趣味は楽しんでやる事が大切


まず初めに。
皆様、素晴らしい感性でいろいろな事柄をお書きになっておられますので、
私みたいなものが内容を書かせて頂いて良いのかな〜、とおもいつつ、書いております。
これから書く話は皆様が楽しんでおられる趣味を想像しながらお読み頂ければ幸いです。
編集長様〜、私のいつものスタイルで書かせて頂きますので、読みにくいと思いますが怒らないで下さいね〜。

という事で、私が今現在ハマっている趣味はといいますと、
ズバリ「写真」です。写真といっても難しい事はほとんど考えません。
「綺麗だな〜」「可愛いな〜」と思ったものをいろいろな角度から撮ってみるだけのものです。
これからの文章や写真を見て頂き、同じ趣味の仲間が増えればとひそかに思っています(笑)。
宜しくお願いいたします。

私のコンセプト
(自分が楽しめればそれでいい)
綺麗と思ったものはとりあえず撮る!
いろいろなパターンで撮ってみる!

私は常にカメラを持ち歩いています。
もちろんお休みの日ですけど(汗)
何気なく歩いていると道端にある草花が目に付きます。
そんな草花をとにかく撮っておきます。
この時はまさに「記録写真」の感覚ですね(笑)
これが記録写真的な取り方です。

こちらは記録的に撮った写真を見たり、実際の風景を見ていていいなぁ〜と思ったら更にいろいろな角度から撮ってみます。
特に草花がメインですが、上から撮ったり下から撮ったり、いろいろ試します。
もちろん、露出や絞りも変えていきます。
これはそんな撮り方をしている一枚です。

このような撮り方をしながらいろんな写真を取り貯めています。
決して上手い一枚ではないですが、
「自分が楽しめればそれでいい」というコンセプトがありますので・・・(汗)


聞き過ぎると深みに嵌る!!
  これは私の場合だけかも知れませんが、趣味というのは嵌れば嵌るほど突き詰めたくなるものです。
「実際に売られている商品のように作りたい」とか、「プロのように撮りたい・作りたい」など。
そう思い始めると、上手い方にいろんな事を聞きたくなります。

しかし!!

プロ同士の中でもいろんな方がおられて、考え方や物事のやり方が違います。

仰っている事が同じでもそれまでの過程が違うパターンが多いという事です。
実際に私もいろんな方に「構図の取り方」や「絞りの決定」、「露出の決定」などの面でお聞きしたのですが、聞きすぎて、何がなんだか分からなくなって「もう、止めようかな?」と思った時期もありました。

そんな事で「趣味」というものは自分のペースでやるのが一番です。

また、先生と決めた方がおられましたら、その方についていくつもりで教わりましょう
いろんな方の意見は絶対に一緒にしないようにしましょう(笑)
マナーは守りましょう!
 

他の趣味でも私の趣味である写真も同じなのですが、最近はマナーを守らない方が多いと強く感じますね。
写真の場合において例をあげますと、
三脚を入れてはいけない花壇に思いっきりいれている人や、
最悪の場合は立ち入り禁止の場所に思いっきり入り込んで堂々と撮影している人。

こんな事をしている人がいくら素晴らしい作品を撮っても全然素晴らしいと思えないですよね。
やはり、何事をするにもマナーは守らないといけません。
趣味を楽しく行うにあたって周りの方にも気を配るという事を忘れないようにしましょう(笑)


最後に一言
 

趣味のお話につきましては最後になりますが、皆様も沢山の趣味をお持ちで楽しんでおられると思います。
最近、自分で個人的に趣味のサイトを立ち上げ、インターネットを介していろんな方と写真を見せ合っていますが、とても楽しいですし、やる気が沸いてきます。
それから、自分には無いものを持っている方が沢山おられますので勉強にもなります。
趣味を10倍も20倍も楽しくしてくれるのは気の合う仲間が集う事だと私は思います。
今はインターネットという便利なネットワークがありますので、是非ご活用いただき、
同じ趣味仲間を探して欲しいと思います。

私の知り合いにゴルフのスコアを見せ合って競争心をあおっている方もおられます。
そんな事で皆様の趣味がどんどん良いものになっていく事を願っております。

本業とはかけ離れたお話になりましたが、お許しください。

社長〜〜ごめんなさ〜〜い(ToT)/~~~


店内(宇治茶と茶道具販売コーナー)
店内奥(和風茶寮)

〒612-8053
京都府京都市伏見区東大手町779
(有)【油長茶舗】 石田 能彦

Tel/Fax 075-601-1005
URL : http://www.kyoto-wel.com/shop/S81127/
E-mail : aburacho@s2.dion.ne.jp