商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細 [ 《朗読CD》 池波正太郎のエッセイ集『男の作法』~昭和男の美学を聴く~(CD4枚組) ]

《朗読CD》 池波正太郎のエッセイ集『男の作法』~昭和男の美学を聴く~(CD4枚組)

¥3,780(税込み)
  • 《送料》 送料別

ご注文

《朗読CD》 池波正太郎のエッセイ集『男の作法』~昭和男の美学を聴く~(CD4枚組)の商品説明

 『鬼平犯科帳』や『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』などで知られる時代小説作家・池波正太郎の人気のエッセイ集『男の作法』の朗読CD。
 『男の作法』は昭和56年、池波正太郎氏50歳過ぎの頃のエッセー集だが、男のダンディズムを具体的に、かつユニークに紹介した作品だ。あまりに人気が高く3年後には文庫化され、たぶん今も重版され続けているのではないかと思われる。池上正太郎氏の時代小説には、鬼平こと長谷川平蔵や、剣客商売の秋山小兵衛のような、こんなふうに生きたいな、こんなふうに齢を重ねたいな、と思わせる人物がたくさん出てくる。そこには東京浅草生まれの生粋の江戸っ子である池上正太郎なりの美学なり、人生観が秘められているように思う。
 男に男が惚れる、そんな素敵な“男”を示す言葉は、ダンディー、粋、鯔背、切符がいい、など色々あるが、実のところどういう男なのか、なんとなくわかるのだが、辞書のように文字にするのはなかなかに難しい。それはたぶん、算数や数学のように、理屈でピッチリ割り切れるものではないからなのだろう。余りがある。理屈や道理では割り切れないなにかが、私たちに色気や侠気を与え、それがダンディズムや粋さにつながっていくのかもしれない。この池波正太郎氏のエッセイ集『男の作法』は、そんな余りがある男の生きざまを、それは少し古い時代の男かもしれないけれど、丁寧に、親しみを込めて教えてくれる、そんな本ではないか、と私は思う。
 素敵な自分の作り方、ぜひあなたもお読み・・・じゃなくてお聴きください(^^;
【朗読】:小森彰


池波正太郎のエッセイ集『男の作法』 収録内容一覧

はじめに / 鮨屋 / 勘定 / トロ / 顔 / 人事 / 目 / 組織 / 勝負 / 休日 / 旅行 / おみやげ / 新婚旅行 / 結婚 / 靴 / そば / うどん / ズボン / ネクタイ / スーツ / 和服 / 羽織 / 帯 / 眼鏡 / 本 / メモ / 日記 / 浮気 / 慰藉料 / てんぷら / 贈り物 / 万年筆 / 賀状 / 麻雀 / カレンダー / クセ / 約束 / 理想 / 赤ん坊 / 留守番 / 姑 / 週刊誌 / 肉 / 食卓 / 母親 / 小遣い / チップ / 退職金 / 電話 / 列車 / 心遣い / うなぎ / つま楊枝 / 店構え / 引き戸 / 日本間 / マンション / 一戸建て / 家具 / 風呂 / 香奠 / ビール / 酒 / バー / バーテン / 本屋 / 病気 / 体操 / 鍼 / 寿命 / 運命 / 死 / 生 / 占い / 楽しみ / 月給袋 / 女 / 運 /


著作権処理済ソフトについて
図書館様や学校様などで、貸出・閲覧をなされる場合は、著作権処理済ソフトでのご購入をお願いしております。本作の著作権処理済ソフトは8,000円(税別)となります。ご入用の方は備考欄に一筆お書き添えください。

前のページへ戻る