商品計 0点 ¥0
おいでやす ゲスト はん
HOME商品一覧 > 商品詳細

ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 2008年/平成20年 「Copenhagen Christmas」

¥17,496(税込み)
  • 《送料》 送料別

ご注文

商品説明

ロイヤル・コペンハーゲン

ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 2008年/平成20年 「Copenhagen Christmas」

価格:17496円(税込)

商品詳細
シリーズイヤープレート
アイテムイヤープレート・アイテム
サイズ直径18cm
商品説明

2008年のテーマは「Copenhagen Christmas(コペンハーゲンクリスマス)」。プレートの背景にはデンマークの首都コペンハーゲンのシンボルである数々の建物が空からの光に照らされて描かれています。このまばゆい光は初年度版の1908年プレートで、マドンナと子供を照らしている光と同じ光です。
前方にある花はクリスマスローズで、籠の中で眠るイエスキリストに花を贈ろうとした少女が、あまりの貧しさに花が買えずに涙を流し、その涙から生まれたのが花だという言い伝えが残っています。
【建物説明(向かって左から)】
証券取引所・市役所・ラウンド・タワー・クリスチャンボー宮殿・聖母教会・セイヴィア教会・フレデリクス教会(通称:大理石教会)


イヤープレートは、別名「クリスマスプレート」と呼ばれています。クリスマスに自分の生まれ年や記念年のお皿でケーキを食べる風習となりました。クリスマスや誕生日、各種記念日の贈り物にも最適です。
イヤープレートは毎年、その年のプレートを生産してしまうと型を壊してしまい、追加製造はされません。その事から過去の年代のプレートに思わぬプレミアが付く場合もございます。
他のコペンハーゲンの商品同様、プレート毎に多少絵付けの濃淡等が異なってまいります。濃淡は、好みの問題で、どちらが良い悪いということではございません。
【エッチングによる文字入れを承っております。(有料)】
プレートの裏面に、お名前や言葉や日付をお入れすることができます。ご結婚、ご出産などの御祝・内祝に最適です。

青と白の世界に吸い寄せられそうになる、デンマークの陶磁器メーカー「ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)」。1770年代初め、科学者ミューラーの手によってデンマーク初の磁器焼成に成功し、その歴史は始まりました。素焼きの器に色を付け、上薬をかけて高温で焼き上げる「アンダーグレース技法」の陶器を手がけ、それらは19世紀のヨーロッパの上流階級の人々に愛用され、広く知られるようになりました。その後デンマーク王室の暖かな加護を受けて育ちました。
それぞれの時代を反映しながら創り出されてきたロイヤルコペンハーゲンの製品は、長年培われた最高の工芸技術で今も伝えられております。日本の有田焼の影響もあり、コペンハーゲンの伝統であるコバルトブルーの唐草模様は繊細で格調高い職人達の心意気を強く感じます。
ロイヤルコペンハーゲンのフィギュリンは、長い歴史があります。1889年に最初のフィギュリンがパリの万博公園で発表されて以来、熟練の職人たちによるクラフトマンシップに支えられて、現在まで変わらぬ技法で制作され続けています。伝統を受け継ぎながら、毎年新たなフィギュリンが発表されております。また、その心温まる表情・しぐさには定評があります。
「ロイヤルコペンハーゲン 商品のご購入に関するお願い」
以下の点につきまして、予めご了承くださいませ。
・色味について
色味は、濃さが1点1点異なります。つきましては、HP上でご紹介しております商品とお届けする商品の色味が異なります。
色の濃淡によるご交換・ご返品はお受け出来ません。
・バックスタンプについて
バックスタンプのデザインは製造時期により商品画像と異なる場合がございます。
・製造国について
フローラダニカシリーズ以外の商品は2010年以降順次デンマーク国外での生産に移行されております。
・フィギュリンにつきましては、同じ商品であってもひとつひとつ異なった表情をしております。

この商品を買った人はこんな商品も買っています。

有名ブランド洋食器などを直輸入価格で販売致しております。
同じ予算でワンランク上の贈り物を!

こちらではル・ノーブル取扱い商品の中から、一部をご紹介致しております。
ウェッジウッド リチャードジノリ バカラ ロイヤルコペンハーゲン マイセン ヘレンド

ル・ノーブル本店HPでは、お得なセール商品や
スタッフが現地まで買付けに行ったレアアイテムなど、豊富な商品が揃っています。
ぜひ遊びに来て下さいね。

- ル・ノーブルが取り組むエコ -
割れ物を扱う私たちは、商品を守るためにたくさんの包装・緩衝資材を使用しますが、
少しでもそれらを減らしたり、リサイクル品を使用することでCO2削減に努めています。