商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細 [ [朗読CD] 山本周五郎 朗読集~その木戸を通って・つゆのひぬま・肌匂う(CD3枚組) ]

[朗読CD] 山本周五郎 朗読集~その木戸を通って・つゆのひぬま・肌匂う(CD3枚組)

¥2,268(税込み)
  • 《送料》 送料別

ご注文

[朗読CD] 山本周五郎 朗読集~その木戸を通って・つゆのひぬま・肌匂う(CD3枚組)の商品説明

山本周五郎の名作『その木戸を通って』『つゆのひぬま』『肌匂う』を
司会、ナレーター、音楽評論家として活躍する武田はるか氏、
ニュース、情報、ドキュメント番組のナレーションやテレビの吹替で知る人ぞ知る那波一寿氏の
朗読でお楽しみいただきます。

男女二人の表情豊かなボイスで綴ることで、朗読に強弱ができ、
登場人物の息遣いが聞こえるような作品となっております。
お奨めの作品です。
全215分収録
■ その木戸を通って
城代家老の娘との縁組が決まり、順風満帆の平松正四朗。
ある日上司から「お前の家にいる娘はどういう関係のものだ」と詰問される。
そんなものなど知らないと断言した正四朗だったが、家に帰ってみると果たして女がいた・・・
江戸時代の若者の気概と愛を描き、映画化もされた山本周五郎文学の傑作。

■ つゆのひぬま
深川佃町の娼家 蔦家に働く3人の娘、おひろ、おぶん、お吉、おけい。
主人のお富が留守の夜、一人の男が蔦家に現れる。
まともに生きることをあきらめ、悪の道に入ろうとする良助という男。
それを必死に止めようとするおぶん。そんなとき、蔦家に高潮が襲ってきた。

■ 肌匂う
年頃の青年、沢木甲午は、次席家老の新宅開きの祝いの宴に招かれ、
さんざんに酔った挙句、誰ともわからない娘と間違いを犯してしまう。
薄闇の中の出来事で、思いだせるのは強く匂っていたその女の匂いだけだったが・・・。

当店メインサイトTOPへジャンプ   70~80年代 フォークソング・J-POP
懐メロ、懐かしの歌謡曲、思い出のメロディー
童謡・抒情歌・唱歌のお部屋    JAZZ・軽音楽・ヒーリング、クラシックの部屋
朗読CD、朗読DVDのコーナー
    講演・対談のCD・映像作品
名画・TVドラマの名作がいっぱい  時代劇・チャンバラのお部屋
 ご注文はお電話、FAXでも
 お受けさせていただきます。
 ネットに不慣れな方、初めてのお取引で
 ご不安な方はご遠慮なくご利用ください。
 市原栄光堂
 〒600-8833 京都市下京区七条通大宮西入
 <電話> 075-343-2414
 <FAX> 075-371-8685

前のページへ戻る