商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細 [ [朗読] 浅田次郎の自伝的短編小説~雛の花、遺影~(CD2枚組) ]

[朗読] 浅田次郎の自伝的短編小説~雛の花、遺影~(CD2枚組)

¥3,456(税込み)
  • 《送料》 送料別

ご注文

[朗読] 浅田次郎の自伝的短編小説~雛の花、遺影~(CD2枚組)の商品説明

 『雛の花』と『遺影』は、浅田次郎の短編小説集『霞町物語』に収録されている作品です。この短編集は、麻布霞町、現在の西麻布三丁目~一丁目を舞台にした 浅田次郎の自伝的青春小説で、浅田次郎の家族の風情、江戸っ子の粋さや、人間の機微が印象的に感じられる作品です。『雛の花』と『遺影』は、祖母の死とそれをきっかけに 明らかになった祖母と家族の秘密を描いています。前編、後編のような作品ですが、祖母と祖父、そして老紳士、それぞれの心奥に思いを馳せる秀作です。朗読家・小川道子のすてきな朗読でお楽しみください。


雛の花 / 遺影:浅田次郎 あらすじ

  • 雛の花

    祖母は若い頃、“粋”と“張り”が身上の江戸深川の辰巳芸者だった。還暦を過ぎても尚、凛として美しい人だった。 ある日、「僕」は祖母に連れられて歌舞伎座に出かけた。立派な老紳士と一緒になり「僕」は誰なんだろうと思う。帰り際、紳士は菜の花と桃の花の花束を祖母に渡す。 思わず僕は受け取ってしまうが、祖母は「捨てておしまい」と言って、日本橋から川に投げ入れてしまった。そして祖母の癌が見つかり、お別れの日がやってくる。

  • 遺影

    祖母が亡くなって四十九日法要も済ませた10月半ば。あの日、歌舞伎座で出会った老紳士が、祖父に遺影を撮ってほしいと店を訪れる。 いつも明るい母は絶句し、穏やかな父は目を吊り上げた。「さすがだね、旦那。サマになってる。そのまんまでいいや」。肖像写真で祖父が客の表情や姿勢を直さないのは珍しかった。 そして祖父は「ぱばあが惚れるのも無理はねえな。」とつぶやいた・・・。


公共図書館、学校授業での使用について
上記の如く、多数の共同利用を前提とするご購入の際は予めご連絡ください。
ライブラリー価格:6,480円(税別)にて著作権処理済商品をお手配致します。備考欄などに御記載ください。

当店メインサイトTOPへジャンプ         朗読CD、朗読DVDの部屋
講演・対談のCD・DVD             人気の映画、舞台演劇DVD
人気テレビドラマDVD              時代劇・チャンバラのお部屋
プロジェクトXなどドキュメンタリーDVD   こどもミュージカル・オペレッタ・舞踊劇
★ 小説家別 朗読CD一覧
戦争、平和、原爆被害を考える
敬老の日 贈り物CD/DVD
★ お電話、FAXでのご注文、海外への発送も行っています。
 ご注文はお電話、FAXでもお受けさせていただきます。
 ネットに不慣れな方、初めてのお取引でご不安な方は
 ご遠慮なくご利用ください。
 市原栄光堂
 〒600-8833 京都市下京区七条通大宮西入
<電話> 075-343-2414
<FAX> 075-371-8685

前のページへ戻る