商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
5/81ページ 総数:802件
前の10件 1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11 次の10件

ホンモロコ。


色付き、進んでいます!
京都の紅葉、やはり今年は少し早めのようで、
もう、4〜5分、あるいは6〜7分、のエリアも多くある様子。
ここ数日で入っている情報としては、
貴船は6分くらい、
永観堂、東福寺なども、6〜7分、といった感じなんだそう。
いずれも紅葉といえば、必ず名の挙がる名所ですけれど、
東福寺は今日の時点ですでに通天橋までに列が出来ているらしく、、、。
行って来られたお客様から、
數十分並びました、とのお話もありました。
見頃の一番のピーク時などは、
それが「数時間」と、単位が時間ということになるので、
ある意味、見頃前の今のうち、
早い目に見に行く、のは得策なのかもしれません。
貴船や、東福寺など、は、
まだ緑も残りながらも、グラデーションが美しかったです!とのお声、
が、沢山届いております!



写真は、今日の昼間の
高瀬川の様子
すっかり、秋色
風が吹くたび、水面には
落ち葉もはらはらと。
ここ一週間ほど、日々バタバタとしておりましたので、
桜の木々の変化をめでることが、出来ずにおりました。
気づかんうちに、こんな風に!!!
あっという間、なんですよねー。

ちょいと早めの今年の京都の紅葉、
今週末には見頃の声が続々と届くんではないかな、と思われます。
また紅葉情報についてはお伝えしますよねー。



さて、上写真。
琵琶湖の、
ホンモロコ、です!
秋から冬の間の、お楽しみ。
コイ科の、琵琶湖固有種の淡水魚、であります。
でも近年、
他のエリアにも移され養殖が始まっているようなので、
琵琶湖以外の地域でも、召し上がる機会もあるのかもしれませんね。

これを心待ちにしておられるファンの方が

どれ程多いことか!
そう、一度食すと忘れられない、
何とも言えん、この旨味
小さな一尾の中に、
濃い、濃い、美味しさがぎゅっと詰まっています。

何度か来ていただいている御客様で、


「冬に、塩焼きにして頂いた、あの小さなお魚!
あれ、本当に美味しかった、、、!」


と、絶品だった、とのその記憶をお話頂くことも多くて、
名前は分からずとも、
それ程、
「旨い」という印象が強烈に残るような、
お魚、なのです。

店では、毎日川魚屋さんから届けられるものを、

塩焼きにして、この時期お出し致しております。
泳いでいるものに串を打って、お焼きするので、
その様子をカウンター席からご覧になっている御客様からは、
「かわいそう!」との声があがることもあるのですが、
でも、これは川魚の宿命。
川のお魚については、
焼き物にする際には、
生きているものを調理する、というのが大原則、なんです。
臭み、えぐみを一切感じないのは、
そのおかげ、ということなんですよねー。

ホンモロコ、これからしばらくお献立に登場予定です。
皆様、是非に!
(日によりお出しできない場合もありますので、
気になる方おられましたら、詳細は是非お尋ねくださいませ!)


焼きたて、熱々、をすぐに
お出し致しますよー。













2017/11/14 00:20

それいけ正倉院展、またまた国宝展。


日毎に秋の深まる、今日この頃。
文化的イベントも盛り沢山で、
「特別」や「公開」の言葉にめっぽう弱くて(!)、
主だったものは見逃すまい!と、
予定とにらめっこを続けているこの、秋。
という訳で、この数日のことになりますが、
博物館へ繰り出してまいりました。


まず一つ目は、「正倉院展」
現在奈良国立博物展で開催されている、秋の特別展。
今年で第69回目を迎えるんだそう。
毎年、定期的に行われる宝物の点検作業、
秋の曝涼(=ばくりょう。宝物の虫干しのこと)の際、
収蔵庫から宝物が出されるその機会に、
その中から6〜70点ほどを、広く一般にも見せてくださる、
という秋恒例の展覧会なのですが、
全部で9千点以上にもなると言われる正倉院の宝物なので、
代表的なものは繰り返し出されているとはいえ、
一通り目におさめるには、かなりの年月がいる、ということになるんですよねー。
なので、今年も初出陳の宝物が10点もある、とのことでした。

今年の目玉は、
緑瑠璃十二曲長坏(みどりるりのじゅうにきょくちょうはい)という、
ルビー色が本当に美しい、ガラスの器や、
図柄が記念切手にもなったことのある、
羊木臈纈屏風(ひつじきろうけちのびょうぶ)
弦楽器の一種である、
漆槽箜篌(うるしそうのくご)、など。
それぞれの美しさ、や技巧の細やかさ、
昔の人々の技術力の高さに圧倒され、
そして、ここまで確実な形で大切に保存がされ、
現代にまで受け継がれててきた、ということに
驚く、ばかり。
今年も、十分に堪能!させていただきました。

正倉院展、開催は11月13日(月)まで、です。
ところで、今年の正倉院展、
現地到着が平日のお昼過ぎだったのですが、
意外にも待ち時間がほとんどなかった!
入場までに60分待ち、位のことは覚悟の上だったのですが、
少々拍子抜けで、こんなことは久し振り、でした。
日曜美術館で特集が放映された後にも関わらず、
(前後で、随分とお人さんの入りが変わるのです)
今回、ちょっと出品数が少ないから?
あるいは目を惹くようなきらびやかな宝物がやや少なめだったから?
と色々と邪推してしまいます。
でも、会期は月曜までなので、
これから週末にかけて混むことは必至、かもしれません。

奈良も、
色づき始めている木が多く、
また、サクラなどは落葉しているものも
見受けられて、
思ったよりも紅葉が進んでいました。




























そして、2つめ。
行ってきました、国宝、3回目
京都国立博物館で開催されている、「国宝」展
4期中の、今は3期目の展示、です。

この期の目玉は、
歴史の資料集でおなじみ、
神護寺「伝源頼朝像」。
思ったよりも、実物は大きくて!
かなりの迫力がありました。
伝平重盛像、伝藤原光能像と並んで
展示されて位いるのですが、
頼朝像が最も凛々しく、見目麗しかった、です。
、、と思っているのは
どうも私だけではないようで、
周りの観覧の方から、

「これ、教科書でよく見たやつ」

「頼朝、かっこええなあ、」

「3人並ぶと選んでしまうな」

との声が至る所から上がっていて、
妙な連帯感を覚えてしまった、ひととき、でした(笑)

他にも、
漢委奴国王印でおなじみ、金印が出ていたり、
源氏物語の「柏木」の巻が出ていたり、
等伯の「松林図屏風」が出ていたり、と、
3期も見所、盛り沢山。
ですが、お人さんも、これまた沢山!で、
今までの期間中の中で、
最も並んで(30分くらい)、
中も相当な混雑、でした、、、。
タイミングが悪かったのか(平日の昼2時頃だった)
館内も非常に混み合っていて、
じっくり観覧する、ということが難しかった、です。
でも、ちょうど観覧が終わった頃の時間には、
入場待ちの列もない状況だったので、
やはり、平日の夕方あたりが、ベストなのかもしれません。
これから行かれる方、どうぞご参考までに。
三期は、12日(日)まで、です。

敷地内の木々も色づき始めていました。
京都もそろそろ、ですよねー。
今年の紅葉、例年よりも
少ぉーしだけ早め、という話、です。




















外にはこんな面白いものも。
雪舟の「慧可断臂図」の達磨の部分に
顔を入れて記念撮影
できるようになっている。
この、1、2期に登場していた
慧可断臂図(えかだんぴず)、

慧可(えか)という僧が、
達磨に弟子入りを訴えたが許されず、
左腕を切り落として決意のほどを示したところ、ようやく入門を許可される、という、

場面を描いた、
非常に緊迫感のある絵、なのですが、
この達磨の顔に自分の顔をはめるのは、
とっても勇気がいりますね。
笑うわけにもいかないしね。













2017/11/08 23:10

子持ち鮎。


11月、ですね!
昨日、今日、と、お天気は秋晴れながら、
少々肌寒い、月のスタートとなっています。
そして、月が替わると途端に
「紅葉」の言葉を、ニュースでも、巷でも、
耳にする機会がぐんと増えたような気がしていて、
お、いよいよだな、とシーズンの到来に一同、気を引き締めて!おります。
とはいえ、
京都の紅葉はもう少し先で、
体感では例年通り、中旬以降という感じになるのかな、と予想をしています。
ただ、街路樹もところどころ色づくもの、
目に留まるようにもなっていて、
確実にその時に向けて、季節は動いていること感じています。

今年もどこぞへ紅葉狩りに行ければいいなあ、なんてこと目論んでますが、
どうなることやら。
耳に届いた紅葉情報については、
また追々ブログにてお知らせいたしますよねー。
では、深秋満喫!の11月、
頑張ってまいりましょうね!


さて、お写真。
「子持ち鮎」です!
鮎といえば、その成長段階に応じて、
春前の氷魚、稚鮎、から始まって、
初夏から夏の成魚の鮎
と、色々と楽しめるのですが、
秋の今は、この「子持ち鮎」
張ったお腹には、卵がびっしり、ずっしり
この、卵の持つ旨味を合わせ楽しむ、というのが、
今の時期の極上の味わい、なんですよねー。

写真のものは、甘辛く炊いて、甘露煮に。
でも、味を入れて炊く前には
もちろん、何工程かあって、
まずは、串を打って焼く、というところから
作業は始まります。




遠火でじっくり、
焦げ目をうまい具合につけて
焼いて、、、、、











まずは、
一工程完了!
これからいよいよ、
炊き作業にかかります。
じっくり、ことこと。
骨まで柔らかく、
仕上げます。
卵の旨味、食感に、
身の持つ風味に
絶妙に甘辛いお加減が
十分にしみこんで、
それはそれは、美味しいのです!


子持ち鮎、これからしばらく
夜のお献立に登場予定です。
(日によりご用意できない場合もありますので、
詳細はお尋ねくださいませね。)

皆さま、是非にー!




2017/11/02 23:01

神無月、晦日。


とうとう、10月も最終日、ですね。
そう、今日は、ハロウィン、なんですよね!
木屋町通が仮装で賑わっている、なんて話も、ちらちらとはあって、
そうなのか、とあらためて認識はしていますが、
いまだ、ハロウィンがなんたるか、きちっと説明は出来ない!という、
ちょっと気恥ずかしい、自分がおります(恥笑!)
、というようなこと、
過去にも何度かブログには書いたような気もしていて、
かつて大将など、
「ハローウィンで、結構騒がしいらしいな!」などと、
「ー」(伸ばす棒)の位置を怪しげな場所につけながら、
なんとなく、の、雰囲気で、それとなく話をしていたような感じだったのが、
今年は、

「市場の帳場のお姉さんたちが、仮装してはったで、ハロウィンの!」


と、意気込んで報告してくださり、
記念撮影した写真を披露してくださる、
(また、その写真が、
「頭に包丁が刺さっているかにみえるカチューシャ装着、の帳場のお姉様」
だったので、もちろんないんだけど、妙なリアル感が、見事だった)

までになっていて、
年々あらゆる領域に浸透している感、を
しみじみと感じております(笑)

いろんなことがボーダレスになっている昨今、
程よく、上手に取り入れて、いろんなこと楽しむ、というのは、
ある意味、「あり」なんかなあ、思います。
楽しそうな様子、というのは、
(おそらくそれは程度にもよるんでしょうけれど(笑!))
嬉しく、感じますもものねー。

そんなこんなの10月最終日、
明日からは11月。いよいよ、シーズン突入、です。
今年の紅葉は、どうなりますことやら。
紅葉情報については、また追々、
ブログでも情報お伝えいたしますよねー。

月がわりのここにきて、気温も随分と下がってまいりました。
皆様も、どうぞ体調を崩されませんようにー!

最後に、
これ、なーんだ、の
お写真。
何度かブログには登場しておりますが、
正体は、卵黄、です。
綺麗に土手を作られて
整列していますけれど、
今から味噌漬け!の工程に入る、まさに一歩前の、卵黄たち、なんです。
出来上がったときには、
もっと漬かって、
もっと色も澄んで、
みちがえるように、

なっているのだー。


実は、この卵黄でさえも、
ちょびり指定をして手に入れている、という、特殊、卵。
それがさらに、変身を遂げるのだー。
どんな風になるのかは、
乞う、ご期待!
うまいんだな、これが。








2017/10/31 23:27

国宝、再び。


先週に続き、台風襲来に見舞われている日本列島、
峠を越えた地域もありながら、
まだまだ予断を許さぬエリアも多いとのこと、
皆様、どうぞ呉々もお気をつけ下さいませね。
京都市内は、
今日の午後には、一時期風雨がやや強く、
傘が風に持っていかれそうになる、
という時間帯もありましたが、
今は雨も止んで、静かな夜を迎えています。


さて、そんな台風のさなか、ではありましたが、
行ってきました、
国宝、再び
京都国立博物館で現在開催されている、「国宝」展
京博の開館120周年を記念しての、この特別展。
開催は11月26日(日)までなのですが、
期間中が4期に分けられていて、
一部のものについては、入れ替えがされる、
という展示システムになっています。
全期間にわたり展示されるものもあれば、
その期間に行かねば、観られない!

というものもあったり、して、
特に、「目玉」とも言うべき、
「観たい!」気持ちをそそられるような
宝物たちについては、
それぞれの期にまんべんなく分けて
展示される、ということのようで、
実に上手いことできている(!)
今回の国宝展、なのです(笑)

とはいえ、どれもこれもが、当然国宝、なので、
保管にも、展示にも、移動にも、
きっと気を使うものばかりなのでしょうから、
期間が制限されるものがあっても、
それは仕方がないことなのかもしれません。

全期制覇するぞ!との目標を立てている私、
今日は、ギリギリ2期目の最終日!
(なので、合間の時間に傘を煽られながらも、
駆けつけた、というわけなのです。
頑張りました!)

2期目で私が目指したのは、「曜変天目」(ようへんてんもく)
大徳寺塔頭龍光院所蔵の、
滅多にお目にかかれない、天目茶碗。
「曜変天目」は、世界に三つしかない、
と言われていて、
その三つが全て日本にあるのですが、
その内の、一つ、なんです。

周りの照明がかなり暗くおとしてあったので、
模様をしかと見ることは出来ませんでしたが、
「茶碗の中に宇宙が広がる」とよく言われる通り、
夜空の星のような、幻想的な雰囲気が、
茶碗の中の空間に見て取れました。

多くの人々の目を魅了してきたであろう、このお茶碗。
中国の南宋の時代に作られたものが、日本に伝わって、
それでお茶をたてて、嗜まれたという時代もあって、
きっと所有者も移って、変わって、して、、、、、
今、現代に至って、
現在、この機会に、博物館で、
私も間近に観ることが出来た!
、、、ということを考えるだけでも、
なんだか不思議な感じがするんですよね、、、。

この曜変天目は、今日、2期までの展示で、
明後日からは(明日月曜は休館日です)、3期目のスタート、です。
今日はお天気が悪かったこともあって、
待ち時間こそなかったのですが、それでも館内は、混み合っておりました。
日曜、ということもあったのかと思いますが。
やはり体感としては、
平日の午後遅め、位の時間帯が、比較的空いているのではないかなあ、
と思います。
これから観覧に行かれる皆様、どうぞご参考までにー!!!



2017/10/29 22:44

夜なべでおはじき。


台風一過、やっとこさ清々しい気候が戻った、のも束の間、
夜になって、また冷たい雨の降り出している、今晩の京都です。
台風21号、やはり、一昨日の晩は凄かった!
ちょうど日をまたぐ位の時間からでしょうか、
横殴りの雨に、激しい風に、
時折窓がバタンっ!と大きな音を立てて、、
その度にびっくりして何度も目を覚ます、というような状況で、
まめに送られてくる避難警告メールにも、
(自分の居る位置とは少々ずれてはいたのですが)
なんだか落ち着かなくて、
そわそわした一晩を過ごしました。

にしても、注意喚起のお知らせが届いたり、

スマホで台風の進路や雨雲レーダー、天気図なんかが
即座に確認できたり、と、
何かと便利なことだなあ、とつくづく思います。
私のような若造(わかぞうですよ、わかづくりではないですよ(笑!))でも、
ほんの◯十年前はそんなこと無かったなあ、
と、思ったり、します。




さて、今日の夜なべ仕事。
写真は、とあるパーツを製作中の、一コマ、です。
原料は、ヨモギの生麩。
それを、せっせと型抜き中、であります。
一体、なんのパーツなのか?は、
御来店後のお楽しみ、として、
この作業、パーツの形状が、
まるで「おはじき」のようなので、
何気に童心にかえりながら(!)、(遊んでないですよ!)
いつも業務に勤しんでおります。

八寸の中の、秋らしい、とあるおひと品、の、
一部分、になるこのおはじき、
皆様が、(特に女性の皆様!)
「かわいい!」とお声がけ下さることも多い、
とてもさりげないんだけれど、重要な、一パーツ、なんです。
これから御来店の皆様、
登場したときには、どうぞ、
あ、これか!!!と思っとくれやすねーーー。



さんすうセットに入っていた、
おはじき。
さんすうの勉強に使った記憶はありませんが、
(もっと使っておけば、
今、もう少しおりこうさんだったかも
しれません)
自分なりに色々と遊んだ
覚えがあります。
こういう小さくて可愛らしいものには、
無条件に、心奪われていたように思います。
女子の皆さん、そんなことないですか?














2017/10/24 21:02

お祭り、中止。


夜になって、驚きのニュースが飛び込んでまいりました。
お客様からお教えいただいたのですが、
22日に開催の予定だった、
京都三大祭の一つ、「時代祭」、が、
台風の影響により中止、ということが決定となったとのこと。
平安神宮のHPにて、発表がされておりました。
(時代祭は、平安神宮の祭事なんであります)

順延ではなく、中止。
こんなこと、あるんやなあ、、、、、、、と、
衝撃でもってこのニュースを受け止めたのですが、
実はこれが初めて、ということでもなく、
一番近い年では1988年にも、中止となった事例はあったんやそうです。
中止って、そんなこと、私の中では初めてです、、
なんて会話もしていたのですが、
いやいや、実は、二度目のことでした。
恥ずかしながら、その時のことを、
全く覚えておらず!!!!
(いやあ、覚えてないもんですね(苦笑!恥!))
しかも、調べてみると、
執り行われていない時期があったり、
事情により中止、雨天により順延、、、、等々、
当然過去にはいろんなケースがあったようで、
今年については、
台風の接近が予想される中、
行列の方、観覧の方の安全をまずは考えて、という判断だとのことです。
確かに、何が起こるかわかりませんものね。


兎にも角にもこの週末の台風、

非常に心配ですね。
ご予約を頂いている御来店予定の皆さまで、
もし何かご予定の変更などあれば、
どうぞ、お気兼ねなく御連絡下さいませねー。

最後に、
仕込み作業の風景など。
渋皮栗、着々と
製作が進んでおります!
大鍋に行儀よく浸かる
完成途上の栗。
この候補生たち、
あと何度か,
甘いシロップを潜り抜ける難関を経ることによって、
立派な「渋皮栗」となっていきます。
どうか割れずに、
頑張っておくれ。

でも実は、割れてしまうやつだって、
それはそれで、とことんまで蜜がしみていて、
かなり、美味しい。
なんなら、それならではの良さ、もある。
要は、
全て、美味しい!愛おしい(笑!)











2017/10/20 23:16

2017年渋皮栗販売開始のお知らせ。



今日は、ようやく!のお知らせを。
今シーズンの新栗くりたの「渋皮栗」
いよいよ通販サイト、及び店頭にて販売を開始させて頂きます!

まずは、ご案内が遅くなりましたこと、
心よりお詫び申し上げます。
今年は少々収穫そして入荷のタイミングが遅れたこともあって、
時期が少しずつ後ろにずれ込む形となってしまいました。

自然のものゆえ、
こちらがのぞむ良いものが、いつ入るか、ということ、
その日がいつになるのかは、毎年予想がつかず、
これが本当に難しいところで、
毎年悩まされる、第一関門なのですが、

でも待った分、今年も納得のいくもの仕入れて、
自信をもってお届けできるもの、
仕上げることができました。

大きくて、ずっしりとしていて、
しっとりと柔らかく、

 舌触りもなめらかで。
そして、

 栗のもつほっくりとした風味に、
純度の高いシロップの甘みが絶妙にからまって。

 一口いただくと、
気持ちがふうっと、ほぐれるような、
あたたかな気分にさせてくれるような気がします。
一粒で、驚くほどの、満足感
この栗という素材のもつ「力」
毎年のことですが、感じざるを得ません。
秋の恵みに、感謝!です。

というわけで、
くりたの渋皮栗今年も通販サイト、及び店頭にて
販売をさせて頂きます。

(通販サイトは、こちらです→)

今年も、自信作、です。
皆様、是非に!
(ただいま、ご予約を頂いている分については順次発送をさせて頂いております。
個々にご連絡はさせて頂いておりますが、
ご予約の皆様へ、今しばらくお待ちくださいませねー!)





2017/10/19 22:46

お目見え。



前々回に続き、松茸です。
上写真は、「丹波産」
とうとう、真打、登場
もちろん、国産の松茸は、
どこの産地であっても、店で使うものは間違いなく美味しいのですが、
やはり地山松茸、丹波の松茸には、
京都人には並々ならぬ思い入れ、憧れがあります。
でも昨今、
なかなか、本当になかなか、
手に入りにくくなっていて、
シーズン中お目見えできるのも、ほんの数度、
タイミングによる、というのがここ何年もの状況です。
(ですので、この数日は入荷しておりますが、
続くかどうかは、わからない、という現状です、、。)

「昔は、なんぼでも採れた時代があったのにな、、、、」

と、大将。

なんでも、大将が小さい頃には、
すき焼きのお鍋を山に持ち込んで、
そこで宴会をする、という、
松茸狩りの話はよくあったらしく、
旦那衆と、祇園町の綺麗どころのお姉様方が集う、
その「大人の遠足」に、
調理担当ということで大大将(=大将のお父上)が
駆り出される際に、
良かったら、ちびっこ(=大将)も一緒にどうぞ、ということで、
よぉ連れてもらってはったらしいです。

さぞかし、美味しかったでしょうね、、、、

とお聞きすると、

「それが、子供の頃は松茸の良さが今ひとつわからへんかった!」

とのこと。

じゃあ何を食べてはったんですか?

とお尋ねすると、

「んんん、まずは鶏肉(←鶏のすき焼きやったんですね)
それから、
おはぎとおもち♡!」


えええ!?まさかの、おはぎにおもちぃ!?

というのも、お餅つきも合わせてしてはった、らしい。
なんと豪勢な!
それはそれで美味しいやろうけれど、
松茸はー?丹波の松茸はーーー!!!!!?
という、
なんとも勿体無いお話、です、、、。

にしても、そんな豪華なイベントって、
地山のご近所の皆様ならまだしも、
今ではほとんど実現は難しいんじゃないか、と思います。
いい時代、やったんですよねー。
なんだか遊び方も、豊か、ですよねー!


そしてよく分かったのは、

「大将の甘いもん好きは、小さい頃から」


という、
紛れもない事実(笑!)















2017/10/13 22:25

きごしょ。



今日は、ちょっと珍しいもののご紹介を。
珍しい、とは言いながら、
関西、こと京都では割と馴染み深い食材なのですが、
お写真、
「きごしょ」と呼ばれます。

手前には、


「ミニ唐辛子」のような姿が見えておりますが、

でも、

今回の主役は、これ。

葉っぱのほう、なんです!
「きごしょ」とは、唐辛子の葉っぱのことで、
唐辛子の実のみならず、
この「葉」も、美味しい、大切な食材の一つ!なんですねー。
夏の終わりから秋にかけて、
小さな実がついたままの枝付きの葉を
市場でもよく見かけるようになります。

「きごしょ」ないしは「きごしょう」と言われることが多いのですが、
「木胡椒」からきている、なんてことを聞いたことがあります。
葉っぱにも少しのピリッと感があることからの由来なのでしょうね。

この葉っぱを湯がいて炊いて、

好みで味付けをして、
普段、日常に頂く、という、いわゆるおばんざいの一つに使われるので、
馴染みのある食材なんであります。

写真はすでに全部外した状態ですが、

枝付きのものだと、茎と葉っぱ、実を分けるところから作業は始まります。
そして葉だけを集めて、まずは湯がいてアクをきちんと抜いて、
店では、薄めの辛めでさっと炊き上げます。
多少のピリッと感に加え、
程よい、くっとくる絶妙な苦味、
これが、たまらん!のです。
お料理の付け合わせに、お口直し、に、
ちょっとした大人味の、名脇役

これから、

たまに、さりげなく、
お料理のねきにそっと、登場いたします。
ちょっと添えられているだけで、
なんだかほっとする、
そんなお味、きごしょ、です!
是非にー。









2017/10/10 22:52

記事検索

ブログカレンダー

  2018年04月  

SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30