商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細 [ [舞台演劇] 藤原竜也 エレファントマン(DVD or ビデオ) ]

[舞台演劇] 藤原竜也 エレファントマン(DVD or ビデオ)

¥6,264(税込み)
  • 《送料》 送料別

ご注文

DVDかVHSビデオかをお選びください:
数量:
この商品のURLをメールで携帯に送る

[舞台演劇] 藤原竜也 エレファントマン(DVD or ビデオ)の商品説明

 エレファントマンは、1862年に生まれ、1890年に死んだ一人のイギリス人だ。
本名はジョセフ・ケアリー・メリック。
エレファントマンは、見世物小屋で客を集めるためにつけられた名前だった。

 彼の身体は、ほとんどの皮膚、骨格で膨張と変形を起こしていた。
頭部や胴部は、皮下組織の増大によって弛んで垂れ下がり、
右腕と両脚はひどく変形肥大し、棍棒のようになっていた。
上唇から突出した象の鼻状の皮膚組織は、一時は20 センチ近くに達し、
このため会話や食事は終生不自由であったと言われている。
 しかし、何より重要なことは、このような境遇において、
彼の知能は極めて正常であり、知性的でロマンチックな感情を有していたことだった。
つまり彼は、他人の蔑みや好奇、憐れみを十二分に感じ、認識し、
それを理性で判断し、許容できる一人の人間だったのだ。
そして、それこそが彼の悲劇のそのものであったように、私は感じる。
 本作では、若き名優 藤原竜也が、この理不尽な重荷を背負った人物を演じる。
裏切られる人生、好奇と憐憫、そして愛情、生き続ける意味、神への献身……。
さまざまな人々の思惑の中でも、自らを失わないメリック。
 彼を保護した医師フレデリック・トリーヴス(今井朋彦)は、
そんなメリックの姿に、自らの真の姿を問いかけざるを得なくなる。

メリックにとって、幸せとは何なのか、
自分たち正常な人間に近づけようとした努力にどんな意味があるのか、
そもそも自分たちの方が彼より正常などということが傲慢なのではないか・・・


見るたびに変わる、自分自身の葛藤と疑問に、
演出家 宮田慶子が作品に込めた思いの深さを感じる作品。

   当店メインサイトTOPへジャンプ    時代劇・チャンバラのお部屋    名画がいっぱい
   TVドラマいろいろ     アニメDVD・アニメビデオ・CD     特撮DVD・ビデオ・サントラCD
   プロジェクトX&ディスカバリーチャンネル      朗読、弾き語りのCD・DVD
 ご注文はお電話、FAXでも
 お受けさせていただきます。
 ネットに不慣れな方、初めてのお取引で
 ご不安な方はご遠慮なくご利用ください。
 市原栄光堂
 〒600-8833 京都市下京区七条通大宮西入
 <電話> 075-343-2414
 <FAX> 075-371-8685

前のページへ戻る