1月・京の絶品−鰤大根−

冬の定番!


あけましておめでとうございます。
新春とは言いますが、これからが冬本番。
あったかい料理と熱燗で、ほっこり行きまひょか。

と言うことで、今回は 鰤(ぶり)大根 です。

大根に沁みこんだダシは、ブリから出た風味と絶妙な油加減ですばらしいコクをもっています。
パラリとほぐれるブリと、ホンワカ柔らかい大根と。食感の対比も楽しめます。



◆材料(2〜3人前)◆
大根9cm程
ブリの切り身150g
柚子の細切り少々

☆京風にこだわるなら、聖護院大根で!

Α昆布だし300cc
みりん大さじ1杯
うすくち醤油少々

Β200cc
砂糖大さじ2杯
濃い口醤油大さじ2杯
みりん大さじ1杯


◆作り方◆
  1. 大根の皮を剥き、6個に切り、水から湯がく。
  2. 沸騰したら湯を捨て、Αの合わせ出汁で柔らかくなるまで煮いておく。
  3. ブリの切り身に湯を掛け霜降りにし、  Βの合わせ出汁で甘からい目の加減で煮いておく。
  4. ブリの煮汁と大根の煮汁を合わせて、両方を一緒に煮温める。
  5. 盛り合わせ、柚子の細切りを添えて、出来上がり!

ゆず・七味・和辛子etc…お好みの香りでどうぞ

文責:御料理井傳・井山和彦

京都五条料理飲食業組合