撮影ワンポイントアドバイス


ちょっとした知識で今までの失敗写真が成功写真に!!

難しくないワンポイントアドバイスです。ちょっと覚えておきましょう。

1 人物撮影
獅子舞
屋外でも暗いところに顔がある場合や
逆光 線ではフラッシュを使いましょう
良い表情の時のシャッターチャンスを逃さない事が大切です。

背景は単純化して顔が小さくならないように写すことです。

又、フラッシュの利用できれいに写せます。被写体が陰になっていないかを確認して撮影しましょう。

写真のように獅子の中に入っている子供の顔もフラッシュを使用することできれいに写ります。
2 集合人物撮影
撮影場所がわかるような場所を選んで撮影しましょう。

大勢の集合写真では全員の顔が見えるように並び方に注意し、野外でも顔が明るくなるようにフラッシュを利用すればよいでしょう。

又、目つぶりを避けるために同じ場所で2枚以上撮影してください。
3 スナップ撮影
広角レンズを使い、常に“一歩前進”の心構えで被写体に近づいて撮ると迫力のあるスナップ写真が得られます。

望遠レンズの場合は被写体の面白さを捉えるシャッターチャンスが何より大切です。

“ゆりかもめ”と少女
その瞬間の活き活きしたポーズを狙いましょう
4 動体撮影
走行する電車、カーレース、ランナー、遊園地の乗り物など動いている被写体は高速シャッターで写し止めます。

逆に遅いシャッタースピードで動きにあわせて追い写し(流し撮り)すると背景が流れスピード感が出ます。

フィルムもケースに合わせて選びましょう。
5 結婚披露宴
高感度フィルム(ISO400や800)を使い、フラッシュを発光させると背景の会場の様子も明るく写ります。

新郎新婦の晴れ姿は披露宴の始まったころが写し頃です。

出席の方々の席は出来るだけ食事が始まるまでにグループ毎に人物を大きく写しておきます。

広角レンズを使用して近づいて撮影する方が良いでしょう。

遠くから望遠で撮影するとフラッシュが届かず暗い写真になってしまうことがあります。
6 特殊効果を付けてみよう!!
さまざまな種類のフィルターが発売されています。

光源を利用するクロスフィルターや柔らかな雰囲気を出すソフトフィルター。

ほとんどの一眼レフやデジタルカメラの一部ではそういったフィルターを利用することが出来ます。

是非、フィルターを使ってのドラマチックな写真も撮って見てください。


「色々なフィルターはここをご覧ください」 <http://www7.airnet.ne.jp/camera/marumi/>

当店ホームページもご覧下さい。

京都府写真材料商業組合
青木カメラ店 青木康仁
京都市中京区丸太町通千本西入
TEL.075-841-6719
E-mail:cameraya@ny.airnet.ne.jp
http://www7.airnet.ne.jp/camera/index.html