商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細 [ [邦画] 織田作之助 『 夫婦善哉 』 - 森繁久彌 , 淡島千景 , 司葉子 など(DVD) ]

[邦画] 織田作之助 『 夫婦善哉 』 - 森繁久彌 , 淡島千景 , 司葉子 など(DVD)

¥4,860(税込み)
  • 《送料》 送料別

ご注文

[邦画] 織田作之助 『 夫婦善哉 』 - 森繁久彌 , 淡島千景 , 司葉子 など(DVD)の商品説明

「おばはん たよりにしてまっせ」

 いつの時代にも、なんであの男にあんなええ女が・・・ということがあるものです。
でも結構、当のお二人にはそんな夫婦関係が居心地がいいらしい、
人情味あふれる大阪の町で、時折みかける夫婦のお話『夫婦善哉』。

 曽根崎新地の売れっ子芸者 蝶子(淡島千景)は、化粧問屋の若旦那柳吉(森繁久彌)と駈落ち。
当面の生活費は持っていたのだが、関東大震災で一文無しに。
たちまち生活に困った二人だったが、しっかり者の蝶子がヤトナ芸者で苦労する決心をする。
ヤトナ芸者というのは臨時雇いの仲居兼芸者のようなものだった。
蝶子の苦労にもかかわらず、ボンボン気質の柳吉は安カフェで遊び呆ける日々。
妹の筆子(司葉子)が婿養子を迎えるという噂を聞くと、金を無心に自宅へ走る体たらく。
怒る蝶子を背に「まあそら怒るわな」とゴロンと寝てしまう。
蝶子はそんな柳吉にあきれ、絶望しながらも、見捨てることができず、日々が過ぎていく。
柳吉の父も、柳吉と蝶子の仲を許すことなく、あの世へ行ってしまうのだが、
勘当されて家に迷惑ばかりかけてきた柳吉は位牌も持たせてもらえない。
それでも二人はなかよく、法善寺境内の「めおとぜんざい」へ連れ添っていく・・・。


 あらすじを書くと、なんじゃ、それなのだが、とにかく森繁久彌の柳吉が見てて、楽しい。
ボンボンで甘ったれでその癖、気の弱い、もうロクでもない男なのですが、なぜか憎めない。
森繁久彌は、豊田監督に「柳吉をかわいくやってみたいと思います」と言っていたそうですが、まぁお見事!の一言です。
淡島千景の蝶子も魅力的。
細面で笑顔がとっても可愛いい。いや年上の人をかわいいというのは失礼だが、映画の中の彼女は年をとりませんので、お許しを。
気が強くて情が深い、可愛らしい芸者を好演しています。

「ええ夫婦やなぁ」  思わず言ってしまう作品です。
当店メインサイトTOPへジャンプ           朗読、講演、対談のコーナー
名画・TVドラマの名作がいっぱい         時代劇・チャンバラのお部屋 
日本映画・戦記映画・名作映画のお部屋    落語CD・落語DVD&VHSのお部屋
70~80年代 フォークソング・J-POP    懐メロ、懐かしの歌謡曲、思い出のメロディー
 ご注文はお電話、FAXでも
 お受けさせていただきます。
 ネットに不慣れな方、初めてのお取引で
 ご不安な方はご遠慮なくご利用ください。
 市原栄光堂
 〒600-8833 京都市下京区七条通大宮西入
 <電話> 075-343-2414
 <FAX> 075-371-8685

前のページへ戻る