メールマガジン購読会員様だけにお送りする「名物店主・店員数珠つなぎ」シリーズ第壱弐弾


文具・事務用品 壺中堂 今中輝敏さんの登場です。

河原町通り三条から南へすぐの六角通りの北東角にお店があります。

「壺中堂」、むつかしい字ですが、「こちゅうどう」と読みます。

江戸時代には今の店から一筋北で「壺屋(つぼや)」という土佐藩御用達のお醤油屋さんをしたはりました。

今でも高知城には「壺屋」ブランドの醤油ラベルが展示してあるそうです。


この家には土佐藩の家老「後藤象二郎」が下宿してたそうで、曾祖母のふささんは後藤象二郎に写真をとってもらわはったという言い伝えがあります。

明治6年には今の場所に移って、どうゆうわけか、紙やさんに商売がえしはって屋号も「壺屋」から「壺中堂」にかえはりました。


終戦後いろんなもんをあつかうようにならはって、いわゆる文房具屋さんになってきました。

いまの店構えはそんな歴史をもつお店とは思えないハイカラな雰囲気です。

いまどきのいいようでは「ステーショナリー ショップ」とでもゆうんですやろか?モダンなデザインの小物がぎょうさんあります。

今中輝敏さんは「文房具屋」さんにかわってからの4代目の御当主です。


いかにも生真面目そうなみかけですけど、実はほんま実直で真面目なひとです。

いつも笑顔の絶えない穏やかな人柄で、河原町商店街の理事も長年勤めたはり、信頼度は抜群です。


お店の経営方針は昨今の情勢から脱事務用品をはかり、手ごろで楽しい売り場をめざしたはります。

店内の雰囲気にも彼のセンスが良くあらわれています。

けっして派手ではないんですが、人目をひく、上品なデザインのモノでいっぱいです。


ほんまにどのショーケースにもオモシロイものがいっぱいで
ひとつひとつ見てゆくと時間のたつのもわすれるほどです。


文   赤尾  博章河原町




地図
最近大変「若向き」に変化してきた河原町の一角に、古風で新しい今中氏あり。

9H鉛筆の如く、氏には「太く硬い芯」があると、見ました。

〒604-8032
京都市中京区河原町通り
六角下る山崎町234

電話:075-221-2986
FAX:075-221-1560
営業時間 11:00〜8:00 
(水曜日定休)

壺中堂通販ページ
http://www.kyoto-wel.com/shop/S81047


壺中堂ホームページ
http://www.kyoto-kawaramachi.or.jp/users/cochudo/


河原町商店街ウェブサイト
http://www.kyoto-kawaramachi.or.jp