Linuxのすすめ
山下頼俊

● Linux とは

Linux とは、リナックスと読みます。パソコンを動作させる基本ソフト(OS)です。 Windows95 ,98, Me, 2000, XP 等と同じコンピュータ用のフリーのOSです。

パソコンを使う場合、OS(基本ソフト)がまず必要で、その上で私達が日頃利用する ワープロや表計算やメール等のアプリケーションプログラムが動作しています。

フリーと言うのは、ただで利用できると言うことです。

ただで利用するのですから リスクは利用者持ちです。バグがあっても文句は言えません。基本的には、 自分で対処するのがフリーソフトの世界です。

しかし、その場合も、世界中で利用されて、ソースコードも公表されているのですから、 大概の場合、世界中の開発コミュニティーが素早い対応をしてくれます。

ソニーがプレステ2のソフト開発環境をLinux にしたのは有名な話で、OSとしての優秀さをメーカーが認めたと言うこともありますが、採用の一番の理由は、動作が変なとき、OSのバグか、ゲームアプリのバグかの判断が速くできることにあったようです。

これも、ソースコードがすべて開示されているOSならではのことです。 もっとも、有料のアプリケーションソフトと組み合わせて販売しているLinux製品もあります。

Linuxのアプリケーションに付いては、フリーの物もあれば、有料のものもあります。 最近は、Linuxに対応するアプリケーションも徐々に増えてきました。

でも、最もメジャーなソフトメーカーは、自社のOSを売る戦略もあってか アプリケーションは、Linux に未対応です。 フリーのOSを使えば、プラットホームは平等にしておいて、その上で、いろいろなソフトベンダーがユーザーのニーズに合ったアプリケーションを競争開発するとい う構図も出来ます。

● Linux の現状


開発された当初は、新しいハードには、対応が遅れていましたが、現在では 各メーカーが積極的に情報を開示してくれるようになったこともあって、 かなり早い対応がされています。

メーカーも、IBMをはじめとして、最近では日本のメーカーも相次いでLinux 対応を表明しています。

この流れには、必然性があります。パソコンを使う人が増えて、ハードについては、 性能は上がって価格は安くなります。 機械の性能が上がるのですから、より多くのアプリケーションも使えるようにはなるのですが、ソフトのほうは、ハードの性能比価格程は、安くならない。
OSの性能面では、クリア出来ているのですから、これを使うのは、価格競争の原理からも当然なのです。

IBMは、 かなり早くから、フリーのOSを使っても商売になり得るとして、 自社の全ラインナップでLinux を走らせることを表明しています。 また、Linuxコミュニティへの貢献も続けています。 この素早い対応が、現在の日本企業との企業収益力の差となっているとの見方もあります。

サーバーに限れば、日本国内でも、最近ではLinuxの利用率が30数%との結果も出ています。

実際に低価格のブロードバンドルーターには、表示されてはいませんが、ほとんどは フリーなLinux や FreeBSD を OSとして使っているようです。 組み込み型(特に価格の安い物)では、全体の価格中に占めるOSの価格が問題になります。 これからの社会では、見えない所でネットワークに繋がった沢山のコンピュータが 動いているということが想定されますが、これからますます、フリーのOSが広く使われるという予想がたてられます。

● みなさんも使ってみませんか?


そこで、皆さんも使ってみませんか。

ワープロや表計算をばりばり使う、というのは まだ、ちょっと大変ですが、ネットワーク関連、特にメールやネットサーフィンには十分に使えます。

今流行りのウイルスもターゲットはほとんど Windows ですから、 あまり心配無いです。 また、メール用フリーのアプリケーションソフトで、Windows ライクな物もあります。


この様にやっと、個人のデスクトップ環境でも、Linux を実用的に使えるように なって来ました。 パソコンの好きな方なら十二分に楽しめるし、一世代前の型でも十分に使えます。

あなたも一度、余っているパソコンにでもインストールして使ってみませんか? デメリットといえば、フリーズやウイルス対策で頭を悩ます人の気持ちを わかりにくい人になることぐらいでしょう。
山下頼俊(京都織物小売協同組合)
617-0002向日市寺戸北垣内35
TEL075-921-6630
FAX075-931-0278