「タオルのはなし」

myタオルを捜してみませんか?

ひと口に、タオルと言いましても、色々あります。
 よく「綿のタオルを下さい。」と言われますが、ナイロン素材のボディタオルや、高吸水(キュプラ素材等)タオル、絹タオル等、ごく一部の例外を除いて、殆どのタオルの素材は綿です。 タオル工場
では、同じ綿のタオルなのに、何故使い勝手が違うのでしょう?
 タオルの産地としては、国内では主に今治(四国)と泉州(大阪)があり、最近では急速に、中国を産地とした物も増えてきました。
タオル工場  これら産地には、100を超えるタオルメ-カ-がそれぞれあり、また織機の台数も数多くあります。

 これら織機にはそれぞれ特性があり、そこで織られるタオルの風合いは、硬いものから柔らかいものまで、様々あります。

 糸の種類も20・30糸が中心ですが、それより細番手のもの、又、単糸、双糸と多岐に分かれていきます。
 加工段階では、プリント、印刷、織り柄...etc等、晒工場の糊加工、洗浄工程等、ひと口にタオルと言っても、同じ種類はひとつもないというのが本当のところです。

※タオルの一般的な生産工程については、こちらをクリックしてください。

「この頃のタオルは水の吸いが悪くって...」(最近一番多い質問です)

 という問いには「最終加工(晒)段階で糊抜き(洗浄)が甘いので、タオルの表面に糊が残って水を吸いにくいのですよ。何回か洗濯すると糊がとれて、使い易くなりますよ。」と答える様にしています。 
 これは、タオルに限らずどの品種にも言える事だと思いますが、コストをかけて丁寧に作った物は、間違いない物が多いという事です。
タオル
では、安いタオルは使いにくいのでしょうか?

 これも、必ずしもそうではないと思います。
タオル  化粧品は使う人の肌や体質にあわせ、実にさまざまの種類のものが販売され、また消費者も自分にあわせたものを見つけ、使われている方が多いと思います。
 かたや、同じ様に直接肌に触れる事の多いタオルを、化粧品の様にこだわって使われている方は、そう多くないと思います。

いちど、自分にあったmyタオルを捜してみませんか?
 先ほど、申し上げた様に、タオルの種類といっても、実に多くの物があります。

 あなたの街のタオル専門店へ行ってみてください。
タオル・タオル製品
こだわり店主やスタッフが、あなたにぴったりのタオルを紹介してくれると思います。

(株)寺村牡丹堂 寺村浩平
当店のホームページもご覧ください.
(株)寺村牡丹堂
※画像の上にマウスを持ってきていただくと、
当店 店主 寺村浩平 が現れます。
(株)寺村牡丹堂

(株)寺村牡丹堂

京都市中京区寺町通り四条上がる大文字町298
075-221-0556
botando@kyoto-teramachi.or.jp
http://www.kyoto-wel.com/shop/S81080/