blank_banner
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > コロンビア 深煎り

京都西陣アップス珈琲

コロンビア 深煎り

コロンビア 深煎り商品説明

生産地

コロンビア

ロースト

フレンチロースト)苦味焙煎、コロンビアの持ち味は癖のない澄んだ味。
おいしい苦味に仕上げるフレンチローストで焼きました

コロンビア珈琲は飲み易い珈琲で癖も無く程よく酸味と苦味が感じられて香りも珈琲らしい香ばしい香り。
コロンビアと比較するのは”グアテマラ”や”ブラジル”で共にやわらかな酸味、即ちフルーティーなコーヒーです。ブラジルは一番グレードの高いサントスNO2と比べるとスプレモの方が心持ち澄んだ酸味を感じます。これは精選工程がブラジルは非水洗、コロンビアは水洗式と言う工程の違いが味に表れています。グアテマラのSHBと飲み比べるとSHBの方が酸味が強くスプレモは後口の甘いコーヒーに感じます。こんな楽しみ方もいいでしょう!

深煎りに仕上げましたので、酸味は無く程よい苦みです。
深く焼く事でコーヒーの脂が表面に出て艶々していますが
この脂が甘みを持っています。
時間が経つと脂は酸化しますのでなるべく早く飲みましょう。

ワンポイント

案外いけるのがエスプレッソなんです!
直火式エスプレッソよりは電気式のエスプレッソに
お薦めなのですがハイローストで焼いた
コロンビア珈琲はエスプレッソ抽出だと
程よい苦味のマイルドエスプレッソになります、
エスプレッソ特有のコクと合わさって
”まったり苦め”お薦めです。
レギュラーサイズに抽出してもGood

うんちく

コロンビアコーヒーは生豆の時点ではグレードによる味の優劣はありません、同じ木から採れたコーヒー豆でサイズが違うと言うだけで味の評価はこの時点ではなされません。
焙煎段階でスプレモの方が粒揃いが良く豆の肉厚もあることから柔らかく均一に豆に熱を加えられ結果エクセルソよりもスプレモの方が口あたりの良いコーヒーとなります。

店舗内商品検索

定休日のご案内

SunMonTueWedThuFriSat






1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31




※赤文字は定休日です