商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細 [ 【時代小説・朗読CD】 藤沢周平 時代劇小説 傑作撰 - 森繁久彌、加藤道子 朗読(CD14枚組) ]

【時代小説・朗読CD】 藤沢周平 時代劇小説 傑作撰 - 森繁久彌、加藤道子 朗読(CD14枚組)

¥30,240(税込み)
  • 《送料》 送料別

ご注文

【時代小説・朗読CD】 藤沢周平 時代劇小説 傑作撰 - 森繁久彌、加藤道子 朗読(CD14枚組)の商品説明

森繁久彌のライフワーク、NHK日曜名作座のラジオ音源から、藤沢周平の時代小説(時代劇小説)の朗読、ラジオドラマを集めCD化した作品。 藤沢周平の人気作品集『本所しぐれ町物語』『橋ものがたり』、藤沢周平には珍しく、喜多川歌麿や小林一茶など歴史上の人物を取り上げ、その人間を描き出した 『喜多川歌麿女絵草紙』、『一茶』、さらに藤沢周平作品の魅力を余すことなく味わえる短編小説8遍を収録。江戸の町を舞台に、人間そのものの変わらぬ本質を、綴ります。 森繁久彌、加藤道子の朗読による藤沢周平の時代小説をお楽しみください(『本所しぐれ町物語』には大谷直子が参加)。
CD14枚組 / 全810分収録。


藤沢周平 時代小説 朗読傑作選 CD収録内容

一茶
CD3枚:全180分

俳人、小林一茶。20000もの俳句を遺した稀代の俳諧師だが、その素朴な作風とは裏腹に、貧しさの中をしたたかに生き抜いた男でもあった。 遺産相続ではけっこうえげつない手段を講じ、晩年には若い妻をめとり好色な老人と噂された。江戸の俳壇ではあまり認められなかった一茶の屈折した心情と、 あまりにも人間臭い行動を、掛け値なしの眼で見つめ、描いた作品。名高い俳人の複雑な実像を描いた一味違う伝記小説。
【朗読】 森繁久彌, 加藤道子  【脚色】 山田正弘
【音楽】 古関裕而


喜多川歌麿女絵草紙
CD2枚:全120分

浮世絵師・美人絵の第一人者を自負する喜多川歌麿。絵を描いているとき、モデルとなる女の美しさを一滴残さず掬い取ろうとする歌麿は、 その女に惚れこみ、心底その女に没頭する。絵が出来上がったとき、 女は絵の中に昇華されて、生身の女に対する歌麿の欲望はおおかた、冷めているのだった。 喜多川歌麿とモデルとなった女性たちが織り成す人生の機微を描く、藤沢周平の隠れた名シリーズ。
【朗読】 森繁久彌, 加藤道子  【脚色】 須藤出穂
【音楽】 古関裕而

さくら花散る

版元、鶴喜から美人絵の連作の依頼を受けた歌麿。すぐに鈴屋のおこんの顔が浮かび、彼女をモデルに絵を描き始めるのだが・・・。

梅雨降る町で

今、歌麿の美人絵のモデルは、小料理屋に勤めるおくらだった。妻子がありながら、おくらにのぼせて小料理屋に通う男たちが多いのだが・・・。

赤い鱗雲

茶店に入ってきた時から、歌麿の注意をひきつけた女性。人目もはばからず泣く姿に、歌麿は一種の感動を覚えた・・・絵になる・・・

夜に凍えて

人気絶頂の中で筆が痩せたことを自覚する喜多川歌麿。六年前、初めてであったとkは銃後の少女だった女は、今は女盛りを迎えていた・・・


藤沢周平 浮世絵 短編時代小説
CD2枚:全120分

藤沢周平秘愛の1枚の浮世絵。『江戸おんな絵姿十二景』『広重名所江戸百景』は、この1枚の浮世絵より主題を得て、 1月から12月までの季節に応じた短編連作を創り上げようとした作品だ。それぞれの作品が季節を感じ取れる趣向なのが面白い。
【朗読】 森繁久彌, 加藤道子  【脚色】 石谷洋子
【音楽】 古関裕而, 池辺晋一郎

夜の雪 (江戸おんな絵姿十二景 より)

縁談を持ち込まれても、すべて断っているおしづ。おしづは廃業に追い込まれた実家の奉公人だった新蔵に思いを寄せていた・・・。

うぐいす (江戸おんな絵姿十二景 より)

長屋の人たちに誘われても一緒に湯屋には行こうとしないおすぎ。おすぎは長屋の人々となかよくしたいとと思うのだが・・・

明烏 (江戸おんな絵姿十二景 より)

馴染み客の新兵衛が今日は泊まらないという。花魁が理由を聞くと、新兵衛はその身代すべてを花魁に貢いでしまい、家を追い出されるのだという。

枯野 (江戸おんな絵姿十二景 より)

寺を出たおりせは、おかぢと出会い、亡くなった夫、清兵衛の話をする。清兵衛を褒めるおかぢだが、おりせは清兵衛の別の一面を見てきていた。

日暮れ竹河岸 (広重名所江戸百景 より)

金に困った信蔵は、ありとあらゆる人に借金を断られ、六助にも金の工面を頼んでいた。六助が最後の頼みの綱だったが・・・。

雪の比丘尼橋 (広重名所江戸百景 より)

独り者の鉄蔵は腰が悪く、痛くないときにしか働きに出られない。ある懐具合の暖かい日、鉄蔵は酒を飲み若い者に絡むのだが、逆にのされてしまい・・・。

品川洲崎の男 (広重名所江戸百景 より)

みちの目の前を、少し前まで訳ありだった男が若い女と一緒に歩いていた。みちは男の名前も知らなかった。そして・・・。


本所しぐれ町物語
CD3枚:全150分

夫婦喧嘩、浮気、いさかい・・・市井の人々の喜怒哀楽を、江戸の下町を舞台に描く、人間愛にあふれた作品。 本所しぐれ町という江戸時代の架空の町を舞台に、町の住人たちの物語を連作風の一つの作品として描いている。 本所しぐれ町の住人たちの回りで起こったさまざまな出来事を、並行的に描いていく。ある物語の主人公が、 次の物語では脇役やチョイ役に回っていく。どの話も独立して存在するのではなく、それぞれの事情が密接に関わってくる。プロットの名が楽しめる作品。
【朗読】 森繁久彌, 加藤道子, 大谷直子
【脚色】 山本淳子
【音楽】 古関裕而, 池辺晋一郎


橋ものがたり
CD2枚:全120分

大川橋、永代橋・・・時代劇の舞台に欠かすことができない「橋」。「橋」をテーマに人と人との出会いと別れを鮮烈に描いた市井ものの傑作短編集から永代橋を舞台にした 『赤い夕日』『殺すな』『川霧』、大川橋を舞台にした『氷雨降る』の4編を収録。
【朗読】 森繁久彌, 加藤道子  【脚色】 柳沢昭成
【音楽】 古関裕而, 池辺晋一郎

赤い夕日

過去を断ち切り大店の女房となったおもんだが、夫への疑惑と秘密にしていた過去が彼女の人生に波紋を起こす。男と女の心理の襞を精緻な筆致で描く。

氷雨降る

懸命に働き、気がつけば家族の中に居場所を失った吉兵衛。古くからの馴染みの元で飲んだ帰り、大川橋の上でおひさという女性と出会う・・・そして。

殺すな

小さな船宿のお抱え船頭だった吉蔵は駆け落ちした船宿の女将、お峯が自分の元を去りたいのではないかと思っていた。未練たっぷりの男を描く。

川霧

永代橋で倒れたお里を介抱した縁で結ばれた新蔵とお里。しかし1年半前、お里が突如消えた。最近、新蔵にはその理由がわかってきていた・・・。


藤沢周平 短編小説 朗読
CD2枚:全120分

森繁久彌と加藤道子による最後の藤沢周平作品の朗読収録となった『夜の雷雨』を含む4編。藤沢周平の作品の中でもそれとなくミステリアスな香りのする作品を収録している。
【朗読】 森繁久彌, 加藤道子  【脚色】 伊藤豊英
【音楽】 古関裕而, 池辺晋一郎

小鶴

藤沢周平版かぐや姫。夫婦喧嘩ばかりの夫婦の元に小鶴という娘が一緒に暮らすこととなる。名前以外、何も覚えていない小鶴だが、 彼女のおかげで笑いの絶えない家族になっていったのだが・・・

暗い渦

仕事帰り、信蔵は夫婦約束をしていたおゆうを八年ぶりに見かけた。最近はすっかり思い出すこともなかったが、 おゆうの今の暮らしをそれとなく聞いてみる信蔵だったが・・・。

桃の木の下で

知合いの家からの帰り道、志穂は斬り合いに遭遇する。斬り合っていた片方の男を知っていると語る志穂に、 夫の麻之助は周りには話すなと言いつける。しかしその後、志穂が襲われるようなことがあり・・・。

夜の雷雨

大切な孫の清太が極道者となってしまったおつねには歳の離れた話し相手がいた。おきくという娘だったが、 そのおきくが病で倒れていることを聞き、おつねは看病をすることにするのだが・・・



特典解説本(本文80頁・B5判)
名作座をさらに深く楽しみたい方に
1.日曜名作座の魅力

◆ 小林信彦:森繁久彌の世界

(森繁久彌さんを偲んで)
◆ 西田敏行:森繁さんのアドリブ天国
◆ 小林桂樹:シゲさんとの想い出
◆ 中村メイコ:モリシゲ風ダンディズム

(日曜名作座の魅力)
◆ 池辺晋一郎:深夜におよぶ牡蠣パーティ
◆ 加藤道子:曲がり角には振り向いて
◆ 伊藤豊英:よくこれだけ続けてきたもんだ
◆ 森繁久彌略年譜

2.藤沢周平の世界

◆ 遠藤展子:父からの遺伝
◆ 高橋敏夫:藤沢周平の生涯と作品
◆ 青木美智男:藤沢周平作品の背景を探る
◆ 高橋敏夫:収録作品解説
◆ 藤沢周平略年譜
◆ 『NHK日曜名作座』全放送作品一覧



 

前のページへ戻る