商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細 [ 《朗読CD》 江戸川乱歩:押絵と旅する男 / 鏡地獄(CD2枚組) ]

《朗読CD》 江戸川乱歩:押絵と旅する男 / 鏡地獄(CD2枚組)

¥2,592(税込み)
  • 《送料》 送料別

ご注文

《朗読CD》 江戸川乱歩:押絵と旅する男 / 鏡地獄(CD2枚組)の商品説明

 江戸川乱歩というと、怪人二十面相や少年探偵団を思い出す方も多いだろう。しかし本来はエロ・グロ・猟奇・残虐趣味のけっこう強い作風で、後世の怪奇小説や幻想文学、官能小説にも大きな影響を与えた。実際に探偵業にも従事していた江戸川乱歩は冷徹なまでへの人間への観察眼を持っていた。倫理観や社会通念を超え、どす黒く沈殿した人間の闇の感情を、赤裸々に引きずり出した江戸川乱歩の小説群。それはあからさますぎて嫌悪感や被虐感を伴うが、我々が人間である限り自らの中にも存在を自覚せざるを得ない非社会性なのだろう。
全2時間15分収録。朗読は女性朗読家wis。


鏡地獄

青年は、幼いころから鏡やレンズに異常なほどの興味、いや執着を抱いていた。レンズや鏡を使い独特な観察や実験を繰り返す青年だったが、その実験癖は次第に病的なものとなっていく。そんなある日、実験はついに彼の身に異常を起こすのだった・・・。

押絵と旅する男

蜃気楼を見に行った帰り、私は列車の中で一人の妖しい男に出会う。男は1枚の絵と共に旅していた。苦悶の表情を浮かべる白髪男と、生き生きとした美しい娘。絵に描かれた二人の不思議な事情を男は訥々と語り始めるのだった…。


前のページへ戻る