blank_banner
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ

似魚。



業務後の、1日が終わったこの時間、
次の日の仕込み&準備作業に勤しむのが、
日々の大事な繰り返し、です。

、、と本日も、今日の仕込みは何かなーと、大将の作業を横目に見ていたら、
バットの中にあったのが、これ。

手前は穴子に、奥はうなぎ
別々でいたなら、見た目の違いを確実に説明が出来そうにないお二方が、
バットの中で一堂に会しておりました。

実は、
最初に作業横を通った時には「穴子」のヒレ切りの途中で、
お、明日の穴子御飯、ちらし寿司、用だなー、と、
思っていたところ、
次に横を通った時には、
それが「うなぎ」のヒレ切りに変わっていて。
あれれれれ、さっきは穴子やったはずやのに、
見間違えだったか?いやいや、似てるとは言うてもな、、と、
立ち止まりじいっと確認をすると、
二者同時に作業を進めている、という状況であったのでした。
なんか、似てるもんふたつが一堂に会す、って感じですねー、と、
思わず口にしてみたら、

ん!?料理人としては、調理をする時の扱いが違うから、
似てる、という感覚は薄れてるけど、、、似てるっちゅぁー、似てるかなあ。

と、大将。

もちろん、そうなんです、当然別物なんです、
でも、
細長くてぬるっとしてて、大きさもほぼ同じで、という姿形のことだけで、
なんとはなしに、似てるなー、と思わず思ってしまうのです!
そもそも両者は、
住む世界も違うし、
(穴子は海、うなぎは川というか、厳密に言えば生まれは海で、うなぎの姿になるのは川、の回遊魚)
栄養価も違うようだし、
しかも料理法も違えば、完成したお料理としての形も違うし、
それぞれの美味しさが確立されていて、
もちろん、違うお魚だ!との認識はありながら、
でも、
この調理前の生の状態の姿は、似てるよな、と思ってしまうんだよなー、と、
小さく呟いています(笑!皆さん、そんなことないですか?)


ちなみに、
手前のこれが、穴子で、














奥のこれが、うなぎ。














並べると、そらもちろん、全く、全然違うんですけれどねー!!!
うなぎの方が色も青黒くて、顔もしゅっとしてます。
穴子の方が、あごラインが丸みを帯びた感じ、でしょうか。

、、と、今日は、
穴子とうなぎ、並べてみると?のお話でした。
店では、なかなか一緒、同時での姿を見かけないこの両者、
(これはただただ、タイミング、ということだけなのではありますが!)
並べば、似て非なるもの、であること、
再確認!致しました。
これから各々、さらに美味しい形、お料理へと、
それぞれ変化を遂げていきますー!



カテゴリー[くりたのお料理]
投稿日:2020/05/30 21:45
現在コメントはありません。

記事検索

ブログカレンダー

  2020年07月  

SunMonTueWedThuFriSat



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31