商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
11/82ページ 総数:819件
前の10件 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11 > 12 > 13 > 14 > 15 > 16 次の10件

善峯寺。


梅雨入りしてはや数日、
道を歩けば、
そこかしこに目に留まるのが、紫陽花の花
日毎に色濃く、鮮やかになって、
あ、こんな所にも、あ、あそこにも、、、、と、
日々発見があります。
町なかには割と沢山紫陽花の花が植えられていることに、
あらためて認識したり、してる、今日この頃。
そんなこんなの6月も、気がつけばもう折り返し
梅雨にもめげず、(とはいえ、まだ雨らしい雨には降られていないのですが)
あと半月、頑張ってまいりたい!と思いますー。

さて、そんなわけで、
今年もどこぞ名所へも足を延ばそうかな、、、と、
ちょいと紫陽花散歩へ出掛けてまいりました。

訪れたのは、西山、「善峯寺」

平安中期の長元2年(1029)、源算上人による創建とされています。
鎌倉時代には、青蓮院から多くの親王が蟄居されたりもし、
「西山門跡」とも呼ばれたんだそう。
その後、応仁の乱により、伽藍の大半は焼失したのですが、
のちに江戸時代になって、
5代将軍綱吉の母、桂昌院
寄進、帰依により再興をみたんだそう。

現在は、所有地36万坪、境内地3万坪とされる広大な所有地内に、
樹齢600年とされる天然記念物「遊龍の松」があったり、
紫陽花秋明菊紅葉、と、
季節により色々な花を愛でることができ、
花の名刹、としてもとっても有名なお寺なんであります。

山あいにひっそりと佇む、素晴らしいお寺なのですが、

なんしか、辿り着くまでが、大変!  
駅からのバスも本数少なく、
ようやく到着したときの安堵感といったらありません。   
(ですので、車で行かれることをお勧めはしますが、
紅葉のハイシーズンの時などは、きっと道が相当に混むんじゃないかな、
と思います。でも、ほぼ一本道なので、そんな季節はきっとバスだって同じかも、です。)


そして、ようやくスタート地点の山門前に到着し、

いざ、出発!と、
意気込んで持参のカメラの準備をしようと、
取り出してみたら、
なんと、ウィンドウに、

「電池の残量がありません」

との非情な、赤い文字が。


え゛え゛え゛えぇええええええええっっーーー!!?

張り切って重いレンズを持ってきたのに。

はるばるえっちらこっちらここまで登ってきたのに。
ええええええええええええーーーーーーーーーー!!!
予備の電池の持ち合わせもない私。
がびーーーーん、と、
しばし山門前で、呆然と立ち尽くす私。
ダメですね、出掛ける前に持ち物を確認しないとね。
甘ちゃんカメラ愛好家ならではの、
これよくある失敗例かと思いますが、
これにはほんまに、
がびーーーーん、でした。


、、、と、いうわけで、

以下全て、スマートフォンにて撮影、です。
実は、肝心の紫陽花は、
見頃まではまだ少し、という感じでした。
きっと一週間程後くらいがベスト、なんではないかなと思います。
総じて、6分、という状況ではありましたが、
でもその分、お人さんもまだ非常に少なくて、
高台からの眺望の気持ち良さ、
花や新緑の美しさ、に、
すっかり、心洗われました。

まずは、山門。



国指定天然記念物の「遊龍の松」。立派!


















市内が一望できます。








日差しも強くて、
お花も、雨を待ちわびる!!!
という感じでした。が、
まさにその時!の前の紫陽花たち、
エネルギーに溢れていて、
まだ見頃ではないにせよ、
ほんまに見応えがありました。
今でもこんなに良いのだから、
一番の時期は、圧巻でしょうねー。

ともあれ、つくづく、
充電を忘れたことが悔やまれる。

にしても、最近のスマホは、
そこそこは撮れるんだよな、
これが。
性能よろしおす。
でも悔しおす。
















2017/06/15 22:30

鮎。



何を焼いている写真でしょうか、
なんて、余計な質問はいりませんね(笑!)
6月といえば、外せません。
いよいよ本番、、です。

遠火の焼き台で、
じっくり、焼きます。
焦げ目がついて、いい具合に焼きあがったなら、
すぐさま串を抜いて、お皿の上へ。
アツアツのもの、お客様にお出ししています。

旨味、それから、程よい苦味。
全部が混じり合って、
ああ、美味しいっ!
なんとも言えん、深い、くっとくる味わい。
たまらん、ですねー。

鮎、これからしばらく、
お献立に登場予定、です。
皆様、是非に!
(時期により、またご予算により、御用意できない場合もあります。
どうしても!という皆様、是非ご予約の際に詳細をお尋ねく下さいませー。)




香ばしくって、
爽やかな旨味があって、
心地よい苦味も感じられて。
これぞ鮎、ですよね。
この、苦味も美味しさ、と感じられる感覚、
「美味い」という感覚に対する、
細やかさ、奥深さのようなもの、
これ、日本人の独特の感性のような、気がします。










2017/06/11 22:49

あじ。



お写真、アジ、です。
説明など、もはや必要はないくらい!
言わずと知れた、の、馴染み深いお魚です。
年間を通じて出回ってはいますが、
旬といえば、初夏から夏にかけての時期!
脂がしっかりとのって、旨味も増すんですよねー。

旬の、新鮮なもの、

これほんまに、美味しいのです。
「新鮮な」というところが、
とことん重要なのですが、
いつも見知った(=味知った)アジと、全然違いますね!
というご感想を、よく頂きます。
これはなにも、何か手を加えて工夫をして、、、、ということではなく、
本当に、素材の持つ力、なんですよね。

どことなく、一般的である存在でありすぎて、
その美味しさについて、あえて声高に言われることがない気がするのですが、
(そんなことないですか?)
新鮮な、旬の、脂ののった、アジは、
間違いなく、美味しいです!

今の時期、店ではこのアジに、

少し別の味わいを横に添えて、
爽やかな季節感を楽しんでいただけるような形で、
お出し致しております。
今こそが美味しぞ!ということ、
味わって頂ければよいなー、と思っております。
皆さま、是非に!

美味しいんだな、これが。



























2017/06/10 23:08

白髪。


比較的涼しい日の続いている、京都です。
先月末に、早々に蒸し暑さの洗礼を
受けていることもあって、
幾分ほっとしながら、
過ごしているここ数日、です。

6月に入って、玄関の暖簾も

麻のもの衣替えをすませていて、
透け感のある布越しから入る光が、
なんとも明るくて、柔らかで。
外の気配が感じられるのも、
これ、夏のれん、ならでは。
いよいよ夏に向かっていくのだな、
と、いうこと、
風に揺られる軽やかな暖簾みながら、
実感いたしております。

でも、夏までにはまず、梅雨、です!
今晩も一雨降る、という予報があるようですが、
近畿地方の梅雨入りも、
もうそろそろ、という感じでしょうか?
なにかと変動が激しくて、気候には振り回されがちな最近ですけれども、
雨にも負けず、前倒しの暑さにもめげず、
頑張って乗り切りましょうねー!



さて、お写真。
これ、細い細い、
お素麺、なんです!
この細さがわかるような対象物があればよかったのですが、
銘は、
「白髪」
そう名付けられることからもわかるように、
それこそ、髪のように細い!おそうめんなんです。
ブランドとしては、
「三輪そうめん」
でも、産地は長崎なんだそうで、
伝統工芸士さんが作っておられて、
日本一細い!との呼び声も高い、というお素麺なんです。
初夏の今の時期、
店では旬の焼いたお魚と組み合わせて、
煮麺(にゅうめん)としてお出ししております。

まずは、この
細い姿の美しさ
こんなに細いのに、火を入れてもぷつっと切れることなく、
お椀の中に見事な景色を描いてくれます。
麺の描く孤の美しさといったら、
思わず見入ってしまいます。

そして、驚くべきは、
このコシ
2、3年以上十分に寝かしていることもあって、
こんなに細いのに、
しっかりとコシがある!
細い一筋、ひとすじに、
確かな食感があって、
そこに吸い汁が繊細に、上手に絡んで、
するりと喉を通っていきます。
これはほんまに、優しい。
しみじみ、美味しい
合わせるお魚の旨味、お出汁の加減とあいまって、
ほっこりしていただけること、間違いなし!なんです。


今月中、お献立に登場予定のこのおひとしな。

(日により、コースにより、お出しできない場合もあります)
美味しいですよー、皆様、是非に!



今シーズンの麻のれん、
これ実は今年新調のもの、なんです!
改装をした年に作ったものが、
年季を重ね、
随分と風雨の苦に耐え、
お出迎えの役を担ってくれていましたが、
その労ねぎらいつつ、
今年より新入りの登場!なんです。
まだ折り目が取りきれてなかったり、
何かとぱきっととしてますけれど、
年月重ねて、
上手く馴染んでくれればいいな、と願っています。
大切にしたいと思いますーーー!











2017/06/06 22:39

水無月、始動!


今日から、6月ですね!
夜になって雷の鳴り始めている、今晩の京都です。
6月といえば、「雨の月」のイメージがあって、
らしいな、、、、と思わせてくれる、スタートとなっている、
六月朔日、です。
梅雨入りはいつ頃かな?と予想もしてはみますけれど、
宣言の次の日に真夏のような蒸し暑さがやってくる、なんていうのも、
最近の傾向としては、あり、なので、
なんとか色々に惑わされぬよう、
体調くずさぬようまいりたい!と思っています(笑)
そして、6月といえば、
一年の前半の最後の月!なんですよねー。
なんと、なんと、早いことか、、、。
その思い噛みしめ、しっかりとまいりたい、と思っています(誓、笑!)


さて、お写真。
「伏見甘長とうがらし」
京野菜の一つである、この唐辛子。
おそらく、京都の唐辛子といえば、
万願寺とうがらし、が最も知名度があるかと思うのですが、
この伏見甘長とうがらしは、

万願寺よりも起源は古く、
一説に、江戸時代にまで遡ると言われている、
とっても歴史のある、品種なのです。

姿はすうっと細長く、
果肉も薄くて、とっても甘いんです!

 爽やかで優しい風味
とにかく、くせのないまろやかな味わい、なんです。
そんなことから、他のお料理との相性も抜群
上手に他のお料理にも馴染んでくれます。

ところで、京都で栽培される唐辛子には色々と種類があって、
この伏見甘長とうがらしや、そして、万願寺とうがらし以外にも、
鷹ヶ峰とうがらし、山科とうがらし、田中とうがらし、、、等々、
それぞれに少しずつ、大きさ、形、
そしてもちろん味わい、に違いがあって、
「個性」があるんですよー!
出始めの時期も少しずつすれるのですが、
初夏の今の時期に、まず出回りだすのが、
この伏見甘長とうがらし、なんです。


優しい味わいの、伏見甘長とうがらし。
美味しいですよー!皆様、是非に。
その他の唐辛子についても、
また、登場時期毎に、ブログでもご紹介させて頂きますよねー。


2017/06/01 23:21

続蛍。



ここ2、3日、涼しい日の続く京都です。
風があって、空気の抜けがよいからなのか、
暑さもさほど気にならず。
5月も末にして、風薫る気分、を
もう一度味わうことのできた、今日の日中でした。

さて、高瀬川の、蛍
店の近くの川沿いでも、
黄緑色の光、多く見かけるようになっています。
とはいえ、
夜に御来店のお客様をお見送りする時間帯にはあまり現れず、
それよりも少し後、
それこそ真夜中の時間に近づくにつれ、
沢山出会えるような気がします。
ある程度辺りが暗くならないと、
活動がしにくいのかもしれません。
多分通常の蛍だと、出現の時間帯はもう少し早いはずなのですが、
さすがこの四条界隈、
蛍も多少、夜型!なのかもしれません。

にしても、今年は良く飛んでいます。
どうも、年により、
出現率の良い年と、悪い年があるうようで、
今年は久しぶりの、良年!のようです。
この機を大切に、静かに楽しみたいと思いますー!














2017/05/28 22:49

ほ、ほ。


蛍、飛んでますよ、と
ご近所の方からのお話を耳にしたのが、
一昨日のこと。
高瀬川の蛍、毎日帰る道すがら、
目視で確認はしていたのですが、
自分では未だ見つけられずにおりました。
これは本腰入れて、じっくり求めに出かけよう!と、
昨日夜、業務終了後に川沿いを散策してまいりました。

高瀬川沿いを、ずんずんと下って、
五条を過ぎた辺りから、
仄かな光を発見!


黄緑色の光が、すうーっっと、
ともっては消え、ともっては消え。
ほ、ほ、ほーたるこい、の童謡は、
このさまを表しているような気がしてしまいます。
静寂の中、
ほぉーーっ、  ほぉーーーっ、  と、
あちらこちらに、
ともっては消え、ともっては消え。

蛍の前では、自然と心も静かに、
穏やかになりますね!
前倒しの暑さに少し閉口気味でしたが、
優しい光に、すっかり心癒されましたー!





黄緑色の光の軌跡に見えるようなもの、
これが、蛍です。
蛍の写真は、本当に難しい!
毎年悩まされます。
でも、いつの日か、
なんとか自分が目で見たものを、
画におさめてることできたらな、と思っています。
にしても、ほんまに難しおす、、、。
挑戦は続きます。





























2017/05/24 23:27

新サツマイモ。


はや、暑さ対策が必要になるとは、、、。
市内は20日に今年初の30度超えで、
以来、夏を思わせるような暑さが数日続いています。
「暑いですね、、、」が、挨拶の初っ端の決まりフレーズになっていて、
そのあと必ず、
「まだ5月なのに、ねぇ、、、、、、。」
と続きます。
もう少し爽やかで涼しい感じを味わいたかった、、、
というところが本音ですけれど、
こればっかりは自然のこと、どうにもなりません!
まだ暑さへの備え、心構えもないんだけれど、
温度変化になんとか順応していきたいと思う、
今日この頃、です。


さて、お写真。
「新サツマイモ」です!
夏のかかりの時季の旬食材、
ブログでもほぼ毎年ご紹介している気がしますが、
この時期の定番にして鉄板!
初夏の顔!なんです。

ただのサツマイモ、じゃあないんです、
これは、「新」のサツマイモ。
右の通り、随分と細いんです。
でも、成長途上で採取されている、
というんではなく、
この細い時期に美味しさのピークがやってくるよう、
手間をかけ丁寧に栽培をされている、という、
ちょっと特別なサツマイモ、なんです。

四国の鳴門金時が有名ですが、
長崎産、宮崎産、鹿児島産等、
九州
でも栽培がされていて、
写真のものは鹿児島産さつま金時
毎年同じ農家さんのものを手に入れています。

魅力は、といえば、
とにかく、きめが細かい
非常に、非常に、舌触りが滑らか、なんです。
そして、すっきりと、甘い
十分な甘味を感じながらも、
それでいて後味はすうっときれるような、心地良さがあります。

店では、輪切りにして、
甘く炊いたものを八寸の中のお一品、としてお出しするのですが、
それは、大きさとしたら、ほんの小さなもの。
でも、
その美味しさと言ったら!!!
こんなに小さいのに、
しっかりと、強烈に、印象に残るお味。
毎年思うことなんですが、
実に力のある、食材なんです!

新サツマイモ、これからしばらくお献立に登場予定です。
皆様、是非にー!























2017/05/22 22:34

ジュンサイ。



初夏のお楽しみ、とうとう入荷しだしております。
お写真、
「ジュンサイ」です!
寒天質のゼリー状の部分(「あん」と呼ばれます)に、
若い芽がしっかりとくるまれていて、
淡くて優しい緑色が、
なんとも目に涼やか!です。

写真のものは、
広島産の手摘みのもの。
一つ一つ手作業で採取されているもの、なんです。
機械採りのものだと、
どうしても芽やあんが途中で切れたりするのですが、
手摘みだと、一つ一つの芽の形もキレイで、
あんもしっかり!とついています。

なぜ、手摘みでなければならないのか?

それは、ジュンサイは、
その食感こそが命!だからなんです。
ツルン、プルンとした舌触り、
そして、なんともいえん、喉越し。
もちろん味、ほのかな香りも
魅力ではありますけれど、
ジュンサイにしかない、最大の魅力、
それは、食感!だと思います。
他の何かで代えられるか、
と言われても、
ないんだな、これが。
それこそが、ジュンサイ、なんですよねー。

手摘みのジュンサイが口に入った時の、

あのぷちっ、ツルンとした食感と言ったら。
それが喉をすうっと越えていく時の、
なんともいえん清涼感と言ったら。
ああ、これぞ、初夏!ですよね。

店では、このジュンサイと、

とある濃厚な食材とを組み合わせたお一品を、お出ししております。
この食材とのマッチング、これがまた良い!のです。
あくまでも主役はジュンサイで、
その食感、風味は損なわず、
そこにコクとしてこの別素材が上手く加わることで、
これが
実に深い味わい、になるんですよー。

ジュンサイ、これからしばらく登場予定です。

皆様、是非に!
(日により、またご予算によりご準備出来ない場合もありますので、
詳細については、是非お尋ね下さいませ)


つるんと感、
たまらん、ですー!



















2017/05/18 21:45

海北友松展。



とうとう、行って参りました、
京都国立博物館の特別展、「海北友松」展!
京博の120周年を記念しての開催だという、
この特別展覧会、
4月の半ばから始まっていて、
必ず行くぞ、とずっと決めていたにもかかわらず、、、
日々のバタバタの中、機を逃していて、
はっと気がつけば、会期が次の日曜日までではありませんか!!!
実は、今日のお昼のお客様にその事実をお伝え頂き、
午前中に行かれたところ、入場までにすごい列!であったとのこと。
これは、早々に出かける予定を組まないと、、、、
と急に思い立ち、
それならば、早速今日参じよう!ということで、
昼の営業後合間の時間に、チャリっと出かけて参りました。

到着は、午後3時半過ぎだったのですが、
意外にも、入場を待つ列はなし!
午後の、比較的遅い時間だったからかかもしれません。
館内も、ほどほどの混み様、で
割とゆったりと、観覧することが出来ました。

狩野永徳や、長谷川等伯に並ぶ絵師で、
桃山時代最後の巨匠、と言われる、海北友松
この展覧会で初めて知った事実なんですが、
実に遅咲きの絵師、だったんですね。
代表作含め、ほぼ60歳を越えてからの作品が多い、んだそうです。

元々は武家の家柄だったのですが、
戦国の世の、世情の移り変わりの中で、
自らは絵師の道を行き、
最初は狩野派などに学びながらも、
生涯の中で少しずつその画風は変遷を遂げ、
最後には自身の画境を確立するにいたった、んだそうです。
「生涯」とは言いながら、
初期作品はほぼ残っておらず、「若き友松像」については、
まだ謎が多いんだそう。
そんな海北友松の、今わかる全貌が、
この展覧会では余すところなく大回顧、されています。

有名なところでは、
建仁寺の大方丈の礼の間を飾った、「雲龍図屏風」
その画を前にすると、言葉が出ぬほどの、
ど迫力
魂が入っているのか?と思えるほどの、龍の凄み
墨の濃淡でそれが表されているのだから、
本当にすさまじい、です!

その他にも、
初期作品で言えば、お猿さんの可愛さが際立つ「柏に猿図」
そして、華やかさに目を奪われる、「花卉図屏風(かきずびょうぶ)」の牡丹。
それから、最晩年の最高傑作とされる「月下渓流図屏風」も、
今回は所蔵のアメリカの美術館から60年ぶりに日本へ里帰り、なんだそうで、
いずれも、圧巻でした。

宮家、公家との交わりもあって、
そこから絵師として活躍にいたる道筋も生まれていった、との話も、
エピソードとして紹介されていました。
でも一方で、自身は武家の出であり、
武門再興をはかりたいとの気持ちも持ち続けていただんだとか。
その意識が、筆致にも表れて、
「気迫あふれる筆さばき」はそこから生まれている、とも。

色々な思いが、絵にぐっと注がれていて、
それが今の時代に生きる私でさえも、
はっと、思わず息を飲むほの迫力をもって伝わってきて、
それ位の「勢い」を伴って、
今ここに、「存在」するんですもんねー。
そんな作品ももちろんですが、
どんな人物で、どんな風に最後まで筆を持たれて、
どんな心持ちで、生涯を走り抜かれた方なのかな、と、
人、海北友松、について、
とても惹かれる思いが、しましたー。

海北友松展
会期は次の日曜日、21日までです。
週末はきっと混むのではないかな、とは思いますが、
これは、見応えありますっ!是非にー!

展覧会後の色々。
お久しぶりの、考える人。
変わらず、考えておられる。
じっとお顔を見つめると、
目の下に、まさかの蜘蛛の巣。
屋外展示ゆえ仕方なし、ですけれど、
どうも目ヤニに見えてしまって、
取ってあげたい衝動にかられる。
あああああああ、、、。

















ふと後ろへまわって撮ってみると、
あれ、右膝下に、京都タワー。
さりげなく、コラボ!
おおおっ!






















そして、ちょっと背後の階段を登って、
もう一度振り返って御姿をみると、
なんと、そこには驚きの光景が!
ちょっと角度を調整して、写真におさめてみる。



いい具合に帽子に見えませんか!?


「タワー帽と考える」。


屋外展示ならでは、の、
これは良コラボ!
(見えへんかな?あかんかな?)































2017/05/16 22:12

記事検索

ブログカレンダー

  2018年06月  

SunMonTueWedThuFriSat





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30