京都の結納のしきたり
真心を表すかたち
結納の変遷
結納の起源は、仁徳天皇が后をお迎えになる際贈り物をされたということが始まりとされます。古くは宮中儀礼「納采の儀」より派生したもので、人生節目の大切な通過儀礼であり、現在もその意義において変わることはありません。


またこの語源は「結いの物」即ち、共に飲食する酒と肴を意味し、「云納(いい入れ)」と言って婚姻を申込むという言葉から転じたものと言われ、現在では「結納」と呼ぶようになりました。

その意味は、契約(結)を受けて(納)下さいということで、地域によっては「たのみ」と言っているところもあります。
室町時代には、この儀式・作法が、小笠原流・伊勢流の礼道に集大成され、江戸末期に武家社会より庶民へと普及し、全国に浸透、各地の風習・流儀によって多様化されいきます。

小笠原流発祥の地 京都 の結納には古い形式が多く見られ、伝統を重んじながら現代に受け継がれています。
結  納
結納は、各地で伝統的なしきたりがありますので、出来るだけそれにそって運ぶのが望ましいでしょう。自分の方の都合だけで判断せず、相手側をたてることが大切。真心を表すかたちが”結納”です。ここでは、儀式の発祥の地 京都の儀式作法を中心に紹介したいと思います。

結納金の金額に決まりはありません。両家にとってふさわしい額を贈るのがよいでしょう。
京都では、鶴亀松竹梅の五点飾の他に、結美和(ゆびわ)、高砂(共白髪)を加えた七点飾が一般的となっています。七点飾に酒、肴料、結納金をつけ親族書を添えて先方に届けます。 結納をおさめる日、婿方ではお仲人に、結納飾を確かめてもらったうえ嫁方へ持参して頂きます。
                   
 婿方の用意
結納持参品の用意
         
   1結納飾  2広蓋  3袱紗  4中包風呂敷  5紋入風呂敷

   6目録・家族書・親族書    7帯地料(結納金)・柳樽料(酒料)・松魚料
   (肴料)  8その他指輪・高砂人形等
    
結納のおさめ方 
   イ. 上記 の1と8の結納品を箱に納め唐草風呂敷等で包む
                              
   ロ. 2の広蓋に6を乗せ3の袱紗を掛ける4の中包風呂敷で包み
       5の紋入風呂敷でさらに包みます。
                                                 
嫁方の用意 
   1結納の受書  2家族書・親族書  3結納のおため紙  4おため紙 
結納おさめ
                               
   イ. 仲人が両家を往復する方法が古来より行なわれている方法です。
                              
   ロ. 同時交換、最近は料亭等を利用して双方の結納を同時に取り交わす
      傾向が増えています。

京都料理飲食業組合
寿会グループより抜粋