メールマガジン購読会員様だけにお送りする「京の隠れ名所」シリーズ第弐七弾




夏期特別企画・心霊現象発生地探訪編

明智藪



天正10年(1582)

突然、織田信長を攻め、当時は四条西洞院にあった本能寺にて焼死させた、世に言う「本能寺の変」の張本人明智十兵衛光秀

現代に「3日天下」などと、あまり良くない意味で引き合いに出される羽目にった。

その 無念やいかに! ・・・
ここは光秀遭難の地なのである。

変を聞くや否や疾風のごとく岡山より舞い戻った羽柴秀吉(豊臣秀吉)と、6月13日(新暦7月2日)山崎の地で決戦。
世に言われる『天王山の合戦』である。
が、夕刻には敗退し、近江の坂本城を目指し戦場から逃亡したのであった。

光秀の心中を言い表したかのような小雨が降る中、逃亡劇は馬にて山科から小栗栖へ。
竹薮に差し掛かった主従13騎の一団は縦一列になって坂本への道を急いでいた。


うっ!

突然6番目に走っていた光秀のわき腹に激痛が!

落ち武者狩りの土民が突いた竹槍の餌食となってしまった。
光秀は馬から落ち、家臣達が必至で介抱した。

が、
順逆二門ナク、大道心源ニ徹ス、五十五年ノ夢、覚メ来ツテ一元ニ帰ス

この辞世の句を残し、家臣・溝尾庄兵衛に介錯させ、落命したのであった。

日蓮本宗・本経寺
ここには光秀の供養碑がる。
明智藪はこの寺院に隣接した竹藪で、周辺の民家を通り抜けた処に、その名を残している。

傾斜地ゆえ、数年前に伐採され土砂崩れ防止工事が行われ、実際に光秀が絶命した地点は現存しないとされている。

しか〜し


あの藪を通ると、軍勢のおたけびが聞こえる。

竹を切る農民がケガをしたり、ふるえが止まらないようになった・・・
光秀の祟???
やがて人が避けるようになりました。

この竹薮には一般的な緑の竹の中に、赤い枝のものが多く生えてきたり、

『ワタ出』と呼ばれた空間は、光秀最期のとき、渾身の力を込めて竹槍を抜いた。が、その弾みに光秀の腹部から鮮血と内臓が飛び散り、恨みをたたきつけた光秀の怨念が周辺の竹を腐らせた、とか・・・

数々の不気味な伝説が残されているのだ。

さて、光秀絶命は前述の竹藪ではあったが、亡骸は首と胴を切断され、胴の部分は明智藪から北へ約1.5kmに位置する『明智塚』にあったとされている。
首は、 「藪中に埋められた」「妙心寺にて葬られた」「胴とともに粟田口でさらされた」・・ など、諸説あり。

光秀らを襲った土民達は襲撃後、藪を掘り返したときにはあまりにも無惨に切り刻まれた顔面から、実際に光秀であったのか否か判らぬほどになっていたとか。

別の説で「光秀は殺されてはいない」という真っ向から対立するものもあるほどに、ナゾの多い事件である。

しかし、この地にて落命した人物が誰であったにせよ、421年前の7月2日の夜半に土にまみれた遺体が横たわっていた事は確かな事実。

明智藪
この季節、雨がしとしと降る真夜中、馬に乗る武者の鎧がガシャガシャと鳴る
草ずりの音 というものがどこからともなく聞こえてくるそうな。


地図

そもそも夜の竹藪などは不気味なものではありますが、蝮のほうが現実的危険性が高いということを認識しました。