メールマガジン購読会員様だけにお送りする「名物店主・店員数珠つなぎ」シリーズ第参拾七弾




新京極商店街
有限会社ロングブレス
全身『ROCK』森田 知至(もりた さとし)さん登場
血液型AB型
生年月日昭和42年11月04日
出生地大阪府堺市
小、中、高まで大阪
1984年京都産業大学入学、京都での生活がスタート
1989年大学卒業


表題での所属は「新京極」となっておりますが、本店の所在は新京極と平行する「寺町京極商店街」であります。

大学卒業時に、新京極と寺町を結ぶ路地(ろ〜じ)、四条通りから数えて3本北にあたる処で小規模の店からスタート。

数年後には正式に店舗を設け、2001年に現在の営業形態にまで発展させてきました。
ほぼ同時期に新京極にも出店。


それとほぼ同時に若手減少を危惧していた同商店街にあって、さまざまな役を仰せつかることになりました。
新京極商店街では情報化委員、また町内のいろんな役もこなしています。
好感度も高く、いわゆる 『ええヤツ』 なのであります。

さて、主に「古着」扱う同店。
現在ではアタリマエのように「古着専門店」が立ち並ぶようになっておりますが、昔は「弘法さん」(毎月21日に東寺で開催される青空市場)などで扱われる、いわば、特定期間のみの販売というカタチが多かったのであります。
京都の中心部にて、その形態を打ち破った=中古品常設販売という方式を実現させた先駆者的存在なのでもあります。


製品のデザインや開発コンセプトにおけるアメリカ的思想に興味があった彼は、大学を一年休学し、アメリカへ渡ったのでした。
40〜60年代の、特にRock'n Roll的ノリに惹かれるのであります。
そして、そこには「古着」をはじめ、さまざまな「アンティークなモノ」が常に流通していたのであります。

自ら品定め(自らの好みで・・・)し、輸入、販売。
これが同店の基本なのであります。

「トランプ柄に惹かれる〜♪」
なぜか?
「なんか、往年のアメリカを象徴するようなデザインやし。」

ってことで、本店より少々南にある「アメリカン・アンティーク・グッズ」専門の『・・・』

ここは店名が無いのであります。



処狭しと陳列されたアンティーク達・・・
どれもこれもアメリカ的デザインの物体。
機能的?合理的?
そんなことは関係ないのであります。
すべては 「Rock'n Rollのノリ」 に帰着するのであります。

店名は無いものの、看板は自製のトランプ柄を採り入れたもの。
ここにも彼のコダワリが見られます。

コダワリの基本「自ら品定め」をするため、年に10回ほど渡米しています。
行き先はそのときの気分にあわせて・・・

ん〜〜・・・これもアメリカン〜


こちらは新京極 「KAHALA」

寺町本店より明るめの内装で、ややポップな印象。


そして、寺町錦上るにあるもう一つの 「KAHALA」

2階には 「CAFE KAHALA」 なる喫茶室 (カンジがちゃうなぁ〜) があり、アメリカン・アンティークな内装とハワイアンの流れる店内で、これまた直輸入のドリンクを楽しめます。

Kahala coast & Long breath
灼熱の太陽、ひたすら青い海を連想させますな。

ちなみに、野球は見るのもPLAYするのも大好き。
大阪生まれの京都育ちの彼が『G』党とは意外ではありますが、それは、まぁ、それぞれの趣味の問題なので。。。






文章 : Na3

地図

ロングブレス通販ページ
http://www.kyoto-wel.com/shop/S81519/

ロングブレスHP
http://www11.ocn.ne.jp/~lngbrt/index.html

新京極商店街HP
http://www.shinkyogoku.or.jp/