商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
4/13ページ 総数:128件
前の10件 1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11 次の10件

気泡風呂の温熱効果!!


気泡浴をするとよく汗が出て、そのため一時体温は下がるのですが、
その後、再び体温が上昇し、長い時間保温効果が持続します。
 
気泡が破裂するときに発する「超音波」が、より血液の循環を促します。
 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2009/03/31 15:53

正しいお風呂の入り方【4】


≪入浴剤は必ず入れる≫
 
さら湯は体に必要な脂分まで取ってしまう恐れがあり、
肌のためにはあまりよくありません。 

保温効果、保湿効果の高い入浴剤を使うと、
さら湯より入浴効果を得ることができます。
 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2009/03/27 11:59

正しいお風呂の入り方【3】


≪半身浴が原則≫
 
肩でつかる「全身浴」は約560kgもの水圧が体にかかり、
心臓に大きな負担をかけてしまいます。 

その結果息苦しくなって長時間の入浴が出来ません。
 
半身浴だと、上半身が湯船に浸からないので体が温まらないと思いがちですが、
温まった血液が」全身を巡り、だんだん全身も温まってきます。
 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2009/03/26 10:21

正しいお風呂の入り方【2】


≪入る前に浴室を暖める≫
 
暖かな部屋から暖房の効いていない脱衣所、そして浴室と、
温度の上下が激しい環境にさらされることによって、
血圧も上がる、下がるを繰り返し、体に大きな負担をかけます。
 
高齢者はお風呂に入る前にシャワーなどで浴室を暖めておく、
脱衣所も暖房設備を置くなどの工夫が必要です。
 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2009/03/25 10:24

正しいお風呂の入り方【1】


≪お湯の温度は39℃・プラスマイナス1℃≫ 

夏は38℃くらい、冬は40℃くらいがベストの温度です。
 
日本人は42℃以上の熱い入る人が多いのですが、熱すぎるお湯では、
体は熱を入れないよう防御反応が働くため、かえって血管が縮み、
交感神経が優位になってしまいます。
 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2009/03/24 11:49

お風呂の健康効果【4】


≪さまざまな不調を解消≫ 
冷え性の改善はもちろん、尿酸を排出させることによって痛風の改善に、
 また入浴中に胃のあたりをマッサージすることによって胃弱や便秘の解消に、
 肩を上げ下ろしすることによって肩こりの改善にも役立ちます。
 
冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2009/03/23 13:13

お風呂の健康効果【3】


≪不眠解消≫
 
適度な温度のお風呂で体を温めると、それまで交感神経優位だった
自律神経が、副交感神経優位へと変わります。
 
ゆったりとした気分でリラックスが出来、心地よい睡眠を得ることが出来ます。
 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2009/03/19 15:10

お風呂の健康効果【2】


≪血圧を下げる≫
 ナトリウムが血中に増えすぎると、水分を保持するために血液量が増え
、血圧が上がります。 

入浴によって血流が促進されると、代謝が活発になり、
体内のナトリウムも排出され、血圧も下がります。
 

冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2009/03/18 15:11

お風呂の健康効果【1】


≪新陳代謝を活発にさせる≫
 
お湯で体を温めることによって、血流が促進され、
新陳代謝が活発になります。

 停滞していた老廃物が早く体から排出され、筋肉や関節が柔らかくなり、
体のコリもほぐれ、ダイエットにも効果的です。 


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2009/03/17 11:59

体温はなぜ、36.5度がいいのか?【2】


≪34℃≫溺水後、生命回復の境界!
溺れて長い間水中にいた人が救出されて、生命の回復が出来るかどうかの
ギリギリの体温です。 

≪35℃≫ガン細胞がもっとも増加する!
ガン細胞は、血流が悪く体温の低い体を好みます。
脇の下で計って35度の場合、内臓はもっと冷えています。 

≪35.5℃≫排せつ機能が低下!
酵素の働きがダウンするため、内臓の働きも低下して
老廃物の排せつが滞ります。
アレルギー症状の出現も。
 
≪36.5~37℃≫健康体、免疫力旺盛!
適正体温で、免疫力細胞も正常に働きます。
ウイルスにもガン細胞にも負けない強い体を維持できます。 


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/
2009/03/16 11:54

記事検索

ブログカレンダー

  2018年9月  

SunMonTueWedThuFriSat






1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30