商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME > ブログ
11/13ページ 総数:128件
前の10件 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11 > 12 > 13 次の10件

女性の冷えはこの3箇条で解消!(3)


☆ファッション 

ミニスカート、ノースリーブ、ナマ足など、体が寒かったり、きつかったりは
多少我慢してでも綺麗に見せたい!
 という女性も多くいますが、その我慢が近い将来あなたの体型をどんどん
崩していくこと、知っていますか? 

夏の冷えを軽視せず、しっかりと自分の体を守りましょう。 


コーヨーライフより
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/07/14 15:45

女性の冷えはこの3箇条で解消!(2)


☆腸内環境 

女性の悩み、これは腸内環境が整っていないことに起因することが多いようです。
 栄養バランスが偏った食事やダイエットのための極端な食事制限なども原因に。

 時間をかけて、食事の時間を楽しみながら、なるべくたくさんの食材を食べることを
心がけましょう。
 

コーヨーライフより
ホームページhttp://www.not55.com/

2008/07/11 10:06

女性の冷えはこの3箇条で解消!(1)


☆半身浴
体の芯から温まるには、じっくり時間をかけて、38~40℃ぬるめのお湯につかります。
 保湿効果やリラクゼーション効果のある入浴剤を入れたり、水分補給をこまめにするなどして、入浴をより快適にしましょう。
 

コーヨーライフよりホームページ
http://www.not55.com/
2008/07/10 10:45

光の届かない深海には、栄養分がいっぱい!


表層では植物プランクトンや海藻類が光合成によって、窒素リン
ケイ素などの栄養類を消費してしまいますが、光の届かない深層では
光合成が行われず、栄養類が表層の数十倍も残されています。 

微生物が分解した養分も蓄積し、深海の海水はさらに濃厚になります。 


冷え取り健康ジャーナルより
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/07/07 11:47

元気の源!酸素を体のすみずみへ!(2)


【呼吸を意識しよう】
大きく息を吐くと、これまでよりもっと多く息を吸えるはずです。
 
しっかり息を吐ききる練習をすれば呼吸筋群が強く収縮し、
自動的に胸部や腹部が拡張しやすくなります。
 
出入りする空気の量が多くなると、それだけで生命力が旺盛ということになるのです。
 

冷え取り健康ジャーナルより
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/07/03 10:44

元気の源!酸素を体のすみずみへ!(1)


生きていくうえで、とても重要な酸素
効率よく体に取り入れるにはどうしたらいいの?
出来ることは身近な生活の中にありました。 

【有酸素運動】
ウォーキングジョギング水中運動などを軽く汗をかく程度で行います。
 有酸素運動を続けていくと、心臓の筋肉が鍛えられ、1度に酸素を取り込む量を
増やすことができ、体内に取り込んだ酸素を無駄なく有効に使えるようになります。
 

冷え取り健康ジャーナルよりホームページ
http://www.not55.com/
2008/07/01 10:28

睡眠は「質」もポイント!


睡眠不足だと免疫力の低下自律神経への影響が見られ、
ニキビくすみなどの肌トラブルにつながります。 

睡眠中に分泌される成長ホルモンが、美肌や老化防止に。 

また午後10時から午前2時の間に皮膚細胞が作られるので早く寝ることも大切。
 

冷え取り健康ジャーナルより
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/06/27 12:27

半身浴で美肌の大敵冷えを撃退!


体が冷えていると血流が悪くなり、ホルモンバランスも崩れて免疫力が低下。
肌も荒れてしまいます。

 入浴剤を入れた気泡風呂で半身浴をして体を芯から温めましょう。
体の疲れやコリが取れ、老廃物も排出されるので、自然と肌もツルツルに。 


冷え取り健康ジャーナルより
ホームページhttp://www.not55.com/
2008/06/23 14:34

インスリンを正常に働かせましょう!


水分補給が少ないと、すい臓が休まらず、インスリンが正常に働きません。
インスリンが正常に働かないとブドウ糖がどんどん血液中にたまり、糖尿病や高血圧、
高脂血症などをわずらうことに。

体液に近いミネラルバランスの海洋深層水を飲むと、よどんだ血液がきれいになり、
インスリンが正常に働き糖が細胞に取り込まれます。
 
できるだけ、体液の成分に近い海洋深層水を飲みましょう。 


冷え取り健康ジャーナルよりホームページhttp://www.not55.com/
2008/06/18 14:22

冷えの代償が大きいのは子どもと女性!(2)


女性にとって冷えは忘れることの出来ない身近な体の不調。
ずっと付き合っていくしかないと諦めている人も多いかもしれません。
 
しかしこの冷えの影響を最も受けやすい器官が子宮なのです。
女性のあらゆる病気につながります。
 
考えてみれば「冷えは万病のもと」、女性は体を冷やすなと昔から言われてきました。
生活を見直して見てください。

 体の冷えがとれてくると、不調がほぐれるように消えていくのがわかります。
 

冷え取り健康ジャーナルよりホームページ
http://www.not55.com/
2008/06/13 15:35

記事検索

ブログカレンダー

  2018年7月  

SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31