blank_banner
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
1/69ページ 総数:683件
1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11 次の10件

恭賀新年。


あけましておめでとうございます。
明けて、はや4日、
今日より仕事始め、という方も多いことかと思います。
さて変わらず厄介なのは「見えぬ敵」、
またしてもエリアによっては宣言発令とのこと、
本当に悩ましい限りです、、、。
でも、出来る予防をしっかりとするということしか、
今の所術はないようなので、
(しかも、万全のつもりでも罹る時はかかるのですものね、、、)
引き続き、きっちり用心に心掛けながら、
過ごしていこう、と改めて皆で話したりしております。

そんな2021年、ブログ最初の今日は、
色々とお知らせ、などー。


まず、お写真。
すっかり毎年恒例となりましたが、
店では1月中、お献立の最後にお出しするご飯の代わりに、
「白味噌のお雑煮」をご用意させて頂きます!
上写真は、毎年特別に用意してもらっている、
必須アイテム、特製のお餅
と、他、具材は頭芋に亀甲大根、日の出人参、
それに白味噌がベースとなる、京都ならではのお雑煮なのです。

すでに昨日、今日、と、お食事の最後にお出ししているのですが、
白味噌雑煮初体験!の皆様からは、

「ええっ!? こんなに、白いんですね!」

「思ったよりも甘くはない!どちらかと言えば、
甘さが非常に心地が良い感じがしますねー!」

「こんなに美味しいものとは、知らなかった!」

等々、いろいろなご感想を、多数お聞かせ頂いております。
ちょっとびっくり、でも一度味わうとなんだか癖になる、
そんな方が沢山おられて、
毎年この「くりた白味噌雑煮月間」を目指してご来店下さる、
という、白味噌ファンの方も、沢山おられるんですよー!

白味噌のお雑煮、
今月末まで、ご用意させて頂きますので、
ご興味をお持ちの皆様、
あるいは京都在住の方でも、料理屋の作るお雑煮はどんなんかなー?と
ちょいと気になって下さる皆様、
是非一度、お試しくださいませー。
(もちろん、お雑煮ではなくご飯の方が良い!という方がおられましたら、
対応させて頂きますので、ご予約の際にお申し付け下さいませね。)


続きましては、これも冬の恒例、
「くりたのぐじしゃぶ鍋」
今の所、1月20日前後の販売開始を予定致しております。
ぐじ(=一汐ものの甘鯛)と、冬の美味しいお野菜、
それから、上写真のお餅に、生麩、湯葉、
特製のストレート出汁などが一つになった、
くりたの冬の自信作、お鍋セット、です。
また販売開始の折には、ブログにてご案内させて頂きますので、
何卒宜しくお願い致します!


それから、冬の「おうちでくりた」
ご家庭でくりたのお味を楽しんで頂こう!ということで、
昨年春より販売をさせて頂いておりますこの企画、
年末に一旦お休みを頂戴しておりましたが、
「2021年冬版」を1月半ば頃より再スタートさせて頂く予定にしております。
冬の色々、味わって頂けるようなあれこれ、
今ラインナップを急ぎ検討中でございます。
また詳細決まりましたら、これもブログにてお知らせさせて頂きますので、
どうぞ、どうぞ宜しくお願い致します!


そして、年末にもお伝え致しましたが、
なんと、くりたのウェブサイトが新しくリニューアル致しておりますー!
(→新HPはこちらです)
また、遅ればせながらインスタグラム も始めております。
気軽に、日々の色々なこと、食材など、
お知らせできればなー、なんて思っております。
また機会があれば、覗いてやって下さいませねー。



という訳で、
くりた2021年、いよいよスタートです。
店は、明日5日〜8日までは一旦お休みとなりますが、
9日(土)より本始動させて頂きます
底冷えの冬だからこそ美味しい!旬の美味、
しっかりとご用意させて頂きますので、
皆様、是非ご来店下さいませーーー!

本年も何卒宜しくお願い致します。

京料理 くりた
一同







2021/01/04 23:23

大晦日。


あっという間の、大晦日ですね。
振り返れば、常とは違う生活を余儀なくされたこの2020年、
世界中が禍に見舞われた今年、
店にとっても間違いなく、試練の年でありました。
制限のある状況の中で、どんな方法を取っていくのか?ということ、
常に考え、少しずつでも行動に移して形にして、、を繰り返して、
頭も体もフル稼働!で過ごした、年前半。
大変な「禍」中ではありましたが、
店の料理をご家庭でお楽しみ頂ける、
「おうちでくりた」のご提供など、新しい試みにも挑戦し、
沢山の方々に御利用を頂き、ご感想を頂いたりもして、
店にとっては、貴重な経験をさせて頂くことのできた、
それは、本当に有難い機会、でもありました。
あらためまして、御利用を頂きました皆々様へ、
この場にて、心より御礼申し上げます!
12月中は、おせち業務のためお休みをさせて頂いていた
「おうちでくりた」ですが、
1月以降、新しい冬のラインナップと共に再開を予定致しております。
また詳細決まりましたら、ブログにてお知らせさせて頂きますね。

そして、その怒涛の12月のおせち仕事ですが、
先程、最後のお客様へのお渡しを完了!させて頂き、
今一先ず、一連の作業を無事終える事が出来ました。
とはいえ、まだこの後も数日は、
「美味しくお召し上がり頂けているだろうか?」等々、
色々と思いながら過ごすことになるので、
まだ気の緩められぬ日がしばらく続くのですが、
まずは、いつも通り無事にこの時をを迎えられたこと、
一同、心より安堵しながら過ごす、2020年大晦日の夜です。

さて、徒然ですが、
もう一つ大事なお知らせを。
実はご案内が遅れましたが、
弊店のウェブサイト、この12月にリニューアル致しました!
(新ウェブサイトはこちらです→)
通販のページも盛り込んだ新しいHP、
これからどんどん内容、情報も充実させていきたいと思っております。
宜しければ、是非ご覧くださいませねー。
と同時に、なんとインスタグラム も開設いたしましたので、
こちらも是非覗いて頂ければ、と幸いでございます!
(なにぶんまだ慣れず、アップ数も少ないのですが(!)、
これから季節の食材の色々など、お伝えできればなー、と思っております)

では、今年も残すところあと数時間となりましたが、
御利用を頂いた皆様へ、
本年もご愛顧誠に有難うございました。
これからも、色々なことに挑戦、模索しながら、
旬の美味を皆様に味わって頂けますよう、
一同、前へ前へと進んで参りたいと思いますので、
2021年のくりた、どうぞご期待くださいませ!
来年も何卒宜しくお願い致します。

では、大寒波の年越しになりそうですが、
皆様、良いお年をお迎え下さいませー!


最後にお写真を。
おせち作業中にご紹介したかったにも関わらず、
時間が無く掲載を断念した、これ。
上写真、「葉蘭(はらん)」です!

これを丁寧に小刀で細かく切って、
いわゆる、仕切りのバランを作ります。
お重の中では、
もちろん脇役ではありますが、
品目同士の味が混じったりしないよう、
細かくこのバランを挟んで境界にして、
各々のお品を詰め合わせていきます。
一つのお重を仕上げるために、
これ絶対欠かせぬ重要アイテムなんですよー!


2020/12/31 19:45

豆くわい。


「豆くわい」です!
芽が出る=めでたい!ということで、
おせちの品目としては
欠かせぬアイテムの一つかと思います。

オモダカ科の水生植物で、
水のある田圃のような場所で栽培される、
クワイ。
普段食用としているのは、
地下に出来る塊茎(かいけい)の部分、
なんですね。
左写真は、広島県福山から。
豆くわいなので、
芽の部分合わせても5センチほど。
小さな、ちいさな、くわいなんです。

ほくっとした食感に、
なんともいえん、ほろ苦さ。
子供の頃は、この魅力が全く
分かりませんでしたが(!)
今は、
おせちの中にこれが無いのは寂しい!と
思えます。
口に入れると、なんだかほっとする、
優しい味わいなんですよねー。


これを一つずつ、六方剥きに。
その量、なんと全部で、2.5キロ分!
どうしたって時間が掛かりますけれど、
焦らず、丁寧に、でも手はしゃかしゃか動かして。
作業自体は、無心になって剥きながら、
頭の中では、今後の予定を組み立てたりして。
この時期においては貴重な(!)、
考え事の出来るまとまった時間であったりもするんですよー。

ともあれ、大切な下拵え、
頑張りますっ!
























2020/12/19 22:07

年末年始の営業予定につきまして。


寒いですね、、、。
本日店は定休日なのですが、
おせちの準備の準備の作業に勤しんでいる、一同です。
食材を扱うことを考えると、寒波は有難くもあるのですが、
厨房の底冷えときたら、尋常ではなく!
さすがの大将(→暑がり代表)も、厚着を余儀なくされ、
(11月でも、半袖の時がありましたのにね)
コロンコロンになって、あれやこれや、手を動かしております。

さて今日は、表題のお知らせを。
通販サイトのトップページでもお知らせしておりますが、
年末年始の営業予定について、以下にお伝えさせて頂きます。


◉実店舗について


年内は24日(木)の夜まで営業をさせて頂きます。
そして12月25日(金)から1月2日(土)まで
休業
させて頂きます。


続く1月3日(日)、4日(月)は夜のみ営業をさせて頂き、
続く5日(火)〜8日(金)は休業
9日(土)以降は通常通りの営業
させて頂きますので、
何卒宜しくお願い致します。

◉通販サイトについて

年内
24日(木)までのご注文を承ります
(年内に到着するよう発送させて頂きます。
25日(金)から1月11日(月)までは発送業務を休業とさせて頂き、
年始は1月12日(火)より、ご注文を承ります
(上記休業期間中に承りましたご注文につきましては、
11日以降の発送となりますので、何卒ご了承下さいませ。)

変則の営業日となりますこと、大変恐縮ではございますが、
ご容赦頂きますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

以上、何卒宜しくお願い致します!

最後に、お写真。
干し柿、第一弾が完成いたしました!
濃い甘味、程よいかたさ、
なかなかの仕上がりですー。



























2020/12/16 17:19

我も走る!


師走、ですねー。
今年もあと一ヶ月、、、などという台詞、
ニュースなどでも何度も耳にするようになっていますが、
今年について言えば、なんとも言えんやるせなさ、感じざるを得ません、、。
「ええ!?もう!?」というのは、
例年、12月に思う定番の感覚ではありますが、
こと今年に限っては、
きちんと過ごせた感、があまりにも乏しくて、
どうにもこうにも、の気持ちがいつもより強く残るのですが(!)、
暦はもちろん否応無しなので、
2020年最後のカウントダウン、もう始まっております。

そして、
「店にとり一年最後の試練の月」であるという事実も、
同時に変わらずやってきていて、
このような状況であったにも関わらず、
今年も例年変わらず、最後の月を迎えられておりますこと、
これについては、心より感謝!しつつ、
今、日々作業を重ねております。

試練、それは、
言わずもがなの「おせち」作業!なのですが、
料理屋にとっては、一年の終わりの締め括り、
最後にして、これを終えずしては年を越せず!という、
いわば「総括」の一仕事、
いよいよ、その一連が始まっております。
今はまだ「準備の準備」のようなものが多いのですが、
これから毎日、少しずつ作業を重ねていくことになります。


という訳で、今日も色々と合間作業。
お写真、「ちょろぎ」です!
シソ科の根菜で、
漢字では「長老喜」「千代呂木」、等、
縁起の良い、お正月の食材の一つ!とされています。
紅く染められたものが黒豆に入っている姿で、
見慣れておられる方も多いかもしれません。

さて、このちょろぎ、
店ではまず第一段階の作業として、
両端の出っ張りの1ミリほどを、一つ一つナイフで取り除きます。
もちろん、かなりの量になるので、時間はきっちりと要するのですが、
でも、この作業を怠ると、
出来上がり、仕上がったものを口に入れた時、
ちょっとした違和感が残ってしまう、ことになるので、
この作業は、どうしても欠かせません。
丁寧に、カットいたします。

実は、
「弊店のおせちの中の品目で何がお好きですか?」
お買い求めの皆様にお尋ねしてみると、
なんと、この「ちょろぎ」がいつも上位にランクインしてまいります。
本当のところを言えば、
これよりももっともっと段階を経て、
仕上がりまでに苦心をする品目は他に沢山あるのですが、
それを抑えてでも(!)
美味しい!というファンが後を絶たない、という、
なんとも小憎い、この食材です(笑!)
(ちなみに大将も、ちっちゃいころから、ちょろぎ好きやってんーーー!と、
ちょろぎ大好き、ちょろぎ推し!笑!)

ともあれ、
美味しいところ、へもっていくための、下準備のカット作業。
大変でも、欠かせませんー!

さてさて、いよいよ12月、
師も走るが、我も懸命に、走ります!
2020年ラスト、頑張ってまいりますよー!














2020/12/05 22:04

惜しみつつ。


11月も残すところあと3日、
京都市内の紅葉もシーズン最後の時を迎えています。
名残の時期とはいえ、週末ということもあって、
今日もなかなかの人出であった様子、
でも、

混んではいましたけれど、
人で地面が見えない!というくらいの混み様では、無かったです!

散りモミジも美しくて、鮮やかな絨毯のようでしたー!

等々、
御来店の皆様からは、今のタイミングでの紅葉の楽しみ方について、
色々とお話お聞きすることができました!

年によっては、12月初め辺りまで楽しめて、ということもある、
京都の紅葉ですが、
今年はおそらく、月末の来週半ば頃まで
といった感じになるのかな、と思います。

気分的には、11月中は、まだ秋だ!という感覚があるんですが、
そろそろ季節もかわって冬がやってきますね、、、、とか、
気が付くと、今年もあと残すところ一ヶ月ちょいなんですよね、、、、、とか、
最近ちらちら聞こえてくる、現実的な巷の暦話には耳を塞いで、
お願いだから、せめて11月一杯だけは、
秋気分でいさせておくれ、と、11月だけはーーーっっっ!
、と、
残る月末の数日を大切に過ごそうとしている、私です(笑!)
皆様はこの秋、どのようにお過ごしになりましたでしょうか?



、、、とはいいながら、
店では着々と こんな準備が始まってしまっております。
お写真、なんと「数の子」なんです!
言わずと知れた、ニシンの卵、なのですが、
上のものは、北海道産、つまりは国産!なんです。
店で毎年「おせち」の中にお詰めする数の子、
今日、今年のための「試し買い」ということで、
初入荷いたしました!

やはり、
歯応え、香り、粒の感じ
が、
外国産のものとは格段に違うので、
おせちにお詰めするは国産のもの、と決めています。
お入れするのは、ほんの「数切れ」なので、
それだけに、
確実に、その一口で満足を感じて頂ける様なもの、
「これ、美味しいなー!」と唸ってもらえるようなものを、
お召し上がり頂ければな!という思いで、
いつも厳選したものからお作りし、お詰めしております。
今から準備の準備の作業、本番にむけての試作にかかりますー!
今年も美味しいもの、お作りしますよー。


、、、という訳で、
もう体は色々と年末に向け始動してしまっていて(!)
心だけは、まだ束の間でも、秋を楽しみたいな、、、
と切に思う今日この頃(私的にはあと3日、笑!)
名残惜しいっ、ですね、、、、。






2020/11/28 22:30

ヤイトガツオ。


連休も明け、賑わいも少し落ち着いてきた感のある、京都です。
先週末の3連休は、
さすがにどこも沢山のお人さんだった様子で、
ニュースでも盛んに伝えられていた、嵐山界隈はじめ、
清水寺やその他名所と言われる各エリア、
久し振りの混雑ぶり、活況であったとのことですねー。

肝心の紅葉も、
どうもその連休あたり、あるいは連休少し前、位の時期が
見頃となっていた所が多い模様。
ですが、その頃から今にかけて、よく聞こえてくるご意見が、
一つのところを訪れても、
中には確かに見頃を過ぎて赤茶けている木もあれば、
一方では、緑から橙へのグラデーションが見事!という木もあって、
一所でも、木によって進み具合がバラつきがある気がする、というもの。
急激に温度が下がった数日があった影響なのでしょうか?
そのようなご感想を、多くの方からお教え頂きました。

なので、おそらくまだ少なくとも月末あたりまでは、
名残の紅葉狩り、楽しめるのではないかな?ということ、想像しています。
また、今の時期、
散った紅葉の葉が地面に折り重なる様になった、
散り紅葉の風情も、また綺麗!なんですよねー。
京都の紅葉もいよいよラスト、
これから出向かれる皆様、今の時期ならでは!の美しさ、
楽しんで下さいませねー!


ちなみに、今日お教え頂いた紅葉情報。
嵯峨野の鹿王院、今とても綺麗で、ひっそりと佇む風情の中、
ゆっくりと楽しめましたー!とのことでした。
方面へ行かれる方々、どうぞご参考までにー!



さて、お写真。
銀色にきらっ!と輝く、見事な紡錘形、
引き締まって分厚い、この美しい魚体!
「ヤイトガツオ」です!
写真のものは、長崎から。
正式名称は、「スマ」、といい、
エリアにより、「スマガツオ」、「ホシガツオ」等、
呼び名が変わるらしい、です。


ヤイトの名は、お腹のこの模様、
お灸のあとに似ている斑点があることから、
つけられたんだそうです。


漁獲量が少ないので、
市場での流通は、ほんの一時なのですが、
これが、美味しいの、なんの!
脂ののり、キレ、旨味、甘味、
兎に角、非常に、美味。
流通する期間が短いのが、残念で仕方ない!、、と
思わせてくれるくらい、
一度存在を知ってしまったなら、
その登場を心待ちにしてしまう、
この時期の、お楽しみ、なのです。

店では、表面をちょっと炙って、
辛子とポン酢醤油を合わせて、すっきり、きりりと。
この、香ばしく濃い旨味と辛子、お酢のお加減のマッチングが、
これまた、これ以上にないくらい、良いのです!

ヤイトガツオ、
入荷は日によりますが、
これからほんのしばらく、夜のお献立に登場予定、です!
たまらんですよー!皆様、是非に!

この色、この張りツヤ、
思わず、見惚れますー。




















2020/11/26 22:32

からすみ。



とうとう、こんな作業も始まり出しました。
「ぼらこ、入ったたけど、写真撮るかー?」
と、朝、大将からの一声。
ああ、もうそんな時期なのか、と、
は、と気が付きます。

「ぼらこ」=「ぼらの卵」
この「ぼらこ」から出来上がるのが、
いわゆる、「からすみ」なんですねー。
毎年、紅葉が見頃を迎える頃、
店へどさっと箱一杯の「ぼらこ」の入荷があって、
そうなればいよいよ、
からすみ作業のスタート!なのです。

一つ一つ血を抜いて、塩水につけて、
最終的に丁寧に風を当てながら干して、、、と、
これから日々、
工程が重ねられることになります。

自家製のからすみは、
塩分を調整出来るのが良い!んですよね。

辛すぎず、絶妙な「塩梅」に、仕上げます。
完成は、来月半ばすぎになるでしょうか?
今年も美味しいのん、出来ますようにー!

何かと気掛かりが多くて、
色んなことが「常とは違う」状況の多い、
この「禍」中ですが、
季節のものは、
その時期になれば必ず巡ってくるので、
その姿を見て、自分の中の時間軸が正される、
というのか、時を再確認する、
というような感覚があります。
もちろん、気候不順などによって、
不作や不漁、良し悪しだってあるのですが、
その時期がくれば、必ず登場してくれる、
季節の、いろいろ。
自然の恵みに、ほんまに感謝!の思いのこの頃、です。

2020/11/20 22:38

小蕪。



お写真、「小蕪」です!
肌は白くて、ピンとハリがあって、
ツヤっと艶やかな、「べっぴんさん」の小町蕪。

秋のかかりから登場し出した小蕪も、
そろそろ、名残りの時期、です。
店では京北町のものをよく使うのですが、
この、見るからに美味しそう!なものを
確実に仕入れる、ということが、
小蕪の料理には、非常に大事、なんです。

葉付きで、生き生きとしたエネルギーを放つ蕪が、
厨房にがさっと置かれている、
というのが、ここ数週間の見慣れた風景で、
ツヤツヤの姿に、日々元気をもらっていましたが、
そんな蕪も、
もうシーズンの最後の時期にかかろうとしています。
なんと、名残惜しいっ!

店ではこの時期恒例、「ふろふき蕪」に。
魅力はなんといっても、その甘味
野菜の持つ、自然の甘さ
とことん優しく、とことん、深い
じわりじわりと、沁み入るような、
なんとも言えん、心地良さがあるんです。
上にかけるゆず味噌ともあいまって、
本当にほっこりする、お味、なんですよねー。

小蕪、あとしばらくお献立に登場予定です。
優しい嬉しい、秋の味覚、です。
皆さま、是非にーーー!


さて最後に、現在の紅葉の状況など。
どこのエリアもまだ青葉のところが多いうようですが、
町歩きをされた皆さまから、
「中にはほんの数本、色づき始めている木がありましたよ!」
とのお話も、ぼちぼち、お聞きするようになっています。
来週は朝晩冷える、との予報もあるので、
次の一週間で、ぐっと進むこと、期待しています!






2020/11/07 23:23

本ししゃも。



届きましたー!北海道から秋の味覚、
お写真、「シシャモ」です!
産地は、むかわ町のの鵡川産
正真正銘の、「本」シシャモなんです。

本、とあえて書くのは、
これ、もうシシャモを話題にするとき必ず出る雑学ネタなので、
ご存知の方も多いかとは思いますが、
広く、スーパー等で比較的安価な値で売られているししゃも、
あれ実は「カペリン」という、別のお魚、なんですよね。
形が似ているから、という理由で、
「子持ちししゃも」等の商品名で、代用品として出回るようになったとのこと。
カペリンは、

ノルウェーアイスランド等が主な産地で、
海で一生を過ごす海水魚
一方、本物のシシャモは、
川で孵化して、その後海に降って成長をし、再び川に戻って産卵をする回遊魚
なので生態からして、全くの別物、なんです。

形こそ似ているとはいえ、
味も、これまた完全に、別物
脂ののり、旨味の濃さ、食感、
とにかく、風味が全く違うんです。
美味しいの、なんの
これは説明のしようが無いほど。

毎年、入荷を心待ちにしているのですが、
今年は少々不漁で、漁獲量が少ないんだとか。
でも、なんとか今年も無事入手!
よくぞ、来てくれた!と、
感激も一入、です。

左は、メスのししゃも
お腹には卵を抱いています。
この卵の旨味と言ったら!
とにかく、濃い、とにかく、美味い!
そうとしか言いようがない(笑!)











そしてこれ。
左写真、なんと、
オスのししゃも!なんです。
ししゃもと言えば、
メスにばかり目が行きがちなのですが、
実はオスもかなりの美味
卵に栄養を取られない分、
身に深くて濃い、旨味があるんですよー。








本シシャモ、
これからしばらく、夜のお献立に登場予定です。
美味しいですよー、皆様、是非にーーー!

(但し、入荷は日によりますので、御用意出来ない場合もあります。
また、上記の通り、不漁により流通も少ないことが予想されますので、
もし、どうしても!という方おられましたら、ご予約の際に
詳細をお尋ねくださいませねーーー。)








2020/10/24 23:18

記事検索

ブログカレンダー

  2021年01月  

SunMonTueWedThuFriSat





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31