blank_banner
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ

夏至、日食。



今日は夏至、ですね。
そして今年はそれに加えて、
この日の夕方、全国的に部分日食がみられるんですよ!
ということを、数日前にニュースで知り、
それはちょっと見てみたいな、という思いに駆られ、

この日をちょっとだけ待ち構えておりました。
見えぬ敵相手に、何かと抑えがち構えがちな心地で過ごす中、
そんなこと全く関係のないところで、
確かに動く天体の世界を見届けよう!と、
でも、晴れるだろうか、どうだろうか、と迎えた、
今年の夏至の今日。

そんな気構えでいたのに、
あいにくの、曇天!
この梅雨時期にもかかわらず、雨は降らず、という
希少タイミングにもかかわらずの、曇り空!
随分と前に手に入れた太陽グラス
(たぶん、2012年の金環日食の時やったかと思います)
を、引っ張り出して準備、
開始時間、とされる16時頃より観察を続けましたが、
終始その姿はぼやっと、しておりました。
それでも、お!欠けてる、欠けてる気がするぞ!となんとなく実感できる時もありつつ、
基本的には輪郭は曖昧なままで、実に惜しい!状況でありました。
でも、
店のすぐ近くで、グラス片手に
(→太陽観察専用のやつです)
仁王立ちしていると、

「あ、日食ですよね、見えますか?」
「もう欠け始めてます?」
「何見てはるんですか?」

等々、
道ゆく方々と、色々な会話が繰り広げられたりして、
日食は見えずとも、
それはそれで、楽しいひと時でした。
でも、雲の厚みが弱まったほんの僅かな時間ですが、
欠けている様子をグラス越しに目に留めることも出来、
しばらくの間、天体の不思議に思い浸りました。

次に部分日食が全国的に見られるのは、10年後、とのことですね。
その時、どんな風にコロナ禍の今日を振り返っているかな?と、
グラス片手に
(→太陽観察専用のやつです!8年前のやつね!)ふと思う、
本日、夏至日食、の1日でした。


さて、最後に。
6月には欠かせない、とある甘味のお写真を。

このお菓子に、
これ程までに念を込めて接することになろうとは。
本来、夏越の祓の日(30日)に頂くお菓子ですが、
店では例年この月の間、
お食事後の御茶請けとして皆様にお召し上がり頂いております。

禍が、早く過ぎゆきますように、
この半年の厄を、祓えますように。

なんとはなしに、常よりも思いは高まります。
にしても、大納言の、いつもと変わらぬ深い甘味は、
ほんまに安心感あります!
甘い、美味い、間違い、ないっ!!!
このお菓子の詳細は、
また本番の日にご紹介いたしますよねー!

一粒、ひとつぶの豆の甘み、うまみが、
ほんまに、沁みます。
ほうっと、体がゆるみます!
だいなごーーーーんっ!!!!!














カテゴリー[くりたのお料理]
投稿日:2020/06/21 23:06
現在コメントはありません。

記事検索

ブログカレンダー

  2020年07月  

SunMonTueWedThuFriSat



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31