商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > オリジナル80サテン生地羽毛布団DT-2 クィーンサイズ210×210cm 1.9kg

オリジナル80サテン生地羽毛布団DT-2 クィーンサイズ210×210cm 1.9kg

¥158,000(税込み)
  • 《送料》 送料サービス

ご注文

オリジナル80サテン生地羽毛布団DT-2 クィーンサイズ210×210cm 1.9kg商品説明

DT-2

側生地

E8800スーピマコットン・超長綿サテン

サイズ 210×210cm

詰め物

特選ポーランド産WGD93%/1.9kg
生地込みの商品総重量:約 3.34kg


素晴らしい羽毛布団とは…のお問い合わせにお答えしたポーランド産ホワイトコウダ種の厳選・ホワイトグースダウンを充填した高品質羽毛布団のご紹介です。


クラクフは、ポーランド南部にある大変歴史のある都市。世界遺産に登録されている旧市街はには、聖マリア教会の塔の上からは、有名なラッパの音が…。



羽毛布団の原毛ブランドの代表と言える
ポーランド産ホワイトグースダウンの基本は、ポーランドの古都、クラクフにあるといえます。


ご存じのように現在日本国内には、世界各地から羽毛ふとんの材料である原毛が輸入されています。羽毛布団のランク/ランキングにつきましては、基本的に中に詰められている、ダウンの品質に大きく左右されます。ついて簡単に言えば、当然寒冷地で飼育された水鳥のダウン(羽毛)は、寒さから水鳥自身の体温を保つため、大きく強くなり、それらのダウン(羽毛)は防寒用品の充填材料としては、優れた機能を発揮します。 


ダウンの品質の基本は、まず飼育されている産地と飼育期間です。また加工処理方法によってもの差がでてきます。今回、このページでご紹介させていただく羽毛布団の中には、ポーランド産のホワイトグース、大変品質の安定した、コウダ・ヴィエルカ研究所で品種改良がなされた、純粋の「ホワイト・コウダ種の」グースダウンが使用されています。



コウダ・ヴィエルカ国立動物科学研究所で品種改良された純粋のホワイトコウダ・グースダウンです。


1946年ポーランド共和国の農業部門の復興及び生産性・競争力の向上を目的に、農業省の下、バリツェ国立動物科学研究所がクラクフに設立されました。コウダ・ヴィエルカ研究所は、その下部組織で、ポーランド国内のグースの品種改良と飼育技術の研究を担当している機関です。


初代所長のカジミェシュ・ビェリンスキ博士ご夫婦が1962年にデンマークから輸入されたイタリアンホワイト種のグースに魅せられ、その品種改良と飼育技術研究に生涯をささげられたと伝え聞きます。 


コウダ・ヴィエルカ研究所の「ホワイト・コウダ種」のグースが、ポーランド唯一の公認グースとなった事からポーランドグースの基本として、ポーランド国内のホワイトグースの総生産量管理と言う重要な任務も担っている機関です。

ANIMEX社(アニメックス)にて最高ランクのホワイトコウダ種
ホワイトグースダウンを手に入れました!!




ポーランド国内の羽毛業界の最強の名門・アニメックスの若き代表/ラフォル・コーラス社長と。ポーランド国内のグース農場や品種の説明等をしていただきました。 (現在、昇進され、グループ企業役職に就かれご活躍です)

ラボラトリールーム・全ての羽毛精製工場には、試験・品質管理室が設けられており、精毛工程では、最低3回の品質チェックがなされます。日本向けにはかなりチェックが厳しい様子がうかがえます。安心の原毛です。
中に入れるダウンは、純粋のホワイトコウダ種/ポーランド産のホワイトグースダウン93%の優れモノ…殆ど黒点・ブラックポイントも無く純白のダウンからは、国策により品種改良を重ねに重ねて品質を維持されてきた現地の皆様の努力の賜物です。






今回ご提案する「ポーリッシュ・ホワイトグースダウン93%」をお奨めする理由

まず、ポーランド産のホワイトグースダウンですが、他の羽毛原料と同様に、集積加工場や精製の工程によって、品質に大きな差があります。今回「眠むの木」がご提案させていただくポーリッシュホワイトグースダウンは、最高品質といて定評のある、ポーランド産のホワイトグース、それもポーランドが国策で品種改良を続けている純粋のホワイトコウダのダウンを選びぬきました。小規模農場が多い、ポーランドの飼育環境を活かした大変素晴らしいホワイトグースダウンです。


立間 康太郎氏とアニメックス/コーラス社長とS氏のショット。
ポーランドのホワイトグース最前線のすごいメンバーのスナップショットです。
温和な表情で話される声に、「ダウンの品質に自信あり」と言う事が、ひしひしと伝わります。



少し古い機械と言えど、ピカピカ光っていた事が印象的でした。クラクフ郊外の工場ですが、立間氏の気持ち「ポーランドの中の日本…」が感じられる工場内。ポーランドの素敵な女性と結ばれ、現地で羽毛原料の最前線のお仕事をされています。



クラクフの町から少し離れた湖が見下ろせる丘の上に、クラクフ工場があります。やはり「ロルヒ/ローチェ」の選別機が置かれています。歴史のある装置ですが、大変管理が行き届き艶があるのに驚きです。



ダウンの場合250㎏のミキシングが可能な大型のミキシング装置です。ただし高品質のホワイトコウダを出荷するために、1回に100~150㎏で作動させておられます。そのため非常に安定した原料となります。



ダウンの組成その他のチェックをするため、サンプリングした後、大きなバキュームホースで集積ボックスに入れられ、各国への出荷を待ちます。素晴らしい純度の高いホワイトグースダウンです。



ポーランド国内の各地にある集荷した農場のデータは、パソコンにも入力されますが、基本的には大変アナログと、はにかみながら立間氏からの説明。純粋のコウダ種グースダウンです。


今回も素晴らしいポーランドホワイトグースダウンの入荷です




DT-B・PWGD93

安心安全の適正な羽毛布団をご提案させていただきます。




ポーランドマザーダック

いい素材は、シンプルな仕上げが最高にその素材を生かせる事ができる。というのは、料理の世界でも同じではないでしょうか…。
今回のDT-2羽毛布団は「シンプル」にこだわりました。 キルトパターンもこだわりのシンプルパターン。 EGキルト-15:立体キルトのマチを7cmとし、キルト内の片寄りを防ぐため、通常より細かい目のブロックで仕上げいたしました。

■使用生地■
この羽毛布団には、経糸・緯糸共に超長繊維綿スーピマ綿の80番手のスーピマ超長綿を使用した朱子織りの 実用的な羽毛布団用の生地を使用しております


京都生まれ、京都育ちの布団屋の店長が、 毎日「良い布団、寝やすい布団、快眠できる布団、安眠できる布団」って布団の事ばっかり考えています。
布団の事で困った事やご質問等ございましたら、 どうぞお気軽に、お問い合わせ下さい。京都で布団専門店を営んで数十年、チョッとは知識・知恵も持ち合わせているはずですから…。
当店独自ドメインもございます、そちらにも見に来てください。

京都布団専門店「眠むの木」ブログ

アレルギー・アトピー・喘息対策布団 寝具での対策法

▲アイダー羽毛布団の仕上げ工程

羽毛布団の打ち直しリフォーム まずは羽毛診断 ~

眠むの木では日本語ドメインでも羽毛布団等の情報を発信しております。
羽毛布団の選び方 ~ 眠むの木


羽毛布団を自由自在に作る眠むの木
クリックすると眠むの木のウェブ本店へ移動します

ダクロン®とダクロン®を冠するブランドはインビスタ社の商標です。

商品カテゴリー

定休日のご案内

SunMonTueWedThuFriSat






1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30





※赤文字は定休日です