健康ブームの中で見過ごされがちな目の健康の話し
・普段から、コンタクトレンズを着用していますか?
・視力が良く、医者にかかる必要がないと思い、今まで眼科へ行ったことがありませんか?

・最近、目が乾いたり、目がかすんだりしても、単なる疲れ目だと思って、そのまま放置していませんか?
 誰でも当てはまる項目ではありますが、ここであえて質問させて頂いたのは、目の障害というのは、身体の他の部位に較べて、実に自覚しにくい部分だからです。
 上にあげた質問の中で一つでも、”はい”と答えたあなたは・・・


もうすでに目の病気にかかっている

かもしれませんよ!!

 いいえ、皆さんをおどしたいわけではありません。症状が表面に現れないからこそ、日頃から少し気にとめて頂きたかったのです。
 今回は、最近私どもの眼科が特に力を入れている、”コンタクトレンズによる目の傷害”と、”緑内障”についてお話しさせて頂きます。
《 コンタクトレンズによる目の傷害 》
 コンタクトレンズは簡単に装用でき、違和感もほとんど無く快適な視力が得られるため、視力の悪い人にとっては非常に便利なものです。

 しかし、コンタクトレンズの着用人口が増えるつれて、誤った使用や過剰な装用をする人の数も増え、結膜や角膜に障害が起きているのも残念ですが事実です。

 最近、一部の眼科では、検査をせずに好きな分だけ使い捨てコンタクトレンズが簡単に手に入るため、正しい装用方法が伝わりにくく、コンタクトレンズの危険性があまりに認識されていないのではないでしょうか?

 これからの時代、便利さだけを追求するのではなく、きちんと目の診察をうけることの出来る眼科を選び、定期的に検査を受け、結膜炎、ドライアイ、角膜障害などを防ぐことが大切です。

   Point!

・毎日こすり洗いを欠かさない。
・決められた装用時間や使用期間を守る
・眠るときはレンズをはずす。
・違和感があれば、我慢せずに眼科で診察を受ける。
・眼科で定期検査を受ける



     お手入れは欠かさずに!
《 緑内障 》
 当初は自覚症状がなく進行する目の病気の典型的なものに、《緑内障》があげられます。

 緑内障とは眼圧が高いために神経系が眼球内側から圧迫され、視神経が正常に機能せず、視野が徐々に欠ける病気です。視野が欠けると言っても、普段私たちは二つの目で同時にものを見る為、互いに視野をカバーし合うので症状に気付くのは難しいです。

 一般的に緑内障は40歳を過ぎた方にかかりやすい病気と言われていますが、一言に緑内障と言ってもその種類は様々で眼圧が正常なのに緑内障になってしまう、「正常眼圧緑内障」というものがあります。

 当院でも使い捨てコンタクトレンズの定期検査の患者さんの中で、緑内障が疑わしく、視野検査を受けた結果、緑内障と判明した方がいらっしゃいます。

 現在では治療法の進歩によって高い確率で視野障害の進行を防ぐことが出来るようになっていますので、早期に発見し、医師の適切な治療を続けなければなりません。

今回の話題に少しでも興味を持たれた方は是非当院のHPも御覧下さい。
http://www.ace-contact.jp

きょうとwel.com弊店トップページもよろしく
エースコンタクト
京都市中京区河原町通四条上ル
ニュートーキョービル3階
FREE DIAL:0120-118322

『よもやま話』トップへ戻る