商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
1/1ページ 総数:1件

からすみ。


随分と寒くなっていまいりました。
ここ数日、
厨房にいると、足元から伝わる冷気が、
これまでとはまるで違うものになっています。
とうとう、やって来ました、
京都の本気の底冷え、(→でもこれまだ序章!)
いよいよ、スタートの時、です。

紅葉シーズンも一段落して、
京都の町なかの賑わいも、
ほんの少し落ち着く、この12月ですが、
これからの時期の観光の注意点、と言えば、
やはり、「兎に角寒い!」ことかと思います。
この寒さ、
雪が降り積もって、、、という種類の寒さではなく、
足元からじわりじわり、と骨を伝わって、
じぃん、じぃん、と身体が冷えきってしまう、ような、
盆地ならでは、の特有な「冷え感」、なんですよねー。
ですので、
散策の際(とりわけお寺など拝観される際には絶対に!)には、必ず防寒対策はしっかりと!
特に、足元の冷え対策は念入りに、ご準備の上、
色々と巡られるのが良いかと思います。
冬の京都、美味しいものも多くて、しっとり落ち着いた風情もあって、
おすすめの時期ですので、
皆さま是非、寒さへの準備を万端に!いらして下さいませねー。


さて、お写真。
「からすみ」です!
正確に言えば、いわゆる「からすみ」へと出来上がる前の、
生のボラの卵巣、ですね。
今シーズンは、先月から入荷があり、
仕込みを繰り返して、これで3回目。
いつも通り、
これから、ひとつずつ丁寧に血や汚れなどの掃除をして、
塩をまぶして、しばらく置いて、、、、等々作業を続けて、
最終的に、風のあたる日陰で乾燥をさせます。
個々の様子を見ながら、じっくり、ゆっくりと。
気長に目を配りながら、微妙な調節をして、、、
というのを、繰り返して、
ようやく完成!という運びになります。
おそらく今回の分は、年明けにの仕上がりになるかなあ、
と、予想はておりますけれど、
それも気候や環境、そして原材料の卵の状態によっても、
乾燥の進み具合などは変わってくるので、
注視しながら、出来上がりまで作業を進めることとなります。

自家製からすみ、
店で作ると、塩分の調整が出来て、
好みの風味に出来るのが良い!んですよねー。
もうすぐ、前に仕込んだ第一弾の分が仕上がってくる頃かと思います。
今シーズンの出来はどうかな?と今から、わくわく。
今年も美味しく仕上がっていますようにーーーーーー!




































2019/12/06 23:33

記事検索

ブログカレンダー

  2019年12月  

SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31