商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
11/16ページ 総数:153件
前の10件 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11 > 12 > 13 > 14 > 15 > 16 次の10件

八重さん。



ここ2、3日、ちょっと肌寒い日の続く京都ですが、
高瀬川のヤエザクラ、その開花スピードとどまることなく、
順調に開花しています。
お写真は、店のすぐ近くのヤエザクラ。
幾重にもなった花、こんもりと咲くその様子、
ほんまに重厚で、美しいです。

私としてはヤエザクラ、とっても好きなのですけれど、
しかし!
このヤエザクラ、ソメイヨシノに比べ、
若干注目度が低い様に思われます。
(そんなことないですか?)
こと高瀬川に関して言えば、
ソメイヨシノとヤエザクラがまんべんなく植えられているんですが、
ヤエザクラがまさに主役!の頃は、
その背景に、完全に見頃を終えたソメイヨシノが見える、という構図になるので、
今ひとつ、惹き付ける要素が弱いのか、
なんとなく見逃されがちに、なってしまう様な気がします。
今日も、カメラで懸命に写真を撮っていたら、
「なんやー、桜、まだ咲いてるのもあるんですねー」
3人程の方に声をかけられました。
そうなんです!ヤエザクラは今が見頃なんです。
一所懸命咲いてます(そのように見える)ので、
高瀬川沿いを歩かれる皆様、どうぞどうぞ御注目下さいねー。


ところで、今日、写真を撮っている時、
何人かの方に、
「これは何と言う名の桜なのですか?」
お声掛け頂きました。
私、これまで
ヤエザクラ大好きさん、のように
言っておきながら、何と名前までは知らずにいました!
で、店へ帰ってすぐに図鑑で調べてみた所、
左の
薄ピンク色のんが、「カンザン(関山)で、


左の白っぽいのんが「フゲンゾウ(普賢象)」
と言うんやそうです(←多分。違ってたらゴメンナサイ!)








この後者の普賢象の名の由来、
花の中央から細い葉のようになった雌しべ

2本飛び出ていて

その様子が普賢菩薩の乗る象の鼻に似ているから、と
付けられた名なんだそうです。
へえーーーっっ、ですよねー。








2013/04/09 22:14

高瀬川なう。



高瀬川、引き続き満開ですー。
お写真、つい先ほどの高瀬川の夜桜の様子です。
高瀬川ライトアップ、夜11時までの点灯なんですが、
桜って、光をあてられると、
印象が昼間とは変わるから不思議、ですよねー。
それが人為的な演出、とは解っていても、
それでもやはり、美しい、です。
すっかり魅せられていますー!!!

予報によれば、明日は雨が降るとのこと。
桜、もう少しもてばいいんですけれどねー。
もっと、観たいっっ!ですねー。



にしても、夜の写真撮影は、
ほんま、むずかしおす。
いつだって、実際に見た感じと、
撮れたもの、の間に相当のギャップがあって、
こんなん、思てたんと違うっっっ!と嘆く結果になります。
高瀬川の桜、実際のところは、もっと美しいんですよーーー!



2013/04/01 23:00

今年も。



先ほど、見に行って参りました、
円山公園のしだれ桜
 私にとって、春の恒例!となっている、このしだれ桜、
「毎年、見るぞ!」とちゃんと意識して見るようになって、
かれこれ、もう十数年!
以前はもっと勢いがあって、
周りの空気を吸い込んでいる、かのような、
木のあるその辺りだけ、何やら異空間のような、
遠くからでも白く大きな塊のように見えるその姿、
圧倒的な存在感を誇っていました。
ですが今は、流石に老木になっており、
ワイヤーで吊られた枝も、
少々痛々しい感じはあるのですが、
それでも、やはり、
美しく、そして妖艶
周囲のどんちゃん騒ぎの喧噪など、
全く関係が無いがごとく、すっと立って静かに花を開かせている、その姿。
今年も、魅せられましたー。

今年度も今日で終わり、
明日からは、4月、ですね。
気分一新、私も頑張って参りますっ!




2013/03/31 23:31

伏見。


日中、とても暖かだった今日。
昼間、発送の荷物を取りに来てくれた宅急便の方も、
「今日は動いてると、ちょっと暑いぐらいですっー!」と仰ってました。
暑い、なんて言葉、ほんま久しぶり!!!
寒ガリストの私としては、さすがにそこまで、とはいきませんでしたが、
それでも、久方ぶりのあったかい陽射し!
思わず外へ出掛けたくなるような、今日はそんな一日でした。


さて、そんな穏やかな気候の続く中、
昨日のことになりますが、
お店の定休日であった昨日水曜、私、ちょっとした用事があり、
伏見の辺りをぶらついて参りました。

伏見、と一口に言っても、実はエリアとしてはとっても広くって、
伏見稲荷のあるエリア、藤森深草の辺はもちろん伏見、
競馬場のある淀の辺も伏見、
山を越えて東の醍醐の辺も伏見、
ぜーんぶ「伏見区」、にはいってしまいます。

で、私が昨日ぶらついたのは、伏見のまん中へん、
御香宮神社のある辺りの、酒蔵の立ち並ぶ界隈
(イメージとしては、ここら辺りがいわゆる伏見、という感じでしょうか!?)
ちょっと近くまで来たので、となんとはなしにふらっと、立ち寄ってみたのでした。


まずは、言わずと知れた、
「寺田屋」
数年前、この建物が当時のものではなく、
再建されたものであること、ちょっとしたニュースになりましたが、
それでも、この辺りを幕末の志士たちが往来していた、という事は、間違いはなく!
この道を皆さん走ってはったんかな、と思うと、
それだけでも、ワクワクしますね(笑)


そして、酒蔵をいろいろ見てまわり、
時にはちょこっと試飲したりなどもしつつ(!)
ぐるっと(ぐいっと?)一巡りしてまいったのでした。

私が昨日あらためて思ったのは、
お酒の美味しさはもちろんのこと、
やはり、水の美味しさ!
散策する中で、
酒蔵近くの路地の傍らに取水出来る場が設けられていて、
そのいずれでも、常に10名くらいの方々が取水のため
列をついて待っておられる、という場面に、何度も出くわしたのですが、
確かに、もし近所に住むことできたなら、
毎日でもペットボトル持参して頂きにいきたい!と思うぐらい、
美味しい、美味しい、お水が出ておりました。
やわらかくって、ミネラルも感じられ、そして、美味しい
さすが、古くは
「伏水」と書き記されていた事もある伏見。
酒造りが何百年と続いてきたエリアであること、
今更ながら、実感致しました!

と、伏見のお酒の奥深さに魅せられた、昨日だったのですが、
到底一日では、味わい尽くす、ことなどできるはずもなく!
時期により、各種イベントも行われているようなので、
また時間を作って、出向いてみたいと思いますー。
歴男歴女、幕末ファンの方のみならず、
お酒好きさんにも、ほんまにたまらん!エリアですよっ(笑!)
2013/01/31 22:55

初天神。


明日から再び寒波到来!の予報通り、
夜になって冷えの増している、京都です。
昼間のうちは、これ位ならまだ我慢出来る!程度の寒さだったのに、
夕方が近づくにつれ、指先、足先から冷えがじいーっっっん!と伝わってきて、
あっという間に、気温がぐっと下がった感じのある、
今日はそんな変化のあった一日でした。


さて、まだ陽の差す昼の間に、
本日出向いたのは、25日の天神さん。
しかも今日は初天神!ということで、
合間の時間を利用して、自転車こぎこぎ、
北野天満宮まで、出掛けて参りました。
(これが実はなかなか!の距離で、行きは相当に堪えました!
帰りは坂道なので、ラクチンだったのですが。
京の町の地形が北から南へ低くなってること、
今更ながら実感、痛感しました(笑!))


もちろん御存知の方も多いことかとは思いますが、
北野天満宮では毎月、
祭神である菅原道真の誕生日、及び命日にちなんで
25日に縁日(骨董市)が催されており、
1月のものは今年になって初めての縁日、ということで、
初天神、と呼ばれています。
12月の縁日の「終い天神」と共に、
一年のうちで、最も参拝者の数が増え、
相当な賑わいを見せるのが、この新春一番!の初天神、なのです。


私、初天神はほぼ10年ぶり!
露店も変わらず沢山出ていて、
骨董品や、ちょっと面白いもの、変わったもの(!)、
着物、帯の類い、そして勿論食べものの屋台まで、実に様々。


骨董品に関しては、
何か、おっ、これは!と思うものがあれば、
手に入れてみたい様な気もしながら、
お値段見るとやはり二の足踏んでしもたり、、、という風に、
自分の中で色んな意味での「納得」が出来るかどうか、の
お買い物、ということになるのですが、
これがなかなか難しく!(悩んだあげく結局今日は何も買わず!)
でも、そんな色々あれやこれや思いながら、
賑わいをみせる市の中をそぞろ歩くだけでも、
とても楽しい気分に浸ることできました。

そして、今の時期の天神さんと言えば、梅!
境内の梅、少しずつ膨らみはじめてはいるのですが、
大半は、まだ蕾の状態。
今年は寒波の影響もあって、
例年よりも開花が20日ばかり遅れているんだそう。
でも、そんな中でも、
ほんの数輪、開いている早咲きのものもあって、
寒空の下、冷たい風に耐えるかのように、
懸命に小さい花を咲かせている様子、
それはそれは可愛らしかったです!

まだしばらく寒い日が続くとはいえ、
春は着実に近づいているんですよねー。
待ち遠しいですっ!


梅の中でも、
一際、目を惹いていたのが、この紅梅!
他に開いている花がほとんど無かったためか、
カメラマンの方々の熱い視線を一身に集めておりました。
なんしか、バズーカ砲みたいなカメラを持っておられる方々は、
皆さまこの梅を狙って構えておられ、
まさに、アイドル級!の一輪でした(笑)






2013/01/25 22:35

大寒卵。


今日は二十四節気のひとつ、「大寒」ですね。
一年のうちで一番寒さが厳しい時期、とされる大寒ですが、
体感としては、少し寒さもましだったような。
とはいえ、これから立春までは寒の内、
インフルエンザも流行している、とのことなので、
気を引き締めて!参りたいところですね。



さて、お写真は、
ただの卵なのか!?と言えばそうではなく、
今日、大寒の日に産まれた、卵なのです!

大寒の一番寒さ厳しい時季に産まれる卵は、
最も滋養、生命力に富んでおり、
それを食すと一年健康に過ごせる、と言われております。
チームくりたの面々、
数年前にそれをお客様にお教え頂いて以来、
一年の健康祈願!の意を込め、
毎年頂くようにしております。
鶏がぽこっと産んでくれるところからちゃんと見届けて、
大寒の朝に大将が手に入れて来てくれはるんです。

産みたてとあって、さすがに新鮮、濃厚!
さあ、今年も大寒卵をしっかり頂いて、
この一年、健康に、元気に、頑張って参りますよーっ!


大寒卵、本来は生でごくっと食するのが良い、らしいのですが、
実は私は生卵が少々苦手!
ということで本日の賄いは「大寒卵の親子丼」と相成りました(笑)
大寒卵、風水の世界では、金運アップの効果あり!
と言われているとのことなんです、が、
あれ?その効果、私にはいまだ出ていない様子。
ここ何年か頂いているにも関わらず、おかしいな。
(数年前にもおんなじことブログに書いた様な気ぃしますけど!)
まあ、美味しいので、良し!といたします。
ほんま、新鮮どす。







2013/01/20 22:20

残り福。


今年も行って参りました、ゑべっさん!
今日は11日。
十日ゑびす大祭から一日経った、残り福!の日、です。

実は実は、昨日十日の初ゑびす、
仕事が終わった後、急いで馳せ参じたのですが、
まさかまさか、の
すごい行列
本殿へお参りするべく並んだ列、
優に50mを越えておりました。
出向いたのがすでに結構な遅い時間だったにも関わらず、
これでは、お参りするのは真夜中過ぎ、になってしまうーーっ!ということで、
いつもの
「人気さん」(=商売繁盛のお飾り)と、干支の絵馬だけ手に入れ、

「スミマセン、明日もう一度出直しますーーー!」


と社殿に向かって一礼、して退散、
そして今日の再参拝、となったのでした。

今日は少し列につくものの、然程のことでもなく。
でも、でもっ!!!!と心の中で、

ほんまは昨日のあの長い列、
あれを我慢してこそ、の福!が本来かもしれへんな
、と、(本ゑびすですし・・・)、

と、多少の申し訳なさ、を感じつつ、
その思い全て、今日の
残り福のえべっさんにぶつけてきました!

本殿前でも、しっかりお参りとお願いをし、
そして、例によって、本殿横の板戸、も張り切って叩いて参りました。

のうも、さしてもうたんですけど、ってしもて、みません、

年もより一層、んばりますので、願い致します、たのもうします!」

と少々長いセリフを、

どうかお聞き届け下さりますように!と、
8回の拳にこめ、お頼みして参りました!


今年はね、(というか今年も、ですけれど)

本当に、より良い方向へ頑張って、変化していく年にしていきたい、と
思っております。
この願い、実現するのかどうか!?
そして、この2日連続参拝、というのが功を奏するのかどうか!?
これは、また来年のご報告、です(笑)

ともあれ、今年もどうぞどうぞ、

くりたをよろしゅうおたのもうしますー。

今年のえべっさんの
My人気さん、と、巳の絵馬、です。
絵馬のデザイン、ちょっと写真では
見にくいんですが、
蛇が擬人化されている感じが、
可愛いくって、面白い!んです。
今年も玄関横にお飾りさせて頂きますっー!






2013/01/11 23:40

霜月末日。


前回の更新より少し間があきましたが。
京都の紅葉、まだまだ観光の方々の波、途絶えず!です。
実はぼちぼち、見頃は少し過ぎたかなというエリアもあるようですが、
それでも、所によっては「キレイ!」の声も聞こえたりしていて、
今年の紅葉、随分と長く、そして美しく、
人々の目を楽しませてくれています。

ここ数日の情報としては、
真如堂のあたり、あと長岡の光明寺などは、
まだまだ観られますよ!との情報がありました。
他、市内の紅葉の名所と言われる場所などは、
ピークは過ぎたかな、という感はありながら、
それでも落葉の様子、地面に絨毯のようになっている色とりどりの葉が、
とっても美しかったです!なんていう意見もあったりするので、
その時期なりの楽しみ方がある様子!
きっとこの週末から来週の半ばごろにかけてが、
こんな「名残の紅葉」を含め、
今年の紅葉の最後の見せ場となるのかもしれません。

合間をみて、あともう一回は観に出掛けよう!と
再度の紅葉狩りを目論んでいた私なのですが、
結局今年はそんな合間を作ることが出来ない!程に、
業務に追われる今シーズンとなりました。
沢山の方々にご来店頂けたことに感謝、です!
(そして、やむなくお断りしてしまった皆様には
本当に本当に申し訳なく思っております。また是非、次の機会にお願い致します。)
そして、数年ぶりの美しい紅葉、にも、ありがとう、ですー!


いよいよ明日から12月、ですね。
2012年最後の月、頑張って参りますよー。

文章ばっかりで長くなったので、
最後、おまけの写真です(!)
ちょっと前のブログにも書いた、永観堂の紅葉。
写真は11月の半ば頃のものですが、
燃えるような、思わずハッとなるような、
見事な赤、でした。
紅葉の赤って、
目に、脳裏に、焼き付きますよねー。
印象深くて、心によお残ります。
毎年、観に出掛けたくなりますもんね。
自然の威力、魅力って、スゴいです!






2012/11/30 23:53

見頃、引き続き。


紅葉シーズンも、ますますの盛り上がりを見せている京都、
先週末は、あいにくのお天気にもかかわらず、
沢山の方々が、紅葉狩りのために入洛されたようですね。
店もそれに比例して、ここ数日、バタバタとさせて頂きました。
(せっかくお尋ね下さったにも関わらず、お席ご用意出来なかった皆様、
  本当にスミマセン!でした。)

この週末は店の外に一歩も出られないーっ!という
缶詰状態が続いていたのですが、
お客様から、各エリアの紅葉の様子、町なかの雰囲気、などお聞きしながら、
気分だけはすっかりしっかり!紅葉狩り気分を味わっていました。
「きれいでしたー!」のお声が多く、
やはり、今年は当たり年であること実感しているのですが、
中には、見頃まだ一歩手前、なんてエリアも結構ある様なので、
引き続き今週も、見頃情報沢山届くことになりそうです。
今年まだお出かけでない方、まだまだ間に合いますよー!


さて、写真はかなーり前のことになってしまいましたが、
先週半ばに観に出掛けた、南禅寺.
塔頭天授庵の塀から外に出ている紅葉の美しかったこと!
その頃、まだ色付きも6分、といった感じだったのですが、
それでもなかなかに美しく、魅せられました。
ちょうど今頃、見頃をむかえているのではないかなあ、と思います。


そして、南禅寺と言えば!の水路閣
多くの方々が、ここで写真を撮っておられました。
そして、皆さん、口々に「サスペンス!」と。
そう、京都のサスペンスドラマには
かなりの確率で登場する、水路閣。
ここで、誰かと誰かが密会して、
それをまた誰かがちょっと離れた柱の陰から
苦々しい顔して見てる、
というのは、よくあるパターンです(笑)
誰もが自然とやりますね、サスペンスごっこ。


そして、絶景かな、の三門からの紅葉。
三門、いつ見ても迫力ありますー。
どっしりとした門の間から見える紅葉の赤が、
よお映えてました。

と、先週半ばの時点でもこれだけの美しさ!でした。
お客様情報によれば、まさに今が見頃なんだとか。
私が見に行った頃は、水路閣の反対側など、
まだまだ木によっては緑も多かったのですが、
あれが一面赤になると、それはそれは見応えがあるやろなあ、と思います。
紅葉の名所、と言われる南禅寺なので、
おそらく今の時期とても混み合うかとは思うのですが、
スケ—ル感、ぱあっと広がった見晴らしの良さは、
一見の価値ありか、と思いますー。



2012/11/19 23:44

陶器まつり。


日中、暑い日が続く京都です。
ここ2、3日は少しまし、という声もあるのですが、
それでも、
暑い、暑い
高瀬川の蝉も、大合唱。とっても賑やかです(笑)
暦の上では立秋も過ぎながら、
体感は夏真っ盛り、といった風。
これぞ、京都の蒸し暑さ!
でも、これこそが盆地、京都の夏、です。
この暑さ、無かったら無かったでなんか物足りひん!気がしてしまうかもしれないので、
何とか順応すべく、水分取りながら頑張る、今日この頃です。

さて、そんな暑い最近の、徒然。

2日前の定休日水曜には、恒例の
五条の陶器市へ。
(実は開催は今日までです。過去の内容の記事にてスミマセン!)
いつもは仕事終わりに急いで駆けつけて、
お目当てのところをさあっっと見る、
というのがパターンなのですが、
今年は張り切って午前のうちから馳せ参じました。
時間をはずしたつもりが、この日は朝からかんかん照り!で、
已む無く暑い中、色々と物色致しました。

陶器まつり、楽しいです!
清水焼の陶器はもちろん、
その他いろんな窯元、いろんな作家さんの作品が見られて、
多種多様、気軽に、気楽に楽しめますー。
毎年開催されてますので、是非。

そして、ぐるっと器を見終わった後、

六道珍皇寺さんへ六道まいり
お盆のお迎え、をして参りました。
境内にある「迎鐘」をひいて、ご先祖様をおむかえし、
16日の大文字の送り火によって、再びお帰り頂くという、
京都の一連のお盆の行事、なのですが、
その境内の様子、なんとはなしに写真に撮ることできず!
霊をお迎えする(呼ぶ?)のですもんね、
なんとなーく、気が(腰が?)ひけて。
だって、境内には
「十界の図」という地獄絵が飾られたりしており、
「悪い事したら、地獄へいくんやで!」
地獄絵をみながら教え込まされていた
遠い昔の幼稚園時代のことを思い出したり、で、
なんとなくそれがトラウマ、いやいや、
良い教訓になっている私としては、
自然と写真撮影は尻込みしてしまったのでした(苦笑)

そんなこんなの、ここ2、3日。

オリンッピックもいよいよ最終、ですね。
熱い応援、その勢いそのままに、
くりたは定休日水曜を除き、
お盆期間中も営業致しております!
皆様、是非にー。
2012/08/10 22:35

記事検索

ブログカレンダー

  2020年01月  

SunMonTueWedThuFriSat



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31