変わり天津飯




どんなときに作りますか?

にぎり寿司やちらし寿司などに使う食材が残ったときに作ります。
簡単にできてボリュームがあるので若いスタッフに喜ばれています


4人分

ご飯適量
玉子8個
長ネギ適量
カニの棒身8本
きくらげ適量
タケノコ水煮適量
紅生姜(刻んだもの)少々
グリーンピース適量
ゴマ油少々
         
甘酢あん
400cc
固形ブイヨン1個 
砂糖 50g
濃口しょうゆ 大さじ6、5
 大さじ1
片栗粉 少々


作り方
  1. ネギは斜め切りにしタケノコの水煮は厚さ2〜3ミリにスライスする。

  2. カニの棒身は繊維にそってほぐし、きくらげは水で戻して5ミリ幅に切る。

  3. グリーンピースは塩少々を入れた水で色よく湯がく。

  4. 甘酢あんを作る。水400ccに固形ブイヨンを入れ火にかけ分量の調味料を加え煮立ったところに[3]をいれ、水で溶いた片栗粉を少しずつ加えとろみをつける。

  5. ボウルに玉子を割り入れ[1][2]の具材と紅生姜を入れ混ぜあわせる。

  6. フライパンを中火にかけゴマ油を引き[5]を入れ半熟状になるまでかき混ぜ弱火に変えて形を整える。
    底面に少し焦げ目がついたら裏返しさらに焼く。

  7. 温かいご飯をお皿にこんもりと盛り[6]をのせ、温めた[4]をかける。

*カニ棒身の代わりにカニスティックや湯がいたエビなどを入れてもOKです  


京の寿司処 きし鮓
   岸村 貴則 作

創業大正3年

鯖寿司、はも寿司、箱寿司、手まり寿司、ちらし寿司、むし寿司などの京寿司と共に瀬戸内海、丹後、若狭などから仕入れたネタで作るにぎり寿司を提供しています。


・第6回全国すし技術コンクール大会・関西鮓競技部門金賞受賞
・平成12年度京都府青年優秀技能者奨励賞「明日の名工」受賞
・国家試験「すし料理専門調理師」「すし調理技能士」取得  

昼の部 11:00〜14:00
夜の部 16:30〜20:00
水曜定休(祝祭日を除く)

京の寿司処 きし鮓 →http://www.eonet.ne.jp/~kishizushi/