商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細 [ 【名画】 夕凪の街・桜の国~原爆投下。あの日から10年、そして60年~(DVD)★ ]

【名画】 夕凪の街・桜の国~原爆投下。あの日から10年、そして60年~(DVD)★

¥2,700(税込み)
  • 《送料》 送料別

ご注文

在庫数:
在庫状況:
数量:
ご注文はお電話、FAXでもOK!
【電話】 075(343)2414  【FAX】 075(371)8685
この商品のURLをメールで携帯に送る

【名画】 夕凪の街・桜の国~原爆投下。あの日から10年、そして60年~(DVD)★の商品説明

嬉しい? 十三年経ったけど、原爆を落とした人はわたしを見て
「やった、また一人殺せた」とちゃんと思うてくれとる?

 こうの史代の同名漫画を元に制作された映画。原爆投下から10年後、 60年後を生きる二人の女性を描き、「生きる」ことを描いた作品。原爆の悲惨さを描くというわけではない。普通に生き、普通に幸せを得ようとする人々が、それでも心の奥底に忘れられない悲しみや恐怖を抱えていて、それはふとしたきっかけで甦る。その辛さや寂しさと、それでも生きていける人間の強さを伝えようとした作品。生まれて、生きて、いまここに在るあなたをきちんと認めた作品。
 文章ではうまく伝えられません。ぜひ見てください。いい映画です。全118分収録。


夕凪の街・桜の国 あらすじ

夕凪の国

昭和33年。広島で母親のフジミと暮らす平野皆実は建設会社で働きながら、水戸市に住む弟の旭との再会を楽しみにしていた。一方で、原爆投下直後の惨状が忘れられず、生き残ったことに罪悪感を感じていた皆実は、同僚の打越のプロポーズへの返事をしていなかった。打越は、皆実の気持ちを聞くと、それをすべて受け入れてくれる。安心して幸せになろうと思うた皆実だったが、その日を境に体調を崩し、足腰が立たなくなり、食欲が減退。目も見えなくなってくる。皆実は原爆症を発症したのだ…。

桜の国

平成19年・東京。28歳になった石川七波は、定年退職した父・旭が広島に足を運び、人や場所を訪ね歩いていることに気づく。父の旭は幼い頃、石川家と養子縁組した過去があり、広島には生家の平野家があった。偶然出会った幼馴染の東子と父の後をつけるうち、七波は、祖母のフジミや早逝した伯母の皆実のことに思いを馳せる。同時に弟の凪生が東子と既に再会し付き合っていたこと。被爆二世であることを理由に、東子の両親から交際を反対されていることを知る。七波と凪生の亡くなった母、京子もまた被爆者だった・・・。


当店メインサイトTOPへジャンプ   人気テレビドラマ DVD/Blu-ray
人気映画DVD/サントラCD     舞台演劇・ミュージカルDVD
講演・対談のCD・映像DVD    プロジェクトXなどドキュメンタリー
朗読CD、朗読DVDのコーナー   戦争と平和、原子力を考える
時代劇映画・チャンバラ活劇・テレビ時代劇 DVD/BRV特設ページ
敬老の日 贈り物CD/DVD
図書館、各施設にお薦め CD/DVD
★ お電話、FAXでのご注文、海外への発送も行っています。
 ご注文はお電話、FAXでもお受けさせていただきます。
 ネットに不慣れな方、初めてのお取引で
 ご不安な方はご遠慮なくご利用ください。
 市原栄光堂
 〒600-8833 京都市下京区七条通大宮西入
【電話】 075-343-2414
【FAX】075-371-8685

前のページへ戻る