メールマガジン購読会員様だけにお送りする「名物店主・店員数珠つなぎ」シリーズ第壱五弾


洋品販売 ムラカミ 村上真哉さんの登場です。

ほいっと七条は、平成5年に
七西甲子会
西七繁栄会
七条中央サービス会
七条千本繁栄会

の4商店街が連携して活動を始めました。

村上真哉さんは当時七条中央サービス会の会長として発起人の一人となられ、活動内容の取りまとめに奮起していただきました。

同商店街グループは
平安建都1200年記念事業、大型店出店対策、
地域振興券商店街事業、KICSへの参加

などの活動をしてきましたが、いずれにもその中心的役割をはたされ、
また、七条中央サービス会では、歩道改装、アーケード改築などにも貢献されています。

3年前に会長を降りられ、

家業に専念できると思った矢先、KICSの委員を担当することになり
かえって忙しくなってしまった
(と嘆く)

とはご本人の弁。

パソコンにも詳しく、聞けばパソコン暦15年だとか。

家族一人に1台のパソコン、計5台の自作派
(他に骨董品となったNEC98があり)で、NECやDELLの既成パソコンはあっても、原型をとどめているものはなく、残っているのはケースと電源だけという強者です。

かつてはBASICでお子さんのために算数の計算ソフト、歴史の4択問題を作り 我ながら自信作 と家族に自慢されたそうですが、肝心のお子さんからはすぐ飽きられたそうで、残念がっておられました。


 クラシック音楽の趣味があり、中高校時代は、オーケストラ部でヴァイオリン、大学時代からはヴィオラを弾かれています。

かつてはいろいろなアマチュアオーケストラで腕を振るわれたそうですが、現在は月1回程度カルテット仲間と室内楽を楽しんでおられるそうです。




 同じ出身高校に在籍されていた息子さんもチェロを弾かれ、
3年前は京都コンサートホールでチャイコフスキー交響曲第5番他を共に出演されたとか。


京都コンサートホールにて「ブラームス交響曲第1番」演奏の図


 今、来る8月17日に開催される出身高校の創立50周年を記念する第9「合唱」の演奏会の実現に参加、精力的に運営の一端を担っておられます。


ご家庭内は男性軍「本人・息子(大学2回生)」と女性軍「奥様・娘(高1)」の勢力争いだそうです。
花村氏と打ち合わせ中の村上さん
これも家庭円満の秘訣でしょう。



文  鰍ナんきの大京チェーン本店 花村 錦一




地図
広範囲にわたる「ほいっと七条」
その中心部に「七条中央サービス会」
あたりは一番賑やかなエリアです。

ムラカミ通販ページ
http://www.kyoto-wel.com/shop/S81192


ムラカミホームページ

ほいっと七条商店街ウェブサイト
http://www.hoitto.gr.jp/