「丸大根の酒粕煮」


どんなときに作りますか?

* 魚を食べた後の残りもの、また野菜等冷蔵庫の残っている材料を活用、それに酒粕を加えることによって、美味しく食べられ、体も温まる。                               


用意の材料(4人分)

酒粕200g位
荒塩適量
油揚げ1枚
魚のあら適量
野菜ネギ・人参・芋等々
丸大根4分の1
生姜汁少々
約800t
水量の1割
薄口醤油大さじ1杯
砂糖少々
みりん少々
米のとき汁


調理手順

  1. 魚のあらに多い目の荒塩を振り、30分間おいてさっと熱湯に入れ水を取り霜ふりをする。

  2. 酒粕は、魚がつかる位の水と少々の酒につけて柔らかくしておく。

  3. 丸大根は、米のとき汁で下湯しておくと、味がしみやすい。 

  4. 酒粕を7〜8倍に薄める。(みそ汁よりやや濃い目)

  5. 丸大根と魚のあらを加えて、ひと煮たちしたらあくを取る。

  6. 中火にして、薄口醤油・みりん・砂糖・生姜汁をかけて炊く。

  7. 刻んだ油揚げを加えてネギ等々を入れて10分間位炊く。

  8. 粕汁を作る要領でやるとよい。    


      ポイント
      *魚に軽く塩を振り、霜降りをすると魚の臭みが消え、うまみが出る。
      *大根は、米のとき汁で湯がいたら、大根臭さが消え味がしみやすい。
       



      味ほんざわ  本澤伸浩 作

      恵まれた土壌をもつ京都である美山・大原の朝採り野菜をたっぷり使い、美味しい旬のものをお客様にお出しすることが基本です。
      また、冬には、幻の間人ガニや天然の猪など、地元で取れる食材を大切にし、季節の一番美味しいものを一番の形でお届けしたいと思っております。
                                     

      *季節の創作料理    お任せ料理 5,000円より
      *イベリコ豚あぶり焼き(1,300円)
      *地鶏の塩焼き(780円)
      *豆腐きのこ野菜あんかけ(780円)
      *四万十川天然川えび唐揚げ(850円)
      *鯛のかぶら蒸し(1,300円)
      *間人ガニ炭火焼、天然猪鍋(要予約)など


      住所 :京都市上京区荒神口通河原町東入上生州町200番地
      電話 :075-231-6176
      FAX:075-231-6176

      ホームページアドレス:http://honzawa.main.jp/