商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ

春、香る。



昨日のことになりますが、
午前中、仕入れから戻った大将が、
これ見てみ、、、とスマホで撮った写真を見せてくれました。

これなんと、錦通。
御存知、京都の台所と言われる錦市場、
写真は昨日、日曜日なのですが、
とても静かだったんだそう。
ついこないだまでの、
日曜日の午前中の錦といったら、
お人さんがあまりにも多くて、
歩くのも難儀する程、でした。
なので、
目的のお店へ行くには、相当考えて、
縦(=南北)の筋から
うまいことアクセスしないと、
到達出来ない!というのが
常だったのですが、、、、。
今は、こんな状況なのです。














「こんなに通りの奥まで見通せるって、
見たことない光景や、、」と、大将。

致し方なし、とは言いながら、
ほんまに、大変なことです。
でも、
今はしばしの我慢、ですよね。
事態が終息の時を迎えて、
また、以前のような活気の戻る日が、
1日も早くやって来ますように。




















さてそんな中、
店では春の美味、外せないこれ!も、
日々入荷致しております。

お写真、
今が美味しい、「筍」です!!!
写真のものは、京都の塚原産
もちろん、今朝の朝掘りです。
毎年懇意にしているところから、
今年も新鮮で上質な筍、
毎日入って来ております。
届いたらすぐに湯がいて、
新鮮な美味しさをキープします。
左は湯がいた後の、状態。
筍は兎にも角にも、
掘り上げてから湯がくまでの時間、
その鮮度が命、なのです。



京都の筍は、まさに今からが旬
甘くて、柔らかくて、
口にいれて噛むと、
鼻からはふううううっとっと、
なんとも言えん、筍の香りが。
これぞ、春、なんですよねー!











実は、毎年この時期、
店で大きな筍をしっかり頂く
ということを春の楽しみに御来店下さるお客様、沢山おられます。
そして皆様から、
「本当は、今年も行きたかったのですが、、、、、、」と、
筍を惜しむお声、本当に多数、お聞きしておりました。
それならば、
なんとかご自宅でも筍を楽しんでいただこう!と、
今、「鯛と筍の炊き合わせ」、のセットを、
お送りさせて頂いております。

鯛は明石の天然鯛のあら煮、
筍はもちろんその日の朝掘りの塚原筍を速攻湯がいて出汁で炊いて、
その他、付け合わせの具材も添えた、
「おうちでくりた」、のシリーズの一品、となっております。
各々の具材を別々にパウチをしてお送り致しますので、
到着後は、ちょっと温め直していただいて、(→これだけが少々お手間入り、ではあります)
お皿に盛り付けて、お召し上がり頂く、という段取りです。

すでに御利用頂いた皆様からは、
「京都の筍、今年も存分に堪能いたしましたー!」
喜びのお声が、届いております。

今、こんな形で、
発送をさせて頂いたり、お持ち帰りを頂く機会が、
日毎に増えて来ていて、なんと、なんと有難いことだろう、、、、と、
それが一同の今の日々の励み、原動力になっております!
皆様のご要望にお応え出来るよう、
これからも「おうちでくりた」のラインナップ、
増やしていこうと思っております。

、、と、おうちでくりた、のこのフレーズ、なんと先ほど上↑の部分書きながら、
思いついてしまいました。
シリーズと書きましたが、まだまだの商品量、ですので、
これからもっと種類を増やしてまいりますね。
「おうちでくりた」、宜しくお願い致します!

左、「鯛と筍の炊き合わせ」の、
盛り付けイメージ、です。
鯛のあら煮の甘辛い汁を、
筍に少し絡めながら
お召し上がり頂くのも、
これまた、◎なんですよーーーー!

発送、ないしはお持ち帰りのお料理に
ついて、
もし気になる方おられましたら、
どうぞ、どうぞお気軽に、
お尋ね頂ければ、と思います。
御連絡、お待ちしております!






カテゴリー[くりたのお料理]
投稿日:2020/04/13 21:46
現在コメントはありません。

記事検索

ブログカレンダー

  2020年05月  

SunMonTueWedThuFriSat





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31