商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 大名物 唐物 利休丸壷写 仁史作

大名物 唐物 利休丸壷写 仁史作

¥27,540(税込み)
  • 《送料》 送料サービス

ご注文

大名物 唐物 利休丸壷写 仁史作商品説明

京焼 笹田仁史 作(桐箱)

利休所持。口造が開いて端反りで、まっすぐ立ち上がり、
胴に一筋沈筋が廻る。濃紫地に青みを帯びた柿色釉が
むらむらと漂い肩先から盆付までなだれ置形となっている。
裾以下は朱泥色の土見せで、底は糸切。
胴脇下にいの字形の柿金気色の釉抜けがある。

仕服: 藤種緞子
寸法: 径 7.0×高さ 8.0cm
伝来: 千利休→万代屋宗悦→金森法印→出雲守可重→
後藤徳乗→水野日向守勝成→朝吹英二→村山龍平→香雪美術館


主な名物の区分
おおめいぶつ
大名物
足利義政~千利休の時代で伝来が明確な茶入
めいぶつ
名物
千利休の時代(室町・桃山期)で伝来が明確な茶入
ちゅうこうめいぶつ
中興名物
 小堀遠州の調査・鑑定により新作で特に優れた茶入
遠州により古歌などから銘がつけられた
茶入の区分
かんさく
漢作
 唐物の茶入で最も古いものを指す
実際は漢ではなく宋代の頃と考えられている
からもの
唐物
茶入において唐物とは宋~元代に制作された茶入の総称で、
茶道具の中でも最高位に挙げられ武将や茶人に珍重された
くにやき
国焼
和物茶入で瀬戸窯以外で焼成した茶入の総称
瀬戸古窯の区分
 とうしろう
藤四郎
 瀬戸の陶祖・加藤藤四郎左エ門景正の略称
しゅんけい
春慶
初代・陶四郎が晩年「春慶」と号したが、二代も用いた
へいじかま
瓶子窯
初代・藤四郎が茶入を焼成した窯
まちゅうこ
真中古
二代・藤四郎(基通)が尾張・瀬戸窯にて焼成した茶入 
きんかざん
金華山
三代・藤四郎(景国)が瀬戸窯にて焼成した茶入
はふがま
破風窯
四代・藤四郎(政速)が瀬戸窯にて焼成した茶入
あとかま
後窯
四代藤四郎~十三代新右エ門までの瀬戸窯の茶入

「大名物 唐物 利休丸壷写 仁史作」に関連する商品はこちら

【お取り寄せの商品について
ご注文を頂いてからのお取り寄せとなります。
一週間内の出荷をこころがけていますが、遅れる場合はご連絡致します。
万が一に生産が終了している場合はご了承くださいませ。


商品画像・寸法について
一品一品手造りの為、商品画像と現品の雰囲気が変わる場合がございます。
画像のイメージと非常にかけ離れてる場合や大幅に変更点があるときは
お知らせいたします。寸法につきましては表記より変わる場合がございます。

在庫について

「在庫あり」と表記されておりましても店頭販売などにより
一時的に在庫がなく発送が遅れる場合がございます。
その際はご連絡いたしますのでご了承下さいませ。