blank_banner
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 絹科布 八寸名古屋帯 27-1(手織草木染帯 柿渋染め)かがり仕立て上がり(セレクト本物商品)

絹科布 八寸名古屋帯 27-1(手織草木染帯 柿渋染め)かがり仕立て上がり(セレクト本物商品)

¥46,800(税込み)
  • 《送料》 送料サービス

ご注文

絹科布 八寸名古屋帯 27-1(手織草木染帯 柿渋染め)かがり仕立て上がり(セレクト本物商品)商品説明

絹科布八寸名古屋帯帯
柿渋・草木染・手織り八寸名古屋帯
仕立て上がりで帯の長さは約3m70cm前後です。
手織り草木染八寸名古屋帯
きょうとウエルカム特価46,800円(税込み)

参考販売価格:100,000円
品質:絹100%(赤城玉糸)、帯巾:約八寸3分
染色:草木染(柿しぶ、他)  
織物の着物(大島紬・結城紬・民芸紬) に最適です。
送料無料
ほぼオールシーズンOK
背景の着物は別売です。色調が、モニターの加減で
少し薄く見える場合がありますので、ご了承ください。
薄目の柿渋色の糸で手織りした味のある八寸帯です。
絹科布(きぬしなふ)は、古代布の特徴を基にして作られた織物です。科布は、科の木皮の繊維えお糸にした日本最古級の織物です。それゆえに、原料も人材も数人に限られています。そこで、科布のように丈夫な繊維を、別な繊維で出来ないかと試行錯誤の末に、関東平野の北にそびえる霊山赤城山に古代から伝わる赤城玉糸に特殊撚糸加工を施し、麻のような強靭な糸を完成させました。この糸に柿渋、その他の草木染染料でタンニンを十分に吸収させ、動物繊維にない強さと植物繊維にない光沢とやわらかさを兼ね備えた糸を、丁寧に手織りしました。 絹科布の特徴は、時が経つほど味わいが深まり、絹糸が植物の生命を取り込んだ光沢と柔軟性と程よい腰の強さを兼ね備えたところにあります。1本の帯を織り上げる全工程は、想像を超える数限りないもので、また後継者もごくわずかで、1本1本手仕事です。

おすすめ商品

髪飾り1

¥8,800

髪飾り2

¥8,800

特価商品のおしらせ

髪飾り1

¥8,800

髪飾り2

¥8,800

店舗内商品検索

商品カテゴリー

定休日のご案内

SunMonTueWedThuFriSat


1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30


※赤文字は定休日です