商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ

HOW TO 火除



*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*

先日、お出かけ先で入ったお店で、こんな光景に出くわしました。

布袋さん勢揃い!

火除布袋という火難防止の京都の風習で、
通常はおくどさん(台所)の上や荒神棚に、
背中に「火」と書いた布袋さんをお祀りします。
伏見稲荷へ二月の初午で参拝した際に手に入れて、毎年一体、
少しずつ大きくなるように七体(もしくは十二体)揃えると
「福が七=七福神」
ということで、火難防止だけではなく、家内安全や
富貴繁栄なども呼び寄せてくれるそうです。

ちなみに、揃えてる間に不幸なことがおこると、揃えた布袋さんを
水に流すか神社に奉納して、また一から揃え直しになります。
七体揃う、ということは、七年家族が無事に過ごせたということ。
家が栄えているシンボル、かつ、円満の証だったそうです。

ということで、COMの火除布袋さん特集です!


三体揃えて火除ーズ。
いずれも明治期の布袋さんです。
中くらいのサイズなので、最初の数年を平穏無事に
過ごしたあとくらいに求められたのでしょうね。
「ようやってはるなあ、えらいなあ」とでも言って
くれてるかのような、とろける笑顔に癒されます(*´ω`*)


貫禄たっぷり!幕末の布袋さんです(SOLD OUT)
このサイズ感からして、まさしく七体目くらいでしょうか。
破顔一笑、という言葉がぴったりなお顔で、何か起こっても
「何てことあれへんで」と笑い飛ばしてくれそうです。
置いてあるだけでお家を朗らかにしてくれそうですね!


若冲の「伏見人形図」を真似て!
昭和期の布袋さんです。
千里の道も一歩から、最初の年のサイズですね。
一体一体、少しずつお顔の相が違うのですが
「ぼちぼちいこか」と言ってくれてるような、
どの布袋さんも見ていて和やかな気持ちになります (*´∀`*)
*:.:*:.:*:
前のブログ記事の「火迺要慎」看板も、京都の
愛宕山にある愛宕神社の火札にあります。
火の恐ろしさを身にしみて知っていたからこそ、
家内安全を
お札や人形に託して願ったのでしょうね。

七体は難しくても、家の火除守りに一体、
笑顔ほころぶ布袋さんはいかがでしょうか?

お気になるものがございましたら、
お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*

Pro Antiques COM & the little com
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  
五月は無休で営業しております。



*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*

  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!

*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*
カテゴリー[Pro Antiques COM]
投稿日:2017/05/27 19:46
現在コメントはありません。

ブログカレンダー

  2018年10月  

SunMonTueWedThuFriSat

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


ブログカテゴリー

記事検索