商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ

美人と化粧と髪結い道具



゚+。*゚+。。+゚*。+゚ ゚+。*゚+。。+゚*。+゚ ゚+。*゚+。。+゚*。゚+。*゚+。。+゚*゚+。。+゚*。+゚

春一番が吹いた後に、寒さが後出しじゃんけんのように
帰ってきて、まだまだ春は名のみの〜ですね(ノ)´Д'(ヾ)ブルブル

そんな冬には貴重な快晴となった先日、下鴨神社さんの
一角にあります河合神社にお参りしてきました〜


この河合神社は色々なことで有名で、例えば「方丈記」の作者、
鴨長明の出身神社であったり、サッカーや衣食住のお社があったり
するのですが、何より「美人祈願」で知られているんです(w´ω`w)



境内には長明が住んだ「方丈の庵」が再現されています。
侘びた雰囲気のある佇まいで素敵ですね〜


衣食住の神様を祭っている「六社」。
竃の神様や稲荷の神様が軒を連ねており
なんだか親近感がわきます (*´∀`*)


美人祈願で知られている河合神社の絵馬は
「鏡絵馬」と呼ばれており、手鏡型をしています。
こちらの絵馬に自分の化粧道具でお化粧をして
奉納するようになっているんです(〃'∇'〃)

△ ▼ △ ▼ △

美しくありたい、なりたいと思う気持ちは
今も昔も変わりませんね。
ということでCOMの女子力アイテム集めてみました!


まずはこちら、明治期の「中割れ笄」。
両先が可憐な花の形をした珊瑚で装飾されており、
台座は金、中割れの棒は銀という
とっても美しい細工になってるんです〜


こちらは江戸時代の「金地高蒔絵櫛」。
金で覆った櫛の上からさらに盛り上げた高蒔絵で文様が
描かれていて、これが何と嬉しい野点の文様!
手のひらくらいのサイズの櫛に、炭斗や風炉、お釜など
非常に細やかに描かれていて、とってもお洒落なんです(*´`)


上の櫛の裏側は、菊の花篭文様となっています。
飾っても髪を梳かしても素敵、特別な日に特別に結った髪へ
挿しても格別に素敵なアイテムですね。


そして明治時代の「前挿し」。
その形状からビラビラ簪の名でも知られています。
こちらも表裏が金銀とリバーシブルになっていますが
銀色に手彫りですすき野が描かれているこちらは裏側。
日本髪では前に挿すものではありますが、後ろに挿して
しゃらりと揺らしてみるのも素敵です(*´∀`*)


髪結いフルセット!
上記の前挿しに加えまして
江戸時代の松文手鏡、同じく江戸時代「銀平」と呼ばれる
とっても粋な銀杏型平打簪です


こうしたアイテムは身につけた姿だけではなく、
おしゃれしてどこに出かけようか考えるのも楽しいですね。
髪結いだけではなく、装身具はまだ他にも沢山あります。
是非お立ち寄りになってご覧ください。

゚+。*゚+。。+゚*。+゚ ゚+。*゚+。。+゚*。+゚ ゚+。*゚+。。+゚*。゚+。*゚+。。+゚*゚+。。+゚*。+゚

営業時間
OPEN 12:00
CLOSE 20:00  

二月は無休で営業しております。


・+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-
 
  
こちらでも毎日、新商品を見ていただけます!
・+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-
カテゴリー[Pro Antiques COM]
投稿日:2017/02/21 20:10
現在コメントはありません。

ブログカレンダー

  2018年11月  

SunMonTueWedThuFriSat




1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログカテゴリー

記事検索