人とあかりのGOODな関係

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★          

あなたは蛍光灯派?それとも電球派?(おまけ!フラッシュ版)

いつも目にしているのに、あかりについては意外と知らずにいることが多いもの。そこで、光やランプに関する知識や演出のテクニックなど、あかりへの理解を深めていただくためまとめてみました。お部屋の照明器具選びやリフォーム時のあかりプランに役立てていただければと思います。

光の明るさや色合いは、私たちの生理や心理に少なからず影響を及ぼしています。蛍光灯(放電による光源)のように明るく青白い光は、私たちの気分を爽やかにしてくれますが、同じように青白いでも照度が低いと、陰気で寒々しい気分を与えます。また白熱灯(電気抵抗による光源)のように赤っぽい光の場合は蛍光灯とは逆に、照度があまり高いと暑苦しく不快な気分にさせられ、むしろ暗めの方が快適感を与えてくれます。

また人は無意識のうちに光の明るい方向へ向かおうとします。商業施設などを思い浮かべると、奥のほうが明るくライティングされた店舗は私たちの期待感を刺激し、そこへ入ってゆきたい気持ちにさせられますが、奥のほうが暗ければどうでしょう? 何だか入りにくい気になり、そこへ足は向かないはず。このように光には人の期待感を高めたり、心を誘う効果があります。お店の方は店頭の照明だけでなく店舗奥のライティングにも配慮が必要です。

私たちの部屋の明るさは、照明器具や自然の光はもちろんですが、内装材やインテリアにも大きく影響されます。いつもと同じ照明なのに、真っ白なカーテンやテーブルクロスに取り替えただけで部屋の中が明るく感じられた、という経験はありませんか?これは色や素材によって光の反射率が異なるためです。ふつう白っぽい色ほど光を反射して明るく感じ、黒っぽい色ほど光を吸収するので暗く感じられます。

省エネを考えるなら、壁や天井、家具などは白っぽい色合いのものを選ぶと照明効率が高まります、逆に濃い色を選ぶと落着いた空間になるので、和室など濃い色の内装材が使われている部屋には、ワンランク上の明るさの器具を選ぶようにしましょう。光は人間の目に与える影響も大きく、あまり過剰な光が目に入ると目が疲れるだけでなく、視力が低下する原因になります。これは暗い部屋でTVを見ているような状態で明暗のコントラストが大きすぎると、視線を動かすたびに目が瞳孔の調節をしなくてはならず目に負担がかかるからです。手元の明るさが充分でも部屋全体の明るさが不十分であれば同じで、部屋の全体照明と部分照明の照度差が大きくならないよう気をつけて下さい!
特に子供部屋は・・・・・。

わたしたちが目にする、照明に使われている光源(ランプ)は大きく白熱灯と蛍光灯の2種類に分けられます。白熱灯はやわらかくあたたかみのある光色が特長で、立体感や陰影

などの再現力に優れています。また集光させやすいので、とくに部分照明に適した光源といえます。

蛍光灯には影ができにくく、まぶしさが少ないのが特長で光が拡散するため、とくに部屋を広範囲に照らす全体照明に適しています。

白熱灯と蛍光灯、それぞれの光の色や特長をつかんで使い分け、うまく組み合わせたいものですね。

1.白熱灯

光の特長・・・・・やわらかく、あたたかみのある光

光の色合い・・・・赤っぽい色

演出効果・・・・・落ち着いたくつろぎの感のある雰囲気を演出します

表現・・・・・・・色彩をリアルに表現するため、料理をおいしく見せる
点灯源で輝度が高く、ツヤや立体感の表現にすぐれています

点灯機能・・・・・スイッチを入れるとすぐに点灯し、調光もスムーズ

電気代・・・・・・やや高い

ランプの寿命・・・短い 

おすすめの場所・・廊下や階段など滞留時間が短く、スイッチのON−OFF
が頻繁
に行われる場所におすすめで、キッチンや子供
部屋など作業中心になる場所には不向きです

2.蛍光灯

光の特長・・・・・太陽光のような爽やかな光

光の色合い・・・・青っぽい色

演出効果・・・・・爽やかな活動的な雰囲気を演出、
集中力や思考力を高める

表現・・・・・・・拡散光が得られるため影が出にくい
           露出して使っても、あまりまぶしさを感じない

点灯機能・・・・・スイッチを入れてから点灯までやや時間のかかるものもある
調光は出来ない

電気代・・・・・・安い

ランプの寿命・・・長い

おすすめの場所・・経済性に優れているので、長時間使用する場所に
おすすめ
ただし、ON−OFFを頻繁に繰り返すところに
は、ランプの寿
命を著しく消耗させるので不向きです