商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
2/13ページ 総数:128件
前の10件 1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11 次の10件

カロテン効果で免疫力アップ!≪かぼちゃ≫


かぼちゃの黄色は、豊富に含んだカロテンの色。
カロテンは粘膜を丈夫にし、風邪に対する抵抗力をつけます。

また、抗酸化作用があるので、活性酸素を除去し、ガン細胞の発生を
防ぎ、免疫機能を高めるという優秀なガン予防食品です。

またビタミンB群、たんぱく質、カリウムなどのミネラル、食物繊維を
多く含み、食後血糖値の急激な上昇を抑える効果があります。

ビタミンCを多く含み、2~3切れ食べれば、1日の必要量になるので
とても気軽に摂れるところも優秀です。


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/

2009/06/19 15:51

冷え症改善にピッタリ!≪にんにく≫


スタミナ食品としてのイメージが強いニンニクですが、効果は
それだけにとどまりません。
冷え症で悩む女性にぜひオススメの食品なのです。

ニンニクの強烈なにおいの成分はアリシンと呼ばれ、毛細血管を
広げ、心臓や胃腸の働きを高めるので、体が温まり、冷え症に有効です。

殺菌作用もあり、風邪のウイルスを寄せ付けない強力さを持っています。

さらに、ガン予防効果は多くの食品の中でも抜群!

少量ずつ食べると胃腸の働きが高まるほか、動脈硬化や血栓の予防、
血液サラサラ効果もあります。


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/

2009/06/18 10:47

栄養バランスが優れている!≪マカ≫


マカは体の基礎を作ってくれる17種類のアミノ酸や、ビタミン・カルシウム・鉄などの
ミネラルも豊富に含み、「完全食」ともいわれています。

その中で注目すべきはグルコシノレートという成分。

分解して芳香性イソチオシアネートという成分ができ、これがカラシなどのピリッと
辛い成分なのですが、体のシステム全体や自律神経・ホルモン・免疫の3つの機能の
バランスを調整します。

心身のストレスを感じるとこの3つのバランスが崩れやすくなり、
体や肌に悪影響を与えます。

女性特有の悩みの原因はそもそも冷えにあります。

冷えた体は血液循環が滞り、自律神経やホルモンの分泌などに影響します。

その結果、生理不順、不妊症、更年期障害、肌荒れなどの症状が現れるのです。

栄養成分の含有バランスがとてもよいという特徴もあり、とても優秀な野菜、マカ。
サプリメントなどで確実に摂取しましょう!


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/

2009/05/18 17:13

豊富な栄養分≪アンデスの女王≫マカ!


マカは、アンデス山脈の標高3,800m以上の高地で栽培されます。

木さえ生えず、強烈な紫外線を遮るものもなく、朝晩の気温差が激しく、
気圧も高く、空気も薄いという大変厳しい環境に育っています。

だからこそ、生き延びていくために大地の栄養分をありったけ吸収して
自分の体内に取り込むわけです。

マカはアンデスの人々に長い間食べられてきた、とても滋養のある野菜です。
王族や手柄を立てた兵士など、特別な人だけが食べることの出来る特別な
食べ物だったのです。


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/

2009/05/07 12:24

二十数年育った桔梗の根パワー!!


「長生きした桔梗の根は、高麗人参に勝る」という言葉が韓国に
伝わっています。

しかし、普通の桔梗というのは約3年でほとんどが枯れてしまい、
長生きした「幻の桔梗」を見ることは奇跡に近いことだったのです。

しかし近ごろその栽培方法が確立され、二十数年根の驚くべき
パワーが明らかになってきました。

二十数年根に含まれるサポニンやイヌリンは、通常の桔梗と比べて
特徴的に変化し、その結果、体に対する働きも大きく変わってきます。


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/

2009/04/30 10:14

漢方としても古い歴史が!【桔梗の根】


昔から、咳や痰が出て苦しいときは、乾燥した桔梗の根を粉末あるいは
煎じ液にして飲用したり、のどが痛むときは冷ました煎じ液でうがいをすると、
のどの炎症を鎮め、痛みを和らげてくれるなど、民間薬として活躍してきました。

桔梗の根の重要な成分にサポニンイヌリンがあげられます。

サポニンには痰の粘り気を取り、排出しやすくする作用があり、
さらに解熱、鎮痛、抗炎症、血圧降下、コレステロール代謝作用、
免疫賦活、アルコール吸収抑制作用などがあります。


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/

2009/04/23 17:11

ケセルチンにはガン予防効果も!


タマネギに含まれているケセルチンという成分は、ポリフェノールの
一種で、特にタマネギの外皮に多く含まれています。

抗酸化作用があり、ガンや老化など活性酸素が引き起こす症状の
予防に役立ちます。

皮を煎じて飲むと、高血圧によく効き、毛細血管が丈夫になるという
民間療法もあるのです。

また、油と結合する性質があり、腸内の脂肪と結合して便と一緒に
体外に排出してくれます。

硫化アリルは水に溶けやすい上、熱が加わると甘味成分に変化します。
水にさらっとさらし生に近い状態、もしくは加熱調理する場合には、
酵素の作用により熱に強い成分に変質する時間(切った後1時間ほど)、
放置した後で火にかけます。

調理のポイントを知って、効果的に栄養を摂取しましょう!


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/

 

2009/04/22 12:15

温性食材の代表格!『タマネギ』


硫化アリルが血行を促進し体温を温める≫

ネギ類が持つ特有のにおいの正体が、硫化アリルという成分です。

この硫化アリルには血行促進作用があるので、冷えの改善に役立ちます。

また消化液の分泌を促し、食欲を増したり、新陳代謝を盛んにします。
ビタミンB1の吸収を助けるので、ビタミンB1不足からくる疲労、不眠、
精力減退などに効果があります。

血液凝固を遅らせたり、血液の固まりを溶かす動きも認められ、糖尿病・
高血圧・動脈硬化
などの予防にも有効です。

肥沃な大地で育ったアラスカ産タマネギ(写真左)は非常に大きく栄養も
豊富で注目です!


冷え取り健康ジャーナルより
ホームページhttp://www.not55.com/
2009/04/21 15:30

食材の特徴を知り、体調に合わせて選ぶ!


おいしい料理で冷えを撃退できたらと思いませんか?
飲食物は体を冷やすものと温めるもの・その中間とに分かれます。

体を温める食材を温性食材といい、口に入れたときの感覚ではなく、
実際に体の中に入ったときの作用から見ています。

ですから一般的に体にいいとされている食材も意外と体を冷やす
食材だったりすることも。
 
代表的な温性食材を知り、冷え取りに役立てましょう!


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/

2009/04/20 15:15

体の不調をリセット!


「食」そのものが「医」になりうる、という考え方は古来から
伝わる知恵です。

冷えは体にも心にも大きなストレスを与え、それが病気を引き起こします。

体を温める食べ物を効率よく摂り、体が持っている本来のパワーを
取り戻しましょう。


冷え取り健康ジャーナルより 
ホームページhttp://www.not55.com/

2009/04/17 11:56

記事検索

ブログカレンダー

  2018年11月  

SunMonTueWedThuFriSat




1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30