商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細 [ 《歴史小説朗読CD》 池波正太郎、真田信之を描く~錯乱、信濃大名記(CD4枚組/送料サービス) ]

《歴史小説朗読CD》 池波正太郎、真田信之を描く~錯乱、信濃大名記(CD4枚組/送料サービス)

¥8,640(税込み)
  • 《送料》 送料サービス

ご注文

《歴史小説朗読CD》 池波正太郎、真田信之を描く~錯乱、信濃大名記(CD4枚組/送料サービス)の商品説明

 大河ドラマ『真田丸』のヒットで新たなファンを開拓した戦国の雄・真田家。『鬼平犯科帳』や『剣客商売』『真田太平記』などで知られる小説家・池波正太郎氏もまた、真田一族に魅せられた一人だった。
 この朗読CDに収録された『信濃大名記』『錯乱』は共に、真田幸村の兄、真田信之(旧名:真田信幸)の生きざまを描いた作品である。一般には、弟・真田幸村や父・真田昌幸の陰に隠れている信之だが、実のところ歴史家たちの評価は最も高い。信濃の獅子と異名をとった文武に優れた名将で、特に雄藩取り潰しが相次いだ江戸時代初期における出処進退は、さすが戦国の生き残りと賞され、紀伊大納言をはじめ多くの武将の憧れであったと云われる。戦国を生き抜き、明治維新まで続く真田藩の礎を築いた名将の物語に酔いしれてください。
朗読は名優・橋爪功氏。


《朗読》 錯乱

 第43回直木賞を受賞した池波正太郎の出世作。全112分収録。
関が原はじめさまざまな経緯から、真田家を完全に信用できない幕府は、事あるごとに真田家取り潰しを謀る。下馬将軍と称された筆頭老中・酒井忠清が仕掛けるさまざまな罠、謀略。二代藩主・真田信政の急死で生じた 跡目相続問題のため、窮地に陥る真田家。すでに引退をしていた真田信之は再度、国政に立ち、真田藩の安寧を守ろうとするのだが・・・。

《朗読》 信濃大名記

 名高い関ヶ原の戦での真田一族の犬伏の別れ。真田一族が生き残りを賭け、東軍(徳川家康方)と西軍(石田三成方)に別れた名シーンを、信之の視点から描いている。全146分収録。
 豊臣秀吉の死は、穏便さを装ってきた諸大名の亀裂を表面化させた。真田昌幸、真田信幸、真田信繁の親子は上杉討伐に向かう軍勢の中、石田三成挙兵の報を受ける。 家康につくか、三成につくか、一族の命運をかけ、議論する三人だったが・・・。


前のページへ戻る