公家さん起源説と諸説ありますが
現在、文献に見られる最も古い記録は江戸初期。
江戸の人たちもこうして同じ火を眺めて
お盆の終わりを感じていたのかと思うと、
なんだかしみじみとした思いがします。


「妙法」の「法」の送り火です。
「妙」の方は残念ながら間に合わず…
妙と法は同時刻に火を点けるので、法を
見ていると大体見逃してしまいます(^_^;)

なお、この妙法を一つとして、「大文字」、
「左大文字」、「船」そして「鳥居」を
合わせた「五山」で送り火が行われるんですが、
江戸時代までは「い」の字や「蛇」など、
もっと多くの山で送り火がされていたそうです。
京都盆地をぐるりと囲む山々で送り火が
される様子は、さぞ壮観だったろうと思います。


そんな送り火の代名詞といえばやはり「大文字」。
こちら大正時代絵替わり京都名所図小皿にも
ばっちり描かれています! (*´ω`*)
南西から北東を見上げるようなゆるっと
した絵付けが素敵ですね。


こちらは「妙法」がある松ヶ崎の小皿(右)
送り火を眺めるスポットとしても知られている
高野川の小皿(左)。
この絵替わりは、比較的ローカルな京都の名所も
入っていて、一枚一枚眺めるのが楽しい小皿に
なっています(=´▽`=)

お盆は終わり、季節は秋へ。
当Pro Antiques COMでは移ろう時の流れに、
そして「あなた」に寄り添うアンティークを
揃えてスタッフ一同お待ちしております。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい!

なお、お気になるものがございましたら
お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

Pro Antiques COM & the little com
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  
8月は無休で営業しております。


◎゚+.。o○゚+.。o○◎゚+.。o○゚+.◎゚+.。o○゚+.。o○◎
  
こちらでも毎日、新商品をご覧いただけます!
◎゚+.。o○゚+.。o○◎゚+.。o○゚+.◎゚+.。o○゚+.。o○◎
カテゴリー[Pro Antiques COM]
投稿日:2018/08/19 18:38
現在コメントはありません。

ブログカレンダー

  2018年11月  

SunMonTueWedThuFriSat




1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログカテゴリー

記事検索