商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細 [ 《時代劇》 二百年前の行政改革・上杉鷹山 - ケネディ大統領が尊敬した日本の名君(DVD) ]

《時代劇》 二百年前の行政改革・上杉鷹山 - ケネディ大統領が尊敬した日本の名君(DVD)

¥5,076(税込み)
  • 《送料》 送料別

ご注文

《時代劇》 二百年前の行政改革・上杉鷹山 - ケネディ大統領が尊敬した日本の名君(DVD)の商品説明

生せは生る 成さねは生らぬ 何事も 生らぬは人の 生さぬ生けり
 上杉家中興の祖と呼ばれる、米沢藩第九代藩主・上杉治憲(後の上杉鷹山)の言葉です。武田信玄の名言を模範にした言葉だが、本作では上杉鷹山がこの言葉を実行し、藩の行政改革を着々と行った・・・ケネディ大統領が尊敬した統治者の理想像を綴ります。

 1700年代中頃、上杉謙信以来の名家、米沢藩上杉家は関が原の敗戦、嗣子問題による減封により15万石の小大名となっていたが、名家であるがゆえに諸経費がかかり、借財は歳入の3倍に達し、領地返上寸前の財政危機に陥っていた。  16歳にて家督を継いた上杉鷹山(筒井道隆)は、民政家で殖産事業に長けた竹俣当綱(中村梅雀)、財政通で現実家肌の莅戸善政(益岡徹)などを登用し、藩の行政改革に取り組むが、七家騒動など保守派の重臣たちの激しい抵抗、さらに重用した部下の失脚など、再三の足踏みを余儀なくされる。それでも上杉鷹山は諦めることなく、ただひたすらに藩政改革に邁進するのだが・・・。


当店メインサイトTOPへジャンプ        人気 TVドラマ DVD/Blu-ray
人気映画DVD/サントラCD          講演・対談のCD・映像DVD
プロジェクトXなどドキュメンタリー       時代劇・チャンバラのお部屋
特撮ヒーロー・特撮映画 DVD/Blu-ray   朗読CD、朗読DVDのコーナー   
 舞台演劇・ミュージカル・シェークスピア劇DVD
 敬老の日 贈り物CD/DVD
 図書館、各施設にお薦め CD/DVD
★ お電話、FAXでのご注文、海外への発送も行っています。
 ご注文はお電話、FAXでも
 お受けさせていただきます。
 ネットに不慣れな方、初めてのお取引で
 ご不安な方はご遠慮なくご利用ください。
 市原栄光堂
 〒600-8833 京都市下京区七条通大宮西入
 <電話> 075-343-2414
 <FAX> 075-371-8685

前のページへ戻る