商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
9/13ページ 総数:128件
前の10件 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11 > 12 > 13 次の10件

効果的な足湯!


足が赤くなり、じんわりと体から汗が出るまで浸かりましょう。 

バケツにお湯をためても出来ますが、お湯がすぐに冷めてしまうので
保温機能付きの足湯器がおすすめです。 

足や足指を動かすと、血液がさらに促されて、疲れが取れやすくなります。 


コーヨーライフよりホームページ
http://www.not55.com/
2008/09/22 14:29

こまめな足湯習慣で、小さな冷えもシャットアウト!


毎日の行動を支えているのは、なんといっても「足」
あなたは足をいたわっていますか?
 
足は特に老廃物がたまりやすい場所。
 長時間きつい靴の中に足をつめこみ、休む間もなく歩き回っている人は、
外出先から戻ったら、こまめな足湯でリラックスタイムを。 

足湯をしながら、足をいたわる時間を持てば、気持ちよく休まるだけでなく、
いろいろなアイデアが頭に浮かんで、文字通り自分の足元をしっかり
見つめ直す時間にもなることでしょう!
 

コーヨーライフより
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/09/19 11:50

1日2回の入浴プラス足湯が基本です!


入浴は「冷え」を取るためにいちばん簡単で効果的な方法です。
 でも以外に多いのが「忙しくてお風呂に入る時間もない」という人たち。
 
朝風呂なんてもってのほか、夜だってお風呂に入るより1分でも早く寝たい!
 …そんな生活で知らずに冷えにどっぷり浸かってしまっているなら
急がば回れとは、まさにこのこと。 

お風呂をしっかり活用することで、快眠が得られ、頭が冴えて仕事の能率が
アップしたり、毎日を気分よく過ごせたりして、人生が変わるくらいに時間を
有効に使えるようになります。
 
あなたも朝風呂夜風呂足湯ライフを試してみませんか? 


コーヨーライフよりホームページ
http://www.not55.com/
2008/09/16 10:37

深呼吸でストレスが減る!?


ストレスを感じ、極度の緊張状態になると、は最適の状態で
拡張できなくなってしまいます。

そのため呼吸は浅く、速くなり、体はもはや十分に酸素を受け取ることができなくなります。 

しかし、呼吸は意識的に行うこともできるもの。
深呼吸でこうした悪循環を意識的に断ち切ることができます! 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/09/12 14:49

かさぶたがかゆくなるのはなぜ?


傷の治りかけに血小板や線維素が固まったものがかさぶたです。

 まだ完璧に皮膚が再生していないので、小さな刺激でも弱めの痛いという信号を出します。
 これがかゆみの正体。

 まだ完治していないという体からの注意信号が表れているのです。
 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/09/08 11:31

実は根拠のない血液型性格判断!


B型の割には几帳面」とか「AB型には変わり者が多い」など、
血液型でタイプ分けする傾向が最近の流行り。

 そもそも血液型は赤血球の細胞膜にある、糖鎖構造という
旗印のようなもので分類しています。
 
輸血の際には血液型は重要な意味を持ちますが、
性格の違いを語るには、根拠がほとんどないのが実際のところ。
 
性格は後天的に作られ、1人ひとり違って当然なのです。
 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/09/05 10:19

加齢臭のにおいのもとは?


40歳を過ぎた頃から、多くの男性が気にし始める加齢臭。
 この気にねる「おじさん臭さ」の原因は、「ノネナール」という物質です。 

ノネナールは、皮脂中の脂肪が酸化して発生し、古本、チーズのような
臭いのもとになります。 

ノネナールの発生を抑えるには、体内にある脂肪の酸化を防ぐことが大切。
 脂質の多い食べ物の摂り過ぎ、多量の飲酒、運動不足、過労、ストレスは、
みんな脂肪を酸化させる習慣なので控えるように心がけて。 

抗酸化作用のある食べ物を積極的に食べたり、腸内環境を整えて
代謝を促すことも対策になります。
 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/09/01 14:23

老化=体内水分量の減少


高齢になると、水分保持能力が低下し、体内の水分が失われていきます。 

さらにのどの渇きを感じにくくなるため、気づかないうちに水分不足に。
特に意識して水分補給を行うことが大切です。 

体を十分な水分で満たし、血行を良い状態に保ち、若さを維持しましょう!
 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/08/28 14:55

十分寝ているのに朝起きれないのはなぜ?


貧血は血液中のヘモグロビン濃度が薄く、細胞組織で酸素が欠乏。

 低血圧は心臓から全身に送り出される血液量が少なく、
全身の臓器で栄養や酸素が不足しています。 

深呼吸で朝の元気を取り込みましょう! 


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/08/25 12:09

季節の変わり目はなぜ体調が悪い?


気圧が下降していくは体内でリンパ球の数が増えて(副交感神経が活発化)、
アレルギー疾患が多くなります。 

は気圧が上昇。
顆粒球が増加し(交感神経が活発化)、心筋梗塞や脳卒中などの病気が
発生しやすくなります。
 
季節の変わり目に体調を崩しやすいのは、こうした自律神経の変化に体が
対応できていないからなのです。 


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/08/21 10:56

記事検索

ブログカレンダー

  2018年7月  

SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31